5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(,,゚Д゚)ギコと从 ゚∀从ハインと学園都市のようです

1 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:07:59.77 ID:aAkUhH6X0
【167:19】

( ^ω^)「お?」

川 ゚ -゚)「む?」

すると変な場所へ辿り着いた。
学園都市? 何だいそりゃあ。

僕の隣でクーも首を捻っている。
けれど青い糸は76本も集まっていて、明日の朝日を拝める時も近いのかもしれない。
まぁ明日になったって、また今日みたいに厄介なことになるんだろうけど。
だって、明日も明日から見れば『今日』なのだから。

やらなきゃいけない気がしたんだ。
たとえまだ書き切っていなくても。


そんな感じで第二十話。

まとめて下さっているのはオムライス様です
http://vipmain.sakura.ne.jp/559-top.html


2 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:09:37.91 ID:aAkUhH6X0

――――第二十話

              『Non-stop Shadow Truth』――――――――――





              答えの在り処に意義はなく
             知った時、どうするかが重要で
             僕らは大事な決断を迫られる



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:10:00.62 ID:py2XnyZ50
支援

4 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:11:08.66 ID:aAkUhH6X0
晩春の陽ざしの中、都市を疾走する生徒がいた。
建物から建物へと飛び移り、まるで空を飛んでいるかのように走っている。

着地すれば金属の擦れ合う音。
跳躍すれば地面を叩く靴の音。
浮遊すれば布が風に揺れる音。

川 ゚ -゚)「…………」

裾の長い特別な制服を着ているのは、生徒会長であるクーだ。
身の丈を軽々と越える突撃槍を背負った彼女は、しかし軽快に都市を跳び行く。
その表情こそ無だが、内心では少しばかりの焦りを感じていた。

川 ゚ -゚)(東ではない……。
     そして見かけた生徒に聞く限り、ハインの姿を見た者はいない)

となると北だろう。
あそこは普段から人気の少ない区画だ。

少ない情報から判断したクーは、先ほどから進路を北にとっていた。

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:12:01.67 ID:WtXLvItxO
支援だZE☆从 ゚∀从9m

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:12:04.75 ID:qa4qYgxHO
絶対釣りだと思ったのにwwww

支援

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:12:56.08 ID:mLvnLq8gO
なんという土下座投下フラグ
支援

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:12:55.95 ID:IV5tDogI0
釣りじゃねーのか?

支援

9 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:13:06.37 ID:aAkUhH6X0
Oh・・・ちょいと席外します
すぐ戻ります

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:14:09.88 ID:FpYPodsq0
この前の続きかと一瞬思った

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:16:58.29 ID:5DJ7qFrx0
大好き支援

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:17:47.29 ID:W6zskcEm0
支援

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:18:23.66 ID:xZcM+ibgO
支援

14 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:19:05.77 ID:aAkUhH6X0
この都市に、敵が入り込んでいる。

これもまた聞いた話だが、東西で戦闘が起こっているらしい。
幸い、近くにいた生徒会のメンバーと教師が抑えに掛かっているが、
そこから思うのは微かな焦りと、一つの過去だ。

過去。

今のクーが、クー=ルヴァロン学園生徒会長である理由の一つ。
その過去があるからこそ、彼女は頑なに学園都市を守ろうとする。
たとえ誰からの同情や同意を得られないとしても、彼女は自分が卒業するまでこの都市を守ることを誓っていた。

だから、駆ける。
ハインリッヒを探して、こうして汗をも浮かべながら。
彼女を保護することが正しくないとしても、自分の想いに正直でいるために。

この積み重ねで許してもらえるだろうか、とは最初から思っていない。
それほどクーの犯した罪は、自分の中で重く圧し掛かっている。
何故なら、

川 ゚ -゚)(私は――)


……同級生を殺してしまったのだから。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:20:12.21 ID:LZQB1U9eO
支援

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:20:29.04 ID:ui4kZsYf0
きたああああ
支援

17 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:20:42.23 ID:aAkUhH6X0
いや、正確に言えば『その人の未来を奪った』だ。
決して本意ではなかったものの、だからと言って許されるようなことではない。

もっと自分に力があれば。
もっと自分が冷静であれば。
もっと、もっと自分が速ければ。

川 ゚ -゚)「…………」

思い、しかし胸に湧く苦味をかき消すように小さく首を振る。

過去は充分に後悔した。
だから、もう繰り返させない。

誰かが誰かを失うのは、とても悲しいことなのだから。

知る者などほとんどいない想いを胸に、クーは更に加速する。
最初から全力疾走だったため足が疲労を訴えているが、無視。
学園施設の集う教育区画の外壁を駆け抜け、遂に北区を視界に入れた。

18 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:22:06.54 ID:aAkUhH6X0
高い位置に立って素早く見通す。
右手の方から医院や役所、墓地、そして森林公園へ視線を滑らせ、

川 ゚ -゚)「!」

一度通り過ぎかけたものの、クーは小さな違和感を見逃さなかった。
普段と同じに見える森林公園だが、よく見れば木々や葉の隙間が妙に黒い。
まるであの中だけ夜になっているようだ。

もはや考えるまでもない。
敵はあそこにいる。

背負ったランスを右手に持ち上げ、そして一度振ることで腕に慣らし、

川 ゚ -゚)「間に合えよ……!」

跳躍。

高く跳んだクーは、ランスの切っ先を下にして森林公園へと飛び込んでいった。

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:22:06.82 ID:lVEX5rfI0
ダイオードか?

