5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夏じゃないけど怖い話でも貼ってってよ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:01:41.94 ID:68bJOL6P0
出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。
ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。

案の定深夜にドアをノックする音がする。
ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。
もうドアを見るのも怖くて
ひたすらノックの音がする中夜が明けた。
ノックが止んだ後俺はすぐチェックアウトした。

出張から帰って同僚にノックの話をすると
「やっぱり出たか」とこんな話をしてくれた。
そのホテルは以前火事になり逃げ遅れた人がいたという。
その人は運悪く部屋の中に閉じこめられて、そのままなくなったそうだ。

ああよかった、ドアを開けていたら
今頃どうなっていたことか。
「え? 幽霊は外に出たがってたんだろ?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:02:58.58 ID:SHWTB7t00
中学の頃、教師からの評価を良くしたかったのと、ケミカルな雰囲気が格好いいと思い込んで理科室の手伝いを良くしていた。(といってもゴム栓に穴をあけたり、ビーカーを掃除したりする程度)
でも当時の俺は、自分がだんだん子供ながら天才的な化学の知識を持つすごい奴だと勘違いし始め、ある日友人を無理やり誘って理科室に忍び込んだ。
そこで適当な物質(っつっても多分ふっとう石とか)を指で触りながら
「へえ…○○先生もなかなか良い物を仕入れて来るんだな。」
とか言ってたり、
適当な薬品の入った瓶を傾けて
「ははっ。ちょっと調合の具合がおかしいかな。ま、授業用には十分か。」
とかほざいてた。
友人は当然ハァ?って感じ。
それでも俺はおかまいなしに「ふん。」とか「ははっ!」とかやってた。
そんで一番奥の戸棚を開けて急に表情を変え、「!!これは!○○先生!いったい…!なんて物を!何をしようとしてるんだ!」
って言ってみせた。友人も驚いて「それそんなヤバイの?」って聞いてきた。
俺は「こんなの黒の教科書の挿絵でしかみたことないぜ…!それなら、もしかしてこっちの瓶は!?」って別の瓶を手に取って嗅いだ。
そしたら、それはなんか刺激臭を発する化学物質だったらしく、(手であおいで嗅がなきゃいけない奴)直嗅ぎした俺は
「エンッ!!!」って叫んで鼻血を勢いよく噴出しながら倒れ、友人に保健室に運ばれた。
俺は助かったが、どうやら俺の友人が変な勘違いをしたらしく、
「××(俺の名前)は黒の教科書に乗ってる毒物に感染したんです!!」ってふれまわっていた。
それ以来俺のあだ名は毒物くんになった。当然もう理科室に行く事は無くなった。

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:05:13.49 ID:pOMJzHyO0
410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/01(水) 19:04:30.22 ID:L7LL3HAYO
弟が滝から落ちて流されていった時はびっくりした
「ヤッホホーイ!お姉ちゃあああぁぁぁ〜」と、目の前から消えたのをよく覚えている

お正月に、親戚の子達と弟が原っぱで花火をしてたら、
枯草に火がうつったらしく、あたり一面火の海になっていた
私があわててバケツもって現場にいったら、弟が火に囲まれて、
ドーナッツの真ん中にいるみたいにぽつんと立っている状態で
「儀式かー!何の儀式だー!オレはきゅうり(?)じゃない!むしろひやむぎになりたい」
ってクルクルまわりながら言ってたのがちょっとおもしろかった

あと、私がお座敷で本を読んでたら、いきなり弟が障子の硝子窓?から
スライディングしながら飛び込んできた
唖然となって血だらけになった弟と数秒間見つめ合ってたら、
「オレ何やってんだろうね」って言って泣きだした。
そのあと弟は、救急車にのり、頭を数針ぬう手術をうけた

弟が硝子を割った瞬間、スローモーションだったことが衝撃的でした

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:05:54.28 ID:68bJOL6P0
数年前惨殺事件があったという家に
俺と友人A、Bの三人で、深夜に肝試しに入った。
「なぁ・・惨殺だったんだろ、恨みとか凄そうじゃん、怖ぇよ」
「あぁ、そりゃ悲惨だったらしいぞ。抉られたり、くりぬかれたり、滅多刺しにされたり・・
 しかも犯人はまだ捕まってないんだよな。」
「だけどA、おまえ普段幽霊なんて怖くない、なんて言ってなかった?」
・・なんて言いながら、家の中を懐中電灯の灯り一本で見てまわった。
割とキレイなままのキッチン、
座布団があちこちに散乱している居間と思われる部屋、
仏壇の扉が開いたままの仏間・・

