5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

最初からL5〜鬼隠し〜

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:15:31.13 ID:a3SYaUzK0
お袋が食卓に朝食を並べてくれる。


…怪しい。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:20:21.88 ID:a3SYaUzK0
児童連続襲撃事件とまで騒がれたあの事件の当事者である俺を
両親が簡単に許すわけがない。

ならば、ここにある朝食は…


圭一「毒!?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:25:14.60 ID:QGrcADwqO
支持

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:25:38.84 ID:a3SYaUzK0
いや、そんなはずがない!!
クールになれ!前原圭一!!

…そうだ。


ここに引っ越してきたのも、一からやり直すためなんだ。
そのために尽力してくれた親をなんで疑ってるんだッ!!

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:31:35.20 ID:a3SYaUzK0
母「あら、食べないの?圭一。」

圭一「あ…ああ食べるよ。ちょっと考え事しててさ…。」


さっきまでの事は全部、頭から追いやってしまおう。

引っ越しの疲れが今になって来たんだ。
きっとそうだ。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:34:12.78 ID:a3SYaUzK0
食卓には、ノリに漬物に生卵に焼鮭。
我が母ながら恐ろしい。


母「ご飯はいっぱい?それとも半分くらいでいい?」

圭一「山盛り。」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:38:45.04 ID:kcDSdMn2O
シェイシェ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:40:06.33 ID:a3SYaUzK0
母「圭一も育ち盛りなのね。はい山盛り。」

圭一「う、うあああぁあぁあああぁあああ!!!」


一体、何が起きたのか分からなかったッ!
なにしろ…ご飯の量が……尋常じゃない!!!
朝飯だぞ!?
朝飯といえば程よい量と相場が決まってるじゃねえか!!

やっぱり…俺を殺す気なんだ!!!

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:45:39.11 ID:a3SYaUzK0
圭一「うっおおぉおおおおぉおおぉおおおぉッッ!!!!」

叫びが空気を揺るがし、
続けて繰り出される渾身の一撃にさらなる破壊力を上乗せする…!!

ひしゃげ、砕ける壮絶な禍々しき異音。


気づいた時には「それ」は壁にもたれて、頭から血しぶきが飛び散っていた。


圭一「俺が…殺した…?」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:49:01.22 ID:kcDSdMn2O
ところで俺のIDを見てくれ。こいつをどう思う?

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:50:21.67 ID:a3SYaUzK0
取り返しのつかないことをしてしまった…。
実の母を…金属バットで。


だが…これは正確に言えば正当防衛なのだ。
殺さなければ殺されていた。

そうだ。

殺サナケレバ殺サレテイタ。


それでも母には謝らざるを得なかった。
圭一「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい…」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:53:46.87 ID:a3SYaUzK0
ピンポーン

チャイムが鳴った。


…まずい。
きっとレナだ。
いつまで経っても、待ち合わせ場所に来ないから心配して来てくれたんだろう。

だが今はそれどころじゃない。
母の遺体を処理するのが先だ。

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 01:59:21.44 ID:a3SYaUzK0
俺は、とりあえず死体を自分の部屋まで運んだ。
親父に見つからないような場所を選んだつもりだ。

押入れの奥の方へ母を押し込む。

圭一「これで…よし、と。」


俺が出来ることはこれで全部。


学校へ行こう。
あの日常を取り戻すために。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:02:54.29 ID:a3SYaUzK0
俺は玄関に向かった。
レナを待たせっきりだったからだ。


圭一「レナ〜!待たせてごめ……」

レナ「遅いんだよッ!!!!!!!!!」

グシャッ!!!!!バキッ!!!!!

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:07:37.02 ID:a3SYaUzK0
ドアを開けた瞬間、レナが襲ってきた!
そして右手に握られているのは……鉈!!

咄嗟に避けたから直撃は免れたが
あと数センチ、逃げるのが遅れていたら確実にアウトだったッ!!



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:12:51.15 ID:a3SYaUzK0
圭一「うっおおぉおおおおぉおおぉおおおぉッッ!!!!」

叫びが空気を揺るがし、
続けて繰り出される渾身の一撃にさらなる破壊力を上乗せする…!!

ひしゃげ、砕ける壮絶な禍々しき異音。


気づいた時には「それ」は壁にもたれて、頭から血しぶきが飛び散っていた。


圭一「俺が…殺した…?」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:17:19.47 ID:a3SYaUzK0
取り返しのつかないことをしてしまった…。
レナを…金属バットで。


だが…これは正確に言えば正当防衛なのだ。
殺さなければ殺されていた。

そうだ。

殺サナケレバ殺サレテイタ。


それでもレナには謝らざるを得なかった。
圭一「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい…」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:20:52.92 ID:a3SYaUzK0
俺は、とりあえず死体を自分の部屋まで運んだ。
警察に見つからないような場所を選んだつもりだ。

押入れの奥の方へレナを押し込む。

圭一「これで…よし、と。」


俺が出来ることはこれで全部。


学校へ行こう。
あの日常を取り戻すために。

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:24:22.81 ID:a3SYaUzK0
学校に着くと靴箱のところに魅音がいた。

魅音「おっはよ〜う!圭ちゃ〜ん。あれレナは?」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:26:50.08 ID:a3SYaUzK0
圭一「うっおおぉおおおおぉおおぉおおおぉッッ!!!!」

叫びが空気を揺るがし、
続けて繰り出される渾身の一撃にさらなる破壊力を上乗せする…!!