20 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:23:35.92 ID:aAkUhH6X0
『影が落ちてくる』。
そんな摩訶不思議な光景を前に、まず身を動かしていたのはギコだった。

(;゚Д゚)「危ねぇ!!」

从;゚∀从「!?」

飛び込んできたギコが両肩を押してきた。
抵抗する間もなく足が地面を離れ、二人はもつれ合うように転倒する。
直後、今の今まで足を置いていた場所に影が落ちて、

从;゚∀从(なんだ!? 影が……溶けて……!?)

どろり、と広がった。
スライムのような粘着性を持つ影らしい。
それが、周囲にある木々からゆっくりと粘り落ちてくる。

(;゚Д゚)「ハイン逃げるぞ! 立てるか!?」

从;゚∀从「あ、あぁ……でもアレって――」

(;゚Д゚)「だからこそ逃げるんだよ! 俺達じゃ太刀打ちできない!」

どうやらギコも影の正体に心当たりがあるらしい。
その慌て様から、ハインは自分の予測と同じであることを察する。
それは、

从;゚∀从(あの夜、俺達に襲いかかって来た影……!)

21 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:25:07.72 ID:aAkUhH6X0
確信がある。
あれほどの嫌な気配を見誤るわけがない。

足を踏み入れれば二度と戻ってこれないような深い闇。
それが、逃げるギコとハインを追い詰めようと地を這い、そして木々から滴り落ちてくる。
スピードこそ遅いが、確実にこちらの逃げ場を削ろうとしている動きだ。

从;゚∀从「ってかこの方角で良かったっけ!?」

(,,゚Д゚)「任せろ! こう見えても方向感覚には自信がある!」

こちらの手を取り、引っ張りながら走るギコが強く頷く。
言葉を証明するように、やがては木々の終わりが見えてきた。
背後へは振り向かない。
だが、

(;゚Д゚)「――っとぉ!?」

急ブレーキ。
もうすぐ脱出出来る、という思惑を裏切るようにして、目の前に影が落ちてきた。

前方は影、そして後方も影。
このままでは逃げ場が無くなる。
そんな現実から逃げるように、ギコは横への退避を選んだ。

(,,゚Д゚)「!?」

左手へ身を向け、そして見る。
その方向の先に誰かが立っているのを。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:25:25.53 ID:s1WJY3iRO
最近見ねえと思って検索したらあった
あらびっくり支援

23 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:26:37.99 ID:aAkUhH6X0
( `ハ´)「――――」

黒い布を羽織った長身の男。
布の隙間から軍服のような服が見え隠れしているが、それどころではなかった。

男の纏う空気の不穏さに、ギコは言葉を交わさずとも臨戦態勢に入る。
それは身の危険を感じた動物のような反応に近い。
本能レベルで、あの男の脅威を感じとってしまったのだ。

(;゚Д゚)「お前は……誰だ?」

( `ハ´)「…………」

返答は無い。
代わりとして男の右手が上がり、その先をギコへと向ける。
すると、右腕の周囲空間に歪みが生じた。

大気を無理に捻ったような音。
歪みの中心が黒に染まり、それは一つの点として集約される。

直後、黒点は『矢』という形を為して発射された。

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:27:29.26 ID:5DJ7qFrx0
支援

25 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:28:39.74 ID:aAkUhH6X0
从;゚∀从「ギコ!!」

(;゚Д゚)「ぬぉっ!?」

間一髪で避けることが出来た。
ほとんど何も見えなかったが、咄嗟に腰を落としたのが幸いしたのだ。

影の矢は頭上や肩を掠り、背後にあった木に突き刺さると同時に影となって消える。

発動スピード、飛来速度共に申し分ない性能。
それが術式であることに疑いようはなく、
同時に、学生程度の実力では抗えない相手であることの証明となった。

気付けば、既に周囲を影に囲まれている。
緑色の方が少ないくらいだ。

(;゚Д゚)(まずったな……。
    なんとかして、せめてハインだけでも逃がすべきだったか)

過ぎたことを悔やんでも仕方ない。
後悔は性に合わないと自覚しているギコは、現状をどうにかするために動こうとする。
即ち、あの不気味な男を抑え込むことだ。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:29:24.92 ID:/lJAYKAWO
支援

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:29:29.81 ID:YkU+O/4lO
またながらとかいい加減書き貯めろよ作者
べ…別にスランプ気味なのか心配してるわけじゃないんだからね!
ただの支援なんだから勘違いしないでよね///

28 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:30:37.75 ID:aAkUhH6X0
( `ハ´)「…………」

(,,゚Д゚)「どうあっても自分の仕事を果たすつもりだな?
    学生相手じゃ恐れも警戒も必要ない、ってか……」

自分はまったくその逆だというのに。
沈黙も、言葉を交わす必要すらないと思われている証拠だ。

(,,-Д-)(でも、引き下がれないんだよな……我ながら損な性格だことで)

拳を握った。
足を引き、左半身を向けるように構える。
僅かに折れている膝は、いつでも動けるようにスタンバイしているからだ。

相手の男に小さな変化が見て取れた。
片眉を軽く上げたのは、おそらく驚きを得たからだろう。

そしてギコは、ここにきて初めて男の声を聞くことになる。

( `ハ´)「……少年」

見た目よりも老いた声だった。
合図とするように、ギコの視線に強さが宿る。

(#゚Д゚)「タダじゃあ答えてやらねぇよ!!」

行った。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:31:32.23 ID:TEfGFvB4O
>>1
最近読者置いてきぼりなとこが見られるよ
レス返さなくていいから少し考えてくれ