気味は悪かったが、これといった霊現象を体験することもなく、家を出た。
「なぁ、俺、霊みたいの何も見なかったけど、おまえ見た?」
「いや、俺もな〜んにも。おまえは?」
「俺も全然見てないよ。」
「俺も、何も見て無いんだよ」

結局、何も無かったな。
少し拍子抜けしたが、安心した。

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:06:26.05 ID:pOMJzHyO0
648 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/06/29(木) 20:33:42 ID:/7WNSbcP
弟と一緒に、お父さんの仕事場の近所の山にのぼった
小さな山だったが急な坂を歩いたので、私は道路脇の土手に腰掛けて休憩しつつ
お父さんの仕事がおわるのを待っていた
そのうち横で遊んでいた弟が待つのにあきたらしく、お父さんを呼びにいった

しばらくするとドドド…という音と「おーい」と呼ばれる声がした
お父さんの仕事がおわったと思い、私は立ち上がって声のするほうをみた
シャベルカーに乗った弟がすごい笑顔でこっちにやってきた
「おーい、おーい、お姉ちゃーん」と手をふりながら弟がシャベルカーを運転していた
弟は道なき道を進み、真っすぐ私のとこまでやってきて
そして止まる事無く「うわああぁぁ」と言いながら、弟は土手に
シャベルカーとともに消えていった

あわててお父さんを呼び、弟のとこまでつれていくと、
五歳の弟がもくもくとシャベルカーを普通に使って脱出用の土を積み上げていた
「あいつは天才やぁ…」と急に関西弁になったお父さんにびっくりした


649 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/06/29(木) 20:42:54 ID:oNdT+uPn
>648
そ、その弟って滝から落ちたり火に囲まれたり障子スライディングしたりしてない?


774 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/07/02(日) 01:15:38 ID:HOjnfoPn
>>649
ピンポン!よくわかりましたね
ちなみに弟は今年、朝バイクで事故り、白いワイシャツを赤く染めながら授業を受け、
学校の帰りに病院へいきました
本人は「ほうれん草好きだから大丈夫」と言ってました

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:08:09.08 ID:68bJOL6P0
ある街で殺人事件が起きた。殺されたのはまだ幼い少女だった。
少女の両親や遺族は怒りと悲しみに満ち、詰め掛けるマスコミ関係者のインタビューに
パニック状態で上手く答えられない母親を庇って父親がその胸中を語った。
「まだ捕まらない事に怒りで一杯です。警察は何をしてるのか。早く犯人を捕まえに来て欲しいです」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:09:21.65 ID:68bJOL6P0
怖いから部屋から風呂まで
全部電気つけて風呂入ってきた\(^o^)/

だるまさんが転んだは平気だった
むしろ風呂出て部屋の電気つける時
掛けてた鞄が落ちた時のほうがビビったw

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:14:51.08 ID:68bJOL6P0
家にピカチュウのぬいぐるみがあるんです。
ピカチュウの右腕を握ると
「ピカァ〜」
と、それは愛らしい声で鳴きます。

(ここまで書くと大体の予想はつくでしょうが・・書きます。)

ある日の夜、もうそろそろ寝ようと思った私は、
いつもどうり、ベッドで読む本を本棚から選んでいました。
すると、あの、声(音?)がしました。

「ピカ-ピカピカチュウ-」

誰か家族が触ってるのかと、聞き流していたのですが
あまりにも、しつこく何度も鳴かすので
私は様子を見に行きました。

音がすると思われる部屋に行くと部屋は暗く
人がいるようには見えません。
それでもピカチュウは、鳴きつづけています。

私が部屋に入ろうかどうか、迷っていると
妹が来ました。
やはりしつこく聞こえる音が気になって来たようでした。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:15:27.20 ID:/n1FAqkRO
>>4
犯人はAだ!
>>6
犯人は母親だ!

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:16:04.11 ID:68bJOL6P0
二人で勇気を出し部屋に入ると
床にポツンとピカチュウは置かれていました。

なぜかもう鳴いていません。

私はとても怖かったですし、妹もそうだったと思いますが
2人とも口にはださず
「・・こいつ、1人で鳴いてたんかい!ウルサイやつやでほんま!」
と突っ込み口調で言い合い、
私はそっとピカチュウをつまみあげました。
それでもウンともスンとも言いません。

それから2人で話し合い
暗闇でぽつんとたたずんで鳴いているから、怖いのだ、と
家族の集まる部屋に置き去る事で
無理やり解決させ
その日は一緒に寝ました。(もちろん電気はつけっぱなし)