ひしゃげ、砕ける壮絶な禍々しき異音。


気づいた時には「それ」は壁にもたれて、頭から血しぶきが飛び散っていた。


圭一「俺が…殺した…?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:29:27.80 ID:a3SYaUzK0
取り返しのつかないことをしてしまった…。
魅音を…金属バットで。


だが…これは正確に言えば正当防衛なのだ。
殺さなければ殺されていた。

そうだ。

殺サナケレバ殺サレテイタ。


それでも魅音には謝らざるを得なかった。
圭一「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい…」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:32:14.82 ID:OF4C6Pio0
朝っぱらから何人殺してんだwww

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:32:50.17 ID:aSOv3JtWO
四次元押し入れですね

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:33:32.56 ID:v9EO80wsO
ダメだツボった

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:34:02.65 ID:I/usz+kiO
使いまわしまくりワロタ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:40:48.00 ID:a3SYaUzK0
俺は、とりあえず死体を体育館裏まで運んだ。
知恵先生に見つからないような場所を選んだつもりだ。

倉庫の奥の方へ魅音を押し込む。

圭一「これで…よし、と。」


俺が出来ることはこれで全部。


教室へ行こう。
あの日常を取り戻すために。

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:48:10.40 ID:a3SYaUzK0
教室の引き戸に手をかけた。

圭一「おはよう!!沙都子に梨花ちゃ……」


ゴツン


沙都子「をーっほっほっほっほ! ひっ掛かりましたわね! 圭一さ」

圭一「ウッディ!!!!!!!!!!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:52:00.72 ID:cOUdjyOOO
最初からL5なら全員L5が良かったな

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 02:53:17.74 ID:a3SYaUzK0
教室中の壁という壁に血が飛び散っていて、
それらは下に垂れておぞましい狂気の絵画を描いていた。

そして、気づいてしまったら吐き気を催さずにはいられない、
むせ返るような血の臭い……。


だが…こうしていなければ俺がやられていた!
過剰だったにせよ、…これは正当防衛なんだ。

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:01:03.61 ID:a3SYaUzK0
学校には誰もいなくなった。

みんな…死んでしまった。


あんなに仲間だと思っていたのに…


どこでこの世界は狂っちまったんだよ!!



鷹野「あなたが前原くんね?」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:04:10.38 ID:a3SYaUzK0
教室で泣いていた俺に知らない女が話しかけてきた。
しかもその後ろには作業服姿の男たちが何人か構えている。

圭一「誰だ…あんたら。」


小此木「確保!」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:05:25.28 ID:1RIHRZgMO
これはこれで
りかちゃま殺ったのは許せないが

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:06:58.01 ID:a3SYaUzK0
圭一「うわっ! なにすんだ!! やめろおおおおッ!!!」


富竹「悪く思わないでくれよ…前原くん。」


体格のいい男の手刀が首に入り、俺は……気を失った。

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:10:45.28 ID:rOdHN9t5O
ワロタwww

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:13:10.73 ID:C576PkR8O
こんなので吹くなんて悔しい

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:22:45.28 ID:a3SYaUzK0
昭和五十八年六月十日(金)
某県鹿骨市の寒村、雛見沢で無差別大量殺人が発生した。
容疑者は、前原圭一(十X歳)

容疑者は自宅で母親とクラスメートの女子を撲殺。
数分後、容疑者の通う学校敷地内で全校生徒と教師を撲殺。
凶器は金属バットによるものと断定。


台所では山盛りのご飯が発見された。
その真意は不明。
教室ではドア付近に石の入った黒板消しが発見された。
その目的は不明。


容疑者は村内の林道脇で発見、意識不明の重体。
直ちに村内の診療所に搬送し手当てをしたが、
意識は戻らず二十四時間後に死亡した。

死因は出血性ショック死。
自らの爪で喉を引き裂き、その結果の失血で死に至ったと断定した。


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:28:07.98 ID:6FLcTCJuO
最初からクライマックスとはこのこと

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:30:11.95 ID:a3SYaUzK0
羽入「ごめんなさいなのです、梨花。」

梨花「まったくね。こんなに早く終わったのは初めてよ。」

羽入「あぅあぅ……圭一は犯行前、コーラばかり飲んでいたのです。」

梨花「それがどうかしたの?」

羽入「圭一にはカルシウムが足りなかったのですよ……」

梨花「……………」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:33:38.89 ID:NZo78bPcO
次は綿流しだな

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:36:01.47 ID:a3SYaUzK0
>>39
アイデアが浮かんだ時にやってみます

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:53:08.04 ID:AKmzAtr90
もう終わりかよw

42 : ◆ZhUd3WG7ow :2009/02/02(月) 03:58:53.85 ID:a3SYaUzK0
 

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)