30 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:32:29.77 ID:aAkUhH6X0
影混じりの地面を蹴飛ばし、一気に間合いを詰める。
拳主体で戦うギコにとって、まずはこの距離を無くすことから始めなければならない。

前方、男が流れるように身構えた。
隙がない。
だが、突っ込む。

(#゚Д゚)「はぁぁぁぁっ――!」

息を一旦吐いて、細く吸う。
胸というよりも腹に空気を詰め込むイメージで力を入れ、そして腰を捻った。

左拳を放つ。

助走した上での打撃。
身体ごと突っ込んでくる攻撃は、実は素人が思う以上に避け辛い。
任侠系ジャンルの書物などで『腰にドスを構えて突っ込む』という表現が出てくるが、
あれはあれで、確実に敵へダメージを与える方法としては間違っていないのだ。

( `ハ´)「…………」

男は避ける素振りを見せず、ただ構えているだけ。
次の瞬間、ギコと男の間合いが限りなく小さくなる。

クロスレンジ。

拳やナイフが最も得意とする範囲に入ったことで、ギコの身体は反射的に腰を入れて打撃を放った。
間合いが近い故、拳の発射から到達まで秒も掛からない。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:33:54.96 ID:GntFrO2A0
しえん

32 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:34:20.22 ID:aAkUhH6X0
だが、

(;゚Д゚)「!?」

突き抜けた。
腹部狙いの一撃が、男の身体に触れることなく背後の空間へ投げ出される。
羽織っていた布が拳に絡み付いただけの感触に、ギコは目を見開いた。

驚いている暇などない。
そのことを思い出すのに、僅かな時間が掛かってしまった。

風。
冷えている。
右側から、食い込むように。

(; Д )「――ごがっ!?」

右脇腹に男の放ったカウンターフックがめり込んだ。
急所を穿たれた時の独特な痛み。
それが肋骨をすり抜け、肺にまで到達した後に反対側へと突き抜ける。

身体から力が消えた。
支えようと足に力を入れるが、膝が言うことを聞いてくれない。

たった一撃。
決してギコの耐久力が低いわけではない。
あの男の、急所を正確に捉える能力が非常に高いのだ。

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:35:17.62 ID:qxx9P2AI0
支援

34 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:35:46.69 ID:aAkUhH6X0
うつ伏せ気味に倒れる。
そして男の膝が背中に乗り、完全に固定された。

(;゚Д゚)「ぐっ……げほっ、くそぉ……!」

( `ハ´)「……少年」

(;゚Д゚)「あ?」

( `ハ´)「一つ問う。
     何故、この状況で立ち向かってきた?
     学生とはいえ学園都市の生徒……実力差も解らぬ子供ではあるまいヨ」

少し訛りのある喋り方だった。
次いで首筋に冷たい感触が追加される。
答えねば殺す、というメッセージに、ギコは渋々口を開いた。

(;゚Д゚)「ハインを逃がすために決まってんだろ……!」

( `ハ´)「では更にもう一つ。
     何故、あの娘を逃がそうとする?」

妙な質問に、ギコは内心で首を捻った。
男の言葉は続く。

( `ハ´)「我々が彼女を狙う理由など知らないだろう。
      彼女が何者なのかも知らないだろう。
      それでも彼女を逃がすため、私に立ち向かったのは何故カ?」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:36:38.76 ID:AQwPTsr3O
>>29
しょうがないよ劣化したんだし
シリーズに依存した作者の停滞だよ(笑)

36 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:37:09.19 ID:aAkUhH6X0
(,, Д )「…………」

組み伏せられたままのギコは無言。
膝が更に背中に食い込み、苦痛が追加された。
対してギコは一つの反応を示す。

笑み。

この男は知らないのだ、と。
そんな問いの答えなど、この都市の生徒なら誰もが持っているというのに。
だからギコは言ってやった。

(#゚Д゚)「教えてやるよ影男……!」

腕を地面につき、立ち上がろうとしながら、

(#゚Д゚)「そんなの簡単だ! 友達を守りたいからだよ!!」

从;゚∀从「――!」

一気に上半身を跳ね上げる。
だが、それよりも早く男の膝が背中に食い込んだ。

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:37:24.67 ID:GntFrO2A0
俺は楽しみにしてるから頑張れよー しえん

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:38:05.10 ID:py2XnyZ50
支援

39 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:38:45.50 ID:aAkUhH6X0
更なる問いが来る。

( `ハ´)「友? 出会ってたった一季ほどしか経っていないのに友だと?」

(#゚Д゚)「じゃあアンタはどの程度一緒にいたら友達だと思うんだ?
    そんな基準を設けてるのか!? そんなのが友達だって言えるのか!?」

歯を軋ませ、

(#゚Д゚)「それにハインだけじゃない……!
    この都市にいる奴ら全員が、友達であり、仲間だ!
    生徒会メンバーとして、その仲間が誰かに襲われそうになってるのを黙って見てられるか!!」

首元に影で出来た刃を当たられているにも関わらず、ギコは懸命に抗おうとする。
それが、今の言葉が本気なのだということを示していた。

( `ハ´)(…………)

男は内心で納得する。
学園都市という性質が強く出ている、と。
コミュニティに属する人間としては決して悪くないが――

そして答えが来る。
しかし、それは男の声ではなく。


「――よく言った、ギコ」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:39:24.40 ID:Kmi9iUNhO
最近また抗護読み返してます。
支援

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:39:59.21 ID:ui4kZsYf0
支援

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:40:07.65 ID:IS9glYCq0
シ・ェ・)ン

43 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:40:19.97 ID:aAkUhH6X0
( `ハ´)「……!」