あれから、なぜか、ピカチュウが勝手に鳴きだすことはありません。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:21:05.21 ID:68bJOL6P0
ある日僕は学校の美術室の掃除当番だった
早く終わらせて帰ろうと思い急いでいたら
一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた
その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったが
少し不気味で目に特徴があった
とても大きな瞳でこっちをみている気がした
なんだか怖くなり急いで掃除を終わらせ帰った

次の日学校は大騒ぎになっていた
例の美術室の絵が盗まれたのだ
最後に絵を見たということで僕は美術の先生にいろいろ聞かれた
「なるほど掃除をしてた時にはちゃんとあったんだね」
「間違いないです、あの絵は高価なものなんですか?」
「あれは『眠りに落ちた美女』といって私の知人の画家が自分の娘
の寝顔を見て描いたものなんだ、特に価値はない
最も画家も娘ももうこの世にいないけどね」
「そうなんですか・・・」

あの絵は結局見つからなかった、不思議なことに泥棒が入った痕跡はなかったらしい


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:23:15.93 ID:68bJOL6P0
「あれ?こんな所にモスバーガー出来たのか」
「腹減ったし、喰いながら駅まで行くかな」
ハンバーガーとオニオンフライを買った
「やっぱりモスが一番だよな」
ファーストフードに舌鼓をうちながら歩く

ニャ〜ゴ
「可愛い猫だな。野良か?ハンバーガーは食っちゃったからコレやるよ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:28:18.77 ID:68bJOL6P0
とある山奥に、深い森に囲まれた一軒の廃墟がある。
戦前、そこで警官が一家皆殺しの末に拳銃自殺したとかいう話らしい。
そういう話があるせいかほとんど訪れる人もいないんだが、
時々夜中に廃墟の方から何かを叩くような音がするなんて噂もある。

俺達は盆休みの肝試しとして、深夜その廃墟へと向かった。
廃墟は山の上にあるので、途中の道路に車を停め、後は森の中を徒歩。
道なき道を30分ほど進むと、闇の中に廃墟の姿が浮かび上がって来た。

廃墟に侵入しようとした時、どこからか「カーン、カーン」と不気味な音が。
これが噂の怪音らしい。廃墟の中からではなく、裏手の方から響いてくる。
俺達は引き寄せられるよう、その音の方へ向かって歩き出した。

闇の中、何か白い物がチラチラ蠢いて見える。白装束を着た人影だった。
「丑の刻参りだ!」それに気付いた瞬間、背筋がゾッと冷たくなった。
忍び足で逃げ出したが、運悪く木の枝を踏みパチッと音が。

その音に気付いて振り返る白装束。女だった・・・が、顔は鬼のようだ。
「お・・・おまえらぁぁぁーーーーー!!!」髪を振り乱して追ってくる女。
逃げながら「マジで殺される」と思った。無我夢中で森の中を逃げた。

やっと道路まで出ると、突然「何やってんだ君達?」と呼びかけられた。
お巡りさんだった。俺達は息を切らせながら彼に事情を伝えた。
「なるほどな・・・よし、私が見てきてやろう。君達はもう帰りなさい」
俺達は促されるまま、半ベソになりながら車まで戻り、急いで逃げ帰った。

次の日、あの廃墟の傍で白装束を着た女の自殺体が見つかった。
拳銃自殺だったらしい。・・・まさか拳銃を持っているとは思わなかった。
あと少し逃げるのが遅れたら、あの女は俺達を銃撃したのかもしれない。
今思うと本当に背筋が寒くなる。霊なんかより人間の方がよっぽど怖い。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:30:10.29 ID:/n1FAqkRO
>>13
謎が解けたぜ、じっちゃん

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:32:04.37 ID:68bJOL6P0
これは俺が小学校3年か4年のときに体験した話・・・・

ある町で何年か前から放置された巨大クリスマスツリーが邪魔だと問題視されていた。
俺の家はマンション経営していてその4階に住んでいた。
かなり離れた町なのに4階のベランダからでもよく見えるほどの巨大なクリスマスツリーだった。
そのツリーのせいで道路が見えにくく、交通事故が多発していたらしい。
市がどうにもしないので、みんな困っていた。