凛とした女の声が上から来た。
気配に気付いた男がギコから離れる。

そして直後、頭上を覆っていた影が一条の光によってブチ抜かれた。

甲高い音。
影の欠片が舞い散り、更にその中を一人の制服姿が降下する。

川 ゚ -゚)「……ッ」

着地したのはクー=ルヴァロン。
彼女はギコにもハインにも視線を向けず、すぐさまランスを音立てて構えた。
少し離れた位置に退避した、影を操る男へ細く鋭い目を向ける。

既に戦闘態勢に入っていた。
影の男とは別の冷たい空気が追加される。

(;゚Д゚)「か、会長……!?」

どうやってここが解ったのだろうか。
そして、何を思って飛び込んできたのか。

いきなりのことに混乱するが、しかし彼女はこちらを見ない。


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:41:24.96 ID:8657IJpiO
(・∀・)シエン

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:42:02.08 ID:ui4kZsYf0
支援

46 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:42:03.66 ID:aAkUhH6X0
川 ゚ -゚)「…………」

( `ハ´)「……武装学園都市VIP、その生徒サイドで最高権力・戦闘力を持つ生徒会長カ」

川 ゚ -゚)「解っていることをいちいち言う必要はない。
     故に――」

クーが動いた。
深い姿勢を作り、そのまま一切の迷いなく突撃する。
ランスの重みと速度に任せた突進だ。

川 ゚ -゚)「――私がこうして貴様を攻撃する理由も、言う必要などない……!」

速い。

身体強化か速度強化系の術式を受けているのか、最初からフルスピードだ。
速さのみを求めた無駄のない前屈姿勢を保っての疾駆。
男が一歩足を下げて迎撃の構えを作った時には、既にランスが放たれていた。

( `ハ´)「!」

風を捻りながら迫る切っ先。
続いて硬い金属音が鳴り、更に擦るような音が被さる。

男の眼前に湧いて出た影が、突き込まれたランスをギリギリで逸らしたのだ。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:43:14.44 ID:IS9glYCq0
シ・ェ・)ン

48 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:43:53.80 ID:aAkUhH6X0
しかし、クーの動きは止まらない。
かわされたと見るや否や、腰を回してランスを手元に回収して再撃しようとする。

( `ハ´)「――!」

一瞬早く男の手が動き、足下が波立つ。
男の操る影が、いつの間にか地面に展開していたのだ。

川 ゚ -゚)「む」

危険を感じたクーはその場で跳ぶ。
頭上にあった太い木枝を右手で掴み、しなりの反動を使って後方へ退避。
一瞬前までクーがいた位置を、影の刃が貫いた。

( `ハ´)(良い反応をしている……流石は学園の頂点、カ)

川 ゚ -゚)「……ふむ」

安全だと思われる間合いまで退いたクーは、ランスを再び構え、

川 ゚ -゚)「成程な……予め己の周囲に影を配置していた、というわけか。
     いや、それだけでは説明がつかないな」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:44:07.98 ID:DjgUqJc20
一日なんて短編書きやがって・・・ちきしょうめ!
待ってたぞ支援

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:44:47.34 ID:RoYHu1M4O
よっしゃあ来たー!!
支援

51 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:45:16.89 ID:aAkUhH6X0
周囲を見る。
足元だけではなく、木々の隙間や頭上すらも影が覆っていた。
これだけの影を生み、操作するには相応の魔力が必要とされるだろう。
総合的に燃費が悪過ぎる。

川 ゚ -゚)「生み出した影は実は少量で、
     本当の影に紛れ込ませることで消費を抑えているのか……?」

( `ハ´)(ほぅ……)

中らずと雖も遠からず 、といったところだ。
たった一回の攻防でそこまで推測したのなら上出来である。
しかし、それ以上は身の危険を冒さねば辿り着け――

川 ゚ -゚)「――試してみるか」

小さく呟き、膝を曲げて腰を落とした。
逆再生するように跳ね上げれば、それは真上への跳躍となる。

( `ハ´)「! 何を――」

川 ゚ -゚)「簡単だ。 影は光を嫌う」

空中で身を捻ったクーは、ランスの切っ先を真下へ向けた。
抱え込むようにして安定を図る姿勢は、まるで大砲を構えているかのようだ。
そして甲高い音が一つ鳴る。

術式の起動音。

52 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:47:12.87 ID:aAkUhH6X0
(;゚Д゚)「……!!」

クーが取得しているクラスは、
4thクラス『近接長柄(ショート・シャフト)』の他にもう一つある。
術式使いの証である、3rdクラス『概念系魔法(イデア・アーツ)』だ。

ギコは屋上での戦闘を思い出す。
あの時に見せた技術は、近接長柄(ショート・シャフト)によるもの。
だが、今から発するのは概念系魔法(イデア・アーツ)の方で――

(;゚Д゚)「ハイン! 伏せろ!!」

从;゚∀从「え?」

咄嗟に振り返り、呆然と突っ立っているハインへ声を掛けた次の瞬間。


《 Get Set ―――――――術式プログラム選択=概念系魔法類【イデア・アーツ】
  Code【9M】 ――――――陣型紋章形成/魔力弾/高速連射
  All Ready―――――――Execution=【九連魔弾射出魔術陣】――》


クーの背後に光が展開した。
それは円状に広がり、幾何学的な模様を描く。
術式の確定及び安定を行なうための紋章《エンブレム》だ。

円周部には合計九つの小さな円が散りばめられており、それぞれが順番に発光し始める。
それは時計周りで点灯していき、灯る毎に甲高い音が重ねられていった。

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:48:15.12 ID:goGRyd36O
支援

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:48:56.88 ID:E8t0aVa00
弐週間近く待ったぜw
支援