その日は1日中大雨で、その影響か夜雨がやんだ頃には空が一面ピンク色をしていた。
俺は空が気になっていたため、カーテンを開けっ放しにしていた。
水曜日だったので、ドラゴンボールZを見ていた。(ちょうど界王神界で悟飯がZソードを抜く話)
しばらく見ていると、突然TV画面がぶらつき映像が見えなくなった。
「何だよいいところだったのに〜!!」とTVを叩いても直らない。
その時だった。ふと外を見ると妙な違和感を感じる。空がピンク色なのを除けば、いつもの
見慣れた風景なのに、何故か不自然さを感じる。
俺の住んでいるところは盆地なので、外を見渡すと山が連なっている。
山の前に目をやった。なんと巨大な人型の物体が歩いているではないか!!
一瞬目を疑ったが、どう見ても巨大な人間が歩いているようだった。
そして、その巨人の手を見るとあの邪魔だったクリスマスツリーを持っていて、どこかに運んでいるようだった。
30分くらい見ていたはずなのに、TVが直って続きを見ると、時間は1秒も経っていなかった・・・。

後日、例の町に行ってみるとツリーはもうなかった。近所の人に聞いてもツリーのことは初めからそんなものはなかったと言う。
??????????!!友達に話したら馬鹿にされた。・・・でも俺は確かに見たんだ!!

あれは妖怪「でぇだらぼっち」だったのでしょうか??未だに謎です。(映像に残せば良かった!!)

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:33:23.34 ID:68bJOL6P0
解剖学のテスト98点を叩き出した

同級生のおかげだ
帰ったら真っ先に教えて上げなくちゃ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:35:56.40 ID:68bJOL6P0
夫と妻、二人暮らしの夫婦がいた。
夫は1ヶ月くらい前から毎日毎日、夢かどうかもわからない、毎日同じ、おかしな夢ばかり見ると言う。
“真夜中、ふと目が覚める。すると天井に自分と全く同じ姿の人間がしがみついて、首だけ自分の方に向けて、『お前はもう十分生きただろ、変わってくれよ』と言ってくる”
と言うものだった。
だから夫は、まるで朝の挨拶みたいに、また今日も見ちゃったよ…と毎日毎日妻に相談していたから、妻も心配していた。
でもある日さ、その夫、起きてもおはよう、しか言わないの。
妻があれ?っと思って、あの変な夢、見なかったの?って聞いたら、夫はさ、

『な ん の こ と ?』


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:38:20.84 ID:/n1FAqkRO
>>16
犯人はお前だ!

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:41:45.50 ID:68bJOL6P0
俺の部屋に彼女が遊びに来た時に、気が付いたら彼女が誰かにメールしてた。
『誰にしてんの?』って聞いても『ん?ちょっとね』って教えてくれない。
ムカ〜っときて、『どーせ男じゃねーの?!』って怒鳴り気味に言ったら、
『○○○(俺の名前)だって、どーせ女からメール来てるんでしょ!!』
って逆切れしてきたから、
『はあ?俺がいつメールしてる?疑うんなら見ればいいじゃん!』って
ポケットから携帯出して彼女の前でこれ見よがしに開いてやったら、
こんな時に限って誰かからメール来てやがんの〜〜、、、、
内心、しまった〜って思いながら、

『・・・・広告か何かだろ、、』ってメール開けたら、件名は『無題』。
本文が
『後ろを絶対見ないで!何も聞かないで!このメール見たら私と急いで部屋を出て!!』

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:42:19.72 ID:pItyqsjB0
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1231076406/

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:46:05.19 ID:68bJOL6P0
昨日の話。豆腐に醤油をかけてたらなんか醤油入れの中に髪の毛みたいなのが見えた。母さんか?きたねーなーと思ってフタ開けて取ろうとしたらなんとでっかいゴキブリが中で浸って死んでた!!
髪の毛に見えたのは触覚だったわ……あぁー今までゴキブリエキスたっぷりの醤油を使ってたと思うとなんともいえない吐き気がするよ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:46:21.60 ID:ik1ME+ls0
朝、歯を磨く
昼、トイレに行く
でも、夜、外は見ない

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:51:48.21 ID:KC0AKIrYO
>>4>>11>>12
説明してください

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:55:30.66 ID:68bJOL6P0
私には弟がいました。
弟との思い出は、オヤツの飴玉を弟に分けてあげて一緒に食べた記憶だけです。
だけど、生後一ヶ月で亡くなった弟は、今でも家族の心の中にいます。


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:57:56.98 ID:68bJOL6P0
>>23

>>4はよくわからん
>>11は、上段6行目と下段6行目を読み比べてみ
>>12は猫にタマネギを食べさせると…


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 03:58:45.40 ID:ik1ME+ls0
>>4感想が一人多い
>>11なんで寝てる絵なのに瞳があいていたのか
>>12猫はたまねぎ苦手?わからん