55 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:49:05.91 ID:aAkUhH6X0
川 ゚ -゚)「行け――!!」

直後。
ランスを突き出したクーが吼え、背後の紋章が最大限の光を生む。
応じるように、その九つの小円から光弾が連続して放たれた。

大気を貫く九連音。
一撃を放つ度に紋章が回転する光景は、回転式弾装のようだ。

放たれた魔力弾は、上から地上へと降り注ぐ。
しかしそれは男を狙った軌道ではなかった。
全て地面に落ちた魔力弾は破壊音を立てて破砕し、周囲に強烈な光をブチ撒ける。

その光を中心に、森林公園に存在する影が一斉に散った。
光を嫌がるように木の後ろへと逃げていく。

だが、その場に留まる影もあった。
光を浴びて尚、そこに居続ける不自然な黒色がいくつか。
それこそが、

川 ゚ -゚)「貴様の生み出した偽物の影というわけか」

( `ハ´)「……正解、と言っておこうカ」

56 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:50:39.93 ID:aAkUhH6X0
右腕を振るった。
すると影が反応を示し、男の足元へと寄って来る。
それは男の本物の影と溶け合い、同化してしまった。

どうやら普段は自分の影に紛れ込ませているらしい。
影の通じるところに偽物の影を仕込めるのなら、足下だけではなく身体にも注意を払わなければならない。

しかし、これで仕掛けの大部分が判明したも同然。
概念系と操作系の複合術式だとクーは判断する。
厄介な術式であることには変わりないが、正体が解れば咄嗟の対処もしやすいだろう。

川 ゚ -゚)「…………」

再びクーがランスを構える。
話し合うという考えは持っていないようだ。
そこに、ギコは疑問を持つ。

(;゚Д゚)(どうして何も聞かないんだ……?
    ハインが狙われてる理由も、男の正体についても……)

攻撃する手にまったくの迷いがない。
まるで、都市から排除すべき対象であると解っているかのように。

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:51:25.56 ID:5DJ7qFrx0
投下スピード速いな

58 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:52:09.77 ID:aAkUhH6X0
(;゚Д゚)(! まさか――)

つい先ほどの言葉を思い出す。
クーは男に対し、こう言った。


――解っていることをいちいち言う必要はない。


まさか、と二度思う。
まさか彼女は、ギコの知らない間に何かを知っていたのか。
だからあの男を敵だと確信し、こうして理由も聞かずに戦っているのか。

ギコの思考を繋げるように、男が口を開いた。

( `ハ´)「……随分と激しい気性の生徒会長アル。
     まるで気高き狼……いや、大事なモノを守らんと躍起になる獅子カ」

川 ゚ -゚)「…………」

( `ハ´)「しかしそれは、裏返せばただの短慮とも言えるアル。
     その少女を守ることが、果たしてどうなるか知りもせず――」

遮るようにクーの言葉が来た。

川 ゚ -゚)「――知っている、と言ったらどうする?」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:54:06.65 ID:VR7k3HtV0
わーい 支援

60 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:54:33.16 ID:aAkUhH6X0
それは意外な言葉だった。
ギコはおろか男も反応出来ずにいる。
男の眉が少し動き、どういうことかと視線を送る。

川 ゚ -゚)「私は、全てではないが知っている上で行動している。
     ここへ来たのは大切な部下であるギコを助けるためだが、
     それ以外にも一つ目的がある」

ランスを構えたまま、

川 ゚ -゚)「学園都市の地下に何があるのか、知りたいんだ」

(;゚Д゚)「え……?」

( `ハ´)「貴様……」

男の纏う空気が変わった。
冷たい静寂から、鋭い激流へ。

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:54:47.44 ID:snG6si0wO
支援しよう

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:55:03.82 ID:IS9glYCq0
シ・ェ・)ン

63 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:56:05.67 ID:aAkUhH6X0
( `ハ´)「それがどういうことになるのか解らず、
      ただ自分の欲求を満たすためにその少女を守るのカ?
      学園都市をまとめる地位にいる者として、その選択は愚かとしか言いようがないアル」

川 ゚ -゚)「……違う」

( `ハ´)「何が違う、と?」

川 ゚ -゚)「学園都市を守る者として、生徒を統率する者として、
     己の足下に何が在るのかも知らないで、知ることすらいけないことだと目を背けることをしたくない。
     たとえそこに危険なモノがあるとすれば、だからこそ何が在るのかを確かめておきたい。
     『学園生徒会長』としてな」

頷き、

川 ゚ -゚)「だから私はハインリッヒの保護を行なう。
     彼女が、『この都市の地下の秘密を探る』という目的を持っている限りは」

(;゚Д゚)「!?」

知らない事実に、ギコは反射的にハインを見る。
ハインは僅かに目を伏せ、耐えるように身体を浅く抱いていた。
知られたくないことを知られたような、悪いことをして怒られるのを恐れる子供のような反応は、
クーの言った言葉が事実であることを示していた。

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:57:13.58 ID:ui4kZsYf0
支援

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:57:15.63 ID:W6zskcEm0
支援

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:57:31.17 ID:IV5tDogI0
俺は待ってたから…
支援する

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:57:46.08 ID:bFKlmQmGO
待ってた!