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:00:43.20 ID:KC0AKIrYO
サンクス

>>4はA君が犯人なんだろうけど

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:01:17.73 ID:9xfkiiwRO
>>23

>>4三人で行ったのにどうして最後は・・・

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:01:31.18 ID:68bJOL6P0
会社の社員旅行先での話。
一人の女性社員が長引く宴会を途中で抜け出し、風呂に入りに行こうと思い立った。
そこで仲のいい同僚の女性社員を誘って、二人で宴会場を後にした。
二人がホテルの露天風呂に行くと、深夜だった為か他に入浴している客はいなかった。
貸切状態なのをいいことに、二人はじっくりお湯につかることはせず、
お互いにお湯をかけあったりして、まるで海かプールにでも来たみたいに遊んでいた。

翌朝。
皆で揃って朝食をとっている時、一人の男性社員が笑いながら話をしているのが聞こえてきた。
「昨夜部屋に戻る途中、中庭を通ったんだ。
 そうしたら素っ裸の女が二人、庭の池で水遊びしててよー」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:02:47.64 ID:68bJOL6P0
これは昔あった有名な実話(概出ならごめん)

冬のよく晴れた日、5人の若者が雪山へ登山に行った。
すると、急に天気が悪くなり、5人は遭難してしまった。
5人は寒さに耐えながら山小屋を目指して歩いた。

しばらく歩き、なんとか山小屋を見つけることができた。しかし、残念なことに途中で1人死んでしまった。

4人は山小屋に仲間の亡骸を運び救助を待った。
そして4人は寒さを紛らわせるために、山小屋の4隅に(各隅に1人ずつ立ち)リレーのように周りを走っていた。一面走ったら、次の人にタッチという感じで。


4人はその後、無事に救助され生還した。
後に記者に「どうやって寒さをしのいだのですか?」と聞かれ、詳しく話すと、記者は物凄く驚いていた。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:03:20.66 ID:KC0AKIrYO
なるほど、サンクスでし

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:05:03.31 ID:ik1ME+ls0
自分で書いといてなんだが
>>22の意味教えてくれ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:07:03.32 ID:68bJOL6P0
>>32
だるまさんみたいなもんだと思うけどなー

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:08:40.63 ID:68bJOL6P0
俺の彼女は超がつくくらいの怖がり。
一昨日の夜も一緒に寝てると、いきなり俺の両腕をつかんで揺さぶってきた。
驚いて「わ、何だよ!?」と聞くと、
「…何か、変な声が聞こえた気がして…」なんて答える。
「そうか?俺は気づかなかったけどなぁ」と言っても首を振るばかり。
どうにか安心させようと、そのまま両手を握り返し、
「大丈夫だって。何なら、そんな事忘れるようなコトでもしよっか?」とおどけると、
「ばか、エッチなことばかり考えないの」と笑い、頭をこづかれた。

結局そのあと、セクロスになだれこんだんですけどね。


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:09:59.14 ID:ik1ME+ls0
>>33そうか、夜は窓が鏡みたくなるんだっけ
なるほど

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:17:53.62 ID:68bJOL6P0
>>35
いやそうじゃなくて、だるまさんみたいに
「もし見ちゃったらどうしよう」っていう恐怖を煽ってるんだと思うよ

37 :36:2009/02/02(月) 04:19:06.67 ID:68bJOL6P0
あ、ごめん。
僕が間違ってた。
貴方が正しい

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:21:53.09 ID:Eql/VnFuO
口で話しても怖い話ないかな

会話が多いのは語るには不向き

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:22:08.18 ID:ik1ME+ls0
>>37とりあえずサンクス
まぁ答えは人それぞれだよな
てか上の台詞カッコよすぎて怖いな

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:23:27.86 ID:68bJOL6P0
「ママ、赤い手袋が落ちてる」
「ほんとね。ほつれてるのかしら…周りに糸が散らばってるわ」

41 :俺に「ゆとり」って言って ◆NoKo/DJ.QE :2009/02/02(月) 04:23:41.67 ID:+dvIUUuU0
7年前の6月、夜10時ごろ、自宅の電話がなりました。いつになく、どきっとする音だったのを覚えています。
ミュージシャンの馬場君からでした。
「どうもオカシイ、口では説明できない。夜分申し訳ないが、来てみてほしい」
とのこと。
馬場君はバンドの合宿所として、川越に近い、ある一軒家に引っ越したばかりでした。いつにない彼の深妙な声に、いやーな緊迫感を感じましたが、長い付き合いの彼の頼みなので、行ってみることにしました。
そして、出かけようと玄関にでた瞬間、目の前のドアを誰かがいきなりノック。
開けてみると、友人の茅野君が一升瓶をかかえて立っていました。
馬場君に呼ばれて出かける旨を話すと、
「馬場君とは面識も有るし、単独で行くべきではないと思うので同行する」
と言い出しました。