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:58:24.72 ID:ui4kZsYf0
支援

69 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 21:59:18.56 ID:aAkUhH6X0
川 ゚ -゚)「ギコ、今まで黙っていて済まない。
     実は彼女が編入した直後に問い質し、私のみがこの事実を得ていた」

(,,゚Д゚)「! それってもしかして――」

ギコは思い出す。
始業式が終わった後、クーはハインと生徒会室へ呼び出して二人だけで話をしていた。
ハインの様子がおかしかったのは、そのことをクーへ教えてしまったからだったのかもしれない。

どうしてそうなったのかは解らない。
しかし、クーが大体の事情を知っていることは確かだ。

( `ハ´)「つまり……己の欲求ではなく、あくまでこの都市のためだ、と?」

川 ゚ -゚)「そのつもりで行動するためにも、都市の地下の真実を知りたい。
     何も知らずに何かを守れるとは思えないからな。
     だから――」

ハインを見て、

川 ゚ -゚)「――本国である『チャンネル・チャンネル』。
     その軍部から送られてきたスパイであるハインリッヒ=ハイヒールを、私は保護する。
     彼女に協力を仰ぎ、地下の真実をこの目で見るために」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:00:23.59 ID:ui4kZsYf0
なん…だと…?!
支援!!

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:01:29.07 ID:3sBuE9fpO
軍部…

支援

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:01:50.98 ID:7JviidkzO
支援

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:01:56.52 ID:5DJ7qFrx0
支援

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:04:00.65 ID:4h7W7VNUO
支援

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:04:43.36 ID:4sbvwRBw0
支援支援

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:05:14.82 ID:IV5tDogI0
ここからながらなのか!?
頑張ってくれ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:05:16.91 ID:4h7W7VNUO
支援

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:06:32.32 ID:4h7W7VNUO
支援

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:07:47.61 ID:4h7W7VNUO
支援

80 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 22:09:01.14 ID:aAkUhH6X0
从;゚∀从「…………」

ハインは何も言わない。
ただクーの視線を受け、窺うような目をするのみ。
その動作が、再びギコに疑問を投げかけることになる。

(;゚Д゚)(何だ……? どうしてそんなに申し訳なさそうにするんだ?
     ハイン、お前は一体何を思って……?)

( `ハ´)「――成程、成程ナ」

川 ゚ -゚)「駄目押しついでに告げておこう。
     軍部所属のハインリッヒを捕らえようとする貴様らの存在。
     その正体は、本国開発部の『D・I機関』の特殊部隊だろう?」

( `ハ´)「そこまで知られているとなると……もはや誤魔化しは利かぬ、カ」

本国開発部とは名の通り、研究と開発を主任務とした部署だ。
国の関係する様々な兵器や技術を総括し、より高みを求める頭脳集団。
そして、

川 ゚ -゚)「『D・I機関』とは、本来ならば表には出ない小さな組織だったはず。
     かつてこの学園都市という構想を成した『プロフェッサーK』を頭とする、
     いわば本国軍部の裏、その隅にいる集団、と言い換えても良いか」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:09:02.92 ID:4h7W7VNUO
支援

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:10:20.80 ID:4h7W7VNUO
支援

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:11:36.66 ID:4h7W7VNUO
支援

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:12:07.75 ID:py2XnyZ50
支援

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:12:14.56 ID:IV5tDogI0
支援す

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:12:25.40 ID:E8t0aVa00
支援

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:12:43.17 ID:kcCmNORGO
支援

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:12:52.55 ID:4h7W7VNUO
支援

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:14:06.23 ID:4h7W7VNUO
支援

90 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 22:15:10.84 ID:aAkUhH6X0
シナーを見て、

川 ゚ -゚)「実を言えば、これらは先ほどまで自信のなかった答えだ。
     だが、貴様の顔を見て確信したよ」

( `ハ´)「…………」

川 ゚ -゚)「その黒布のしたにある軍服。
     僅かに見えた刺繍は、とある地位の人間であることを示すもの。
     道理で顔に見覚えがあると思った」

(,,゚Д゚)「……?」

川 ゚ -゚)「リトガー=シナー。
     本国における軍部、その陸軍に属する幹部の一人。
     最近はすっかり表に顔を見せなくなり、開発部で動いていると聞いたことがあったが、
     まさか『D・I機関』の一員になっていたとはな」

名前はギコも聞いたことがあった。
十数年前までニュースなどでよく挙げられていた名だ。
幼少の頃の記憶なので曖昧だが、確かにあの顔は見たことがある気がする。

というか、彼女の情報収集能力は一学生としてどうなのだろうか。

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:15:24.59 ID:4h7W7VNUO
支援

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:16:44.93 ID:4h7W7VNUO
支援

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:17:59.43 ID:4h7W7VNUO
支援

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:18:06.69 ID:iL7MR61C0
リトガー……だと……!?

支援

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:19:13.71 ID:4h7W7VNUO
支援

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:19:48.48 ID:5DJ7qFrx0
リトガーktkr!
(-_-)の前身か

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:20:31.40 ID:4h7W7VNUO
支援

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:20:36.25 ID:bFKlmQmGO
リトガーってあれとは関係ないよな?

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:20:41.79 ID:E8t0aVa00
リトガーだと!?