とりあえず車を出し、その車中で話し合いました。その日はたまたま暇で、急に私の顔を見たくなったのだそうです。
茅野君はもともと感の鋭い人で、私の顔を見た瞬間、
「何かあったな」
とピンときたといいます。
馬場君はいくつかの因縁を抱えた人で、以前から問題を起こしやすいタイプの人でした。
茅野君は、私を通して、馬場君の波乱万丈ぶりを知っていましたが、今回は今までとは違うように感じる、という点で、意見が私と一致しました。

車で30分ほど走ったとき、茅野君が突然、
「うわぁーーっ」
と声をあげました。
話を聞くと、
「一瞬道路の前方に、身長50mはあろうかという真っ赤な仁王さんが、「来るな!」のポーズで立ちはだかった」
というのです。
彼はその当時、仏像の知識をほとんど持ち合せておらず、「仁王」と表現しましたが、後日写真集を見せて確認したところ、明王部の中でも不動明王の立像に一番似ていたそうです。

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:29:05.51 ID:8s7xPWVv0
もっとくれ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:33:13.94 ID:2w2gV9JZO
>>41-40
まったく意味が分からない

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:34:26.10 ID:fZ0l8tM6O
>>41
で、続きは?

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:37:23.04 ID:hM+z/nOVO
>>43
おまえの安価の仕方がわからない
>>40は血まみれの中に赤い手袋って意味じゃないの?

46 :俺に「ゆとり」って言って ◆NoKo/DJ.QE :2009/02/02(月) 04:40:32.34 ID:+dvIUUuU0
ttp://www.geocities.jp/bowel_of_beelzebub/souko/ojama_2.html
>>44
糞長いからここでみてくれ。さすがに72秒規制で張る気力残ってないわ。すまんね

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:45:57.95 ID:hM+z/nOVO
おじゃま道草って自己責任の奴じゃねーの?

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:46:51.68 ID:68bJOL6P0
俺が小学生の時の話
ちょっとした奇妙な遊びが流行っていた
その名も「儀式ごっこ」
暗闇の中で机に火のついた蝋燭と鈴を置き
4人でその机を囲んで手をつないで輪になり
目を閉じて死んだ人の名前を心の中で何度も呼び続け
ると霊ががそれに答えて鈴をならすという
ちょっとした降霊術だった

俺と仲間の3人は一ヶ月前に事故で死んだ
クラスメイトのTの名前を使って「儀式ごっこ」をする
事にした。
夜の学校に集まりTが使用してた机に火を灯した蝋燭と鈴を置き
手を取り合った、準備は整った「じゃー電気消すよ」
真っ暗になった教室を蝋燭の火がわずかに照らす
俺は目を閉じてTの名を呼び続けた、鈴の音はしなかったがだんだん怖くなってきた
気のせいか仲間が強く俺の手を握ってきた、みんな怖いのだろう
二重の暗闇が怖くて目を開けたくて仕方なかった、けれどもしTの幽霊がいたら・・

結局儀式はわずか3分で終了した何かあってからでは遅いし・・
俺達とTはそんなに親しくなかったから話すことも何もなかったし・・
後日その日の事が担任の先生にばれてめちゃくちゃ怒られた
「儀式ごっこ」は禁止となった


49 :俺に「ゆとり」って言って ◆NoKo/DJ.QE :2009/02/02(月) 04:47:10.35 ID:+dvIUUuU0
>>47
そうだよ。まあ今から読む人は心して読んでね

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:48:05.58 ID:68bJOL6P0
>>40は手袋に中身が入ってるっていう定番の奴だよ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:55:21.38 ID:hM+z/nOVO
>>49
この糞野郎言うの遅いんだよ1P読んじゃったじゃねーか

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:56:08.36 ID:2w2gV9JZO
>>48
これもわからない

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:57:43.88 ID:2N0bhBKq0
>>52
何故ばれたんですかね?