やべぇwktk

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:21:50.27 ID:4h7W7VNUO
支援

101 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 22:22:21.39 ID:aAkUhH6X0
男は黙ってクーの言葉を聞いている。
何かを見定めようとしているようにも見えた。

川 ゚ -゚)「こんな大物が、そしてかつて学園都市を作った開発部の一員が、
     こうしてハインリッヒを捕らえようとする。
     間違いなく、この地下には大きな何かが眠っているようだな」

( `ハ´)「…………」

川 ゚ -゚)「本物か? だとしたら、こんな所にいても良いのか?
     殺さぬようにはしていたようだが、学生を傷つけたとあれば問題になるぞ」

( `ハ´)「本国には文字通り、影武者を置いているので問題はないアル。
     それに、こんな都市に陸軍幹部であるワタシが現われ、生徒を傷つけたなど誰も信じないアルよ。
     そして更に一つ訂正をしておこう。
     私は、元から『D・I機関』の一員アル」

川 ゚ -゚)「ふむ……順序が逆だったというわけか」

(;゚Д゚)「…………」

目の前で飛び交う言葉の意味。
それを呑みこむのに、ギコは人一倍苦労していた。

どうして。
何故。
どうなっている。

そういった疑問が、先ほどから頭をグルグルと回っていた。

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:23:05.33 ID:4h7W7VNUO
支援

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:24:19.70 ID:4h7W7VNUO
支援

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:25:13.73 ID:IV5tDogI0
しえん

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:25:34.42 ID:4h7W7VNUO
支援

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:25:40.65 ID:+112hf7oO
支援

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:26:04.11 ID:R/8Lcvoj0
wktk 支援

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:26:46.41 ID:4h7W7VNUO
支援

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:26:55.72 ID:BGkXraHyO
支援

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:28:01.87 ID:4h7W7VNUO
支援

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:29:16.99 ID:4h7W7VNUO
支援

112 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 22:29:26.95 ID:aAkUhH6X0
しばらくの沈黙。
クーも、シナーも、ギコも、ハインも動こうとしない。
誰もがそれぞれの思惑を頭に描き、そして探り合っている。

その沈黙を断ち切ったのは、シナーだ。

( `ハ´)「……我が主の予測は正しかった、カ」

川 ゚ -゚)「む?」

( `ハ´)「良いだろう。
     学園生徒会長の言い分は理解したアル。
     ワタシとて、無駄な戦闘や問題を起こしたくはない」

右腕を振るった。
布が空気を叩き、そして手には端末が握られている。

( `ハ´)「ならば、控えていたもう一つの選択を実行するアル。
     『これから知ることを絶対に口外しない』。
     それを守れるのであれば、一部の者にだけ真実を見せるアル」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:31:49.01 ID:4h7W7VNUO
支援

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:32:10.42 ID:bTvpZbmj0
む、これは良い所で引く気配・・・!
くそっ・・・次回が早くも気になってきた支援

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:33:02.81 ID:4h7W7VNUO
支援

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:34:16.87 ID:4h7W7VNUO
支援

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:34:53.79 ID:IV5tDogI0
ハインが一言もしゃべってない

118 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 22:35:05.47 ID:aAkUhH6X0
川 ゚ -゚)「……随分と条件が軽いな」

( `ハ´)「どうせアレを見れば口も閉ざすことになるアル。
     何も知らずに地下を調べられるより、ワタシが同伴した上で正しい真実を伝えるのも、
     また一つの抑止力に繋がるアル」

主がそう言っていた、とは言わなかった。
この聡明な生徒会長に余計な情報を与えるのは危険だという判断だ。
知ってか知らずか、腕を組んで少し考えたクーは、ハインへ目を向ける。

川 ゚ -゚)「ハインリッヒはそれで良いのか?」

从;゚∀从「俺は……」

少し迷い、

从;゚∀从「俺は、地下に何があるのかを調べ、そして本国へ情報を持ち帰るのが任務だ。
      だったら断る理由はねぇよな」

川 ゚ -゚)「だが、学園側の同意の上となると問題になる。
     君がコソコソしていたのも、学園側の人間に知られることなく済ませたかったからだろう?
     何か秘密を探る時、そういう条件は必須だろうからな」

从;゚∀从「それは――」

川 ゚ -゚)「……まぁいい。 何とかなるだろう」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:35:42.83 ID:4h7W7VNUO
支援

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:37:05.77 ID:4h7W7VNUO
支援

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:37:33.47 ID:E8t0aVa00
支援

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:37:40.64 ID:j4RRZM070
【九連魔弾射出魔術陣】……
どっかで見たような覚えが
いやあれは十七だったかな……

支援

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:38:18.50 ID:4h7W7VNUO
支援

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:39:38.43 ID:4h7W7VNUO
支援

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:40:52.61 ID:4h7W7VNUO
支援

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:41:24.63 ID:/mDEcmRi0
支援

127 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 22:41:45.13 ID:aAkUhH6X0
どうやら話が決まりそうだった。
この場にいる3つの立場の人間の利害が一致しつつある。
もちろん小さな食い違いこそあるものの、大きな利の前には霞むというもの。

(,,゚Д゚)「会長……」

川 ゚ -゚)「すまないな、そういうことで話がまとまりそうだ。
     だが、それもこれも君がハインリッヒを守っていたからだ。
     礼を言う」

(;゚Д゚)「あ、いや、その……」

うろたえるギコを余所に、シナーが端末を指で操作している。
何をしている、というクーの視線に、シナーは首を振り、

( `ハ´)「この都市に散っているワタシの仲間も止める必要がある。
     そして――」

いきなり左手を動かした。
跳ね上げるように肩の位置まで上げ、そしてある場所を指し示す。
木々や雑草しかないように見えるそこに、いくつかの影が飛び掛かった。

何かがそこにいる。
影を回避し、ギコ達の前に出てきたのは、

/ ,' 3「ふーむ……バレちゃったようだねぇ」

川;゚ -゚)「が、学園長……!?」

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:42:13.75 ID:4h7W7VNUO
支援

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:42:54.56 ID:7JviidkzO
支援



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:43:05.33 ID:WWlwtznjO
ギコは複雑だなぁ

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:43:07.08 ID:9xPpy+9r0
支援

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:43:37.80 ID:4h7W7VNUO
支援

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:43:39.24 ID:IV5tDogI0
そろそろ第一部完のニオイが…

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:43:45.38 ID:mkVhmhP6O
この作品見たあとに異獣を見直したら嫌な予感しかしない

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:44:04.18 ID:j4RRZM070
学園長!