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:58:00.72 ID:f/7Y/tj6O
>>34
分からん

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 04:59:23.21 ID:8s7xPWVv0
>「両手を握り返し」「頭をこづかれた」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:00:46.53 ID:68bJOL6P0
>>34は両手を握ってるのに頭を小突かれる

>>48は輪になって手を繋いでるのに誰かが電気を消した件

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:02:28.47 ID:hM+z/nOVO
>>34は別の意味で怖い話と思ってた

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:07:20.55 ID:68bJOL6P0
一人旅で乗った小さな客船で、船縁から夜の海を眺めてロマンに浸っていると、
船長さんに声を掛けられた。若くて割とルックスもいい。
軽く色めきたちつつ適当に話をしてて、「船のお仕事って大変でしょう」とか
「そうでも無いですよ?女性だとそう感じるかも知れませんね」とか色々聞かせてもらって、
このまま寝室に呼ばれないかなとか淡い期待も抱いたけど残念ながらそんな事も無く(笑)、
夜も更けてきた頃に船長さんはそろそろ部屋に戻ると言い出した。
でも、最後にこんな意味深な事を呟いた。
「女性が一人で夜の船縁に居るのは危険なんですよ。海に呼ばれるから」
その時は良く解らなくて、そうですかーって適当に相槌打って先に寝室に戻った。
でも翌朝、大騒ぎしている船員達に何事かと事情を聞いてみて仰天した。
船長が船縁から身を投げたらしい。ちょうど自分と別れたあの後。遺書は無かったと。
その時、船長の最後の言葉が浮かんできたよ。「海に呼ばれる」って。
彼女はきっと海に呼ばれたんだって、今でも俺はそう思ってる。


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:10:40.27 ID:COArNLLoO
58:本当にあった怖い名無しsage2009/02/02(月) 05:06:50 ID:6ffwMSEMO
多分近いうちに死ぬよ、俺。
だって自殺するもん。

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:11:54.44 ID:68bJOL6P0
妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
10年後、いやな上司を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
20年後、介護が必要になった母を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった
次の日も、次の日も死体は消えることはない

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:13:22.60 ID:68bJOL6P0
家の娘(幼稚園児)の友達♂なんだけど暴れん坊でさ
前も公園でオモチャの取り合いで娘とケンカになって、
まあケンカつってもその子強くて一方的に娘がやられてたんだけど、
やり方が異常でさ、両手で娘の首絞めてるんだよ。
俺慌てて引き離して叱ったけど、全然聞いてない感じなの。

でも娘と仲良くて、昨日も家に他の子一人と泊まったんだけど、
そのうるさい3人組みが寝てから嫁に初めて聞いたんだよ
あの子、父子家庭だよって・・・
で、俺、ええ?と思って嫁に首絞めの事話そうと思って
何気にふって後ろ見たら、
リビングの暗い廊下のとこにその子が立ってて、じーっとこっち見てるの。
心臓止まりそうだったよ。


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:17:14.11 ID:fZ0l8tM6O
>>46
サンクス!
さすがにバックのボタンで戻る気がしなかった

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:19:06.16 ID:2w2gV9JZO
>>61-60
むずい。みんな頭いい

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:19:48.45 ID:XNTaB+540
>>14
細かく教えてくらはい

65 :区らしき:2009/02/02(月) 05:21:09.68 ID:IRhAOXfxO
ママノオニクオイシカッタ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:22:02.89 ID:V2bN6sju0
ママノオッパイオイシカッタ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:23:41.93 ID:2ljn6sxd0
悪の十字架のはなし。
ある男が俺に言った。



「このスーパー空くの十時か?」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:28:39.06 ID:M+69/Z0GO
金縛りってさ、みんな目は開けれて周りは見えるよね
でも実際見てる気がするけど目は開いてないんだって
それを知ってから金縛りなっても目は開けないようにしてる

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:28:57.07 ID:h90FWLDdO
>>67
ハハハハハ
オレ
我を笑い死にさせるつもりか雑種

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:29:15.82 ID:cgsRayly0
>>60みるとほんとに切なくなるな

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:30:30.44 ID:lNlApMSB0
元気に挨拶ミニミニミクロ
お菓子大好きミニミニミクロ
好き嫌いしないミニミニミクロ
歯磨き忘れずミニミニミクロ
勉強も大好きミニミニミクロ
みんなで仲良くミニミニミクロ
ルールを守ってミニミニミクロ
友達いっぱいミニミニミクロ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:32:30.22 ID:2w2gV9JZO
>>60
は意味なく切なくなる系?

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:44:07.09 ID:cgsRayly0
>>72
今までは死体が1日で消えていたのに、母親が死んだあとに、その死体だけがなぜ消えなかったのか、だけを考えろ。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:45:17.65 ID:F8B+JqpC0
>>19
これすごく違和感あるんだよな
彼女はメールうってるときには第三者の存在に気づいてるんだよね?
なのに俺との会話が自然すぎるし、俺にきたメールも彼女からってワケじゃないよね
なんか裏があるのかな?

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:46:03.52 ID:AMuqoVDxO
>>4>>9>>27
なんでAが犯人なの??

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:46:42.56 ID:pNSYHWqJP
>>71
金朋?