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:45:43.92 ID:4h7W7VNUO
支援

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:46:34.21 ID:bFKlmQmGO
ブロスがあるとかそんなんじゃないんか・・・・

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:46:57.00 ID:4h7W7VNUO
支援

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:47:36.91 ID:WWlwtznjO
>>133
流石Dog。嗅覚が違うな
支援

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:48:12.33 ID:4h7W7VNUO
支援

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:49:06.64 ID:HWSz+yHM0
>>137
ブロスがあったとしてもそれをどうやってダイオードが…

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:49:22.45 ID:W6zskcEm0
支援

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:49:26.02 ID:4h7W7VNUO
支援

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:49:39.27 ID:RoYHu1M4O
支援ー

145 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 22:49:45.78 ID:aAkUhH6X0
生徒側の代表である学園生徒会長に対し、
職員、教員側の代表とも言えるのが学園長だ。
ある意味、この学園都市で最も権力を持つ者である。

/ ,' 3「流石にジッとしとるのも我慢できんでのぅ。
    ちょーっと身を動かしたらコレじゃて……容赦ないのぅ」

小柄な老人だった。
明らかに偉そうには見えない好々爺だが、
つい先ほど見せた動きは、むしろギコやハインよりも素早かった。

川;゚ -゚)「というか学園長、いつの間に……」

/ ,' 3「ちょっと懐かしい気配を感じてのぅ。
    散歩がてら来てみたんじゃが――」

( `ハ´)「…………」

/ ,' 3「――どうも、面白いことになっとるようだのぅ?」

嬉しそうな学園長の視線をシナーは無視した。
端末の操作を終えた彼は、その場にいる皆を見渡し、

( `ハ´)「……この都市で起こっている戦闘と問題を収めるアル。
     その後、ちょうどここにいる学園長とハインリッヒ、
     そして学園生徒会長が信の置ける者のみ、学園地下の入り口に集めるアル」

無表情のまま、

( `ハ´)「……そこで、この学園の抱える事実を御見せしよう」

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:50:40.45 ID:4h7W7VNUO
支援

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:50:50.68 ID:E8t0aVa00
支援

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:52:05.09 ID:4h7W7VNUO
支援

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:52:38.55 ID:bFKlmQmGO
>>141あー・・・たしかに・・・
それにジョルジュとかも全然でてきてないしな

150 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 22:53:21.51 ID:aAkUhH6X0
以上で終わりましょうえぇそれがいいもうダメだ

やっぱりながら投下はアカンですね
どうしても圧縮されるというか何と言いますか
もしかしたら次回、修正版を投下するやもしれません
気力がなかったらしない


読んでくれた方はありがとうございました
次回からはちゃんと書き溜めします

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:53:38.17 ID:4h7W7VNUO
支援

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:54:26.94 ID:bFKlmQmGO
乙!

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:54:39.07 ID:BGkXraHyO
乙!

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:54:53.98 ID:5DJ7qFrx0

気長にやってくれ、俺は最後まで追うから

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:54:55.96 ID:4h7W7VNUO
支援

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:54:58.09 ID:HWSz+yHM0


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:55:39.54 ID:RoYHu1M4O


即興で描いたら出てこなかった……
http://imepita.jp/20090215/807540

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:55:43.51 ID:9xPpy+9r0


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:56:56.81 ID:4h7W7VNUO
おつ

160 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 22:57:09.24 ID:aAkUhH6X0
いやもうホント申し訳ないというか・・・
何なんだろうねこのモヤモヤ

あ、質問とかあったらどぞー


>>157
渋い、渋いっすよ・・・!口元の皺がたまらん!
ありがとうございます!

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:57:18.15 ID:j4RRZM070
おつおつ!

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:58:49.54 ID:E8t0aVa00
乙!

ところでミリアとかがもといた世界ってここであってるの?

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:59:30.81 ID:gU6s3vNYO
うおお終りか
乙でした!


今後の活躍期待してる垂れ目1号2号
http://imepita.jp/20090215/824830

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:59:38.44 ID:HWSz+yHM0
今回初出の二十一種のNoはきまってんの?
それとリトガーの名前の関係は?

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:59:41.63 ID:3sBuE9fpO


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:00:54.23 ID:IV5tDogI0
乙でした
無理する必要ない
期待してるぜー

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:02:26.89 ID:RoYHu1M4O
改めて乙!

次に期待

168 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 23:07:09.89 ID:aAkUhH6X0
>>162
Oh・・・秘密です

>>163
そういえば二人ともタレ目でしたねwww
ありがとうございます!

>>164
決まってます
リトガーは、並行世界のリトガーって位置で一つ
あのヒッキーとは別人です


ダメだダメだ愚痴なんてだめだあああああああ
じっちゃん俺がんばるよ!
支援とか乙とかホント励みになってるからありがとうひゃっほう!!

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:08:02.91 ID:LZQB1U9eO

今から読んでくるわ

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:08:36.06 ID:GntFrO2A0
マジで楽しみにしてるからこそ、無理して品質を落とすよりも、やりたいようにやって熱い展開を書いて欲しい

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:08:47.69 ID:5DJ7qFrx0
忙しいだろうけど頑張れ作者!

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:08:50.54 ID:py2XnyZ