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:51:12.92 ID:lNlApMSB0
>>76
正解

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:52:01.50 ID:2w2gV9JZO
母ちゃんが死体片付けてたのか

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:52:24.38 ID:lNlApMSB0
>>74
メールは彼女からじゃないの?

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:55:34.11 ID:AMuqoVDxO
>>34
両腕を掴まれている状態で
その両手を握るのも無理だよな

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:57:00.52 ID:cgsRayly0
>>78
正解

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:57:42.37 ID:XNTaB+540
>>13がいまいちわからないです

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 05:59:05.14 ID:F8B+JqpC0
>>79
彼女からのメールとは書いてないよ

>『・・・・広告か何かだろ、、』ってメール開けたら、件名は『無題』。

ここでなんで彼女からのメールと書かずに、広告って書いたのかわからん
普通のメールって件名より先に送信者のほうが確認のほうが早いよね?

まぁただ単に俺が考えすぎなだけかもだけど

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:01:36.63 ID:lNlApMSB0
>>82
牛の刻参りしてた女は拳銃を持っていたのか

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:03:31.66 ID:72DACePtO
こんな伸びない怖い話スレが
怖い

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:03:48.58 ID:lNlApMSB0
>>83
「私と急いで部屋を出て」ってことは送信者は彼女じゃね?
彼女からのメールって書いちゃうと最後のオチの怖さが半減するからでは?

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:08:26.75 ID:F8B+JqpC0
>>86
あーなるほど、たしかにオチの怖さで考えたらそうかも
てことは前の文の彼女の自然すぎる態度もオチのためって考えたら納得できる
トンクス!すっきりした

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:09:40.08 ID:XNTaB+540
>>84
殺されたのはわかるんだけど
一家皆殺し事件と今回の二人はどう関係しているのか

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:10:53.00 ID:PQ+KPLQkO
>>88
そこまでわかってるならわかるだろ

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:13:02.73 ID:lNlApMSB0
>>88
誰が殺したかが大事で二人は関係なくね?

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:14:49.74 ID:72DACePtO
両手を握ったってやつは
離したかもしれないだろ?
まだ繋いだままとはかぎらん

と言ってみるテスト

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:16:45.99 ID:h90FWLDdO
>>91
怖い話でもなんでもなくなるじゃないか

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:17:16.09 ID:NQXBkO5c0
>>92
ただのラブラブのカップルの話

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:17:43.64 ID:72DACePtO
警官が白装飾の女を?
その警官は一家惨殺した
でおk?

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:18:42.63 ID:AMuqoVDxO
そのまま
って書いてあるからそうだと思った
>>75をお願いします

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:23:02.73 ID:iyL5QE1vO
はわわ

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:23:53.21 ID:lNlApMSB0
>>94
おkだと思う。
>>95
それ俺もようわからん。Aが詳しすぎる?帰りに4人いる?

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:26:49.04 ID:uGdQ1q5B0
一人増えてる怖いい

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:27:51.15 ID:IVXG8EzkO
寝るときに仰向けで腹の上で死体のように手を組んで寝たら悪夢を見る事ができるらしいからやってみなされ

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:32:17.02 ID:AMuqoVDxO
>>99
中学のときいつもその体制で寝てたw

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:32:57.10 ID:ecOZEKywO
写真撮るのが趣味の人いる?

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:37:18.73 ID:AMuqoVDxO
http://speedo.ula.cc/test/r.so/takeshima.2ch.net/news4vip/1233523236/1-?guid=ON
この人なにしてるの?

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:42:01.05 ID:8o5Lqmnx0
出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。
そのホテルは以前火事になり逃げ遅れた人がいたという。
運悪く部屋の中に閉じこめられて、そのままなくなったそうだ。
ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。

案の定深夜にドアをノックする音がする。
ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。
もうドアを見るのも怖くて
ひたすらノックの音がする中夜が明けた。
ノックが止んだ後俺はすぐチェックアウトした。

次の朝同僚にノックの話をすると
「出ろよてめえ」と怒鳴られた。
友人は深夜だからと全裸で外に出てしまい、オートロックで締め出されたというのだ。
そのままフロントに行くわけにもいかず俺からフロントに言ってほしかったらしい。
返事をしなかったのは声を出して目立ちたくなかったのだという。
結局友人は朝になって人が増える前に腹を決めてフロントに出向いたそうだ。

ああよかった、ドアを開けていたら
話の種がひとつなくなっていただろう。


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 06:50:51.64 ID:iyL5QE1vO



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/02(月) 08:09:18.08 ID:8RQzoRLBO
>>49
全部読んじゃったじゃねぇーか!ふざけんな

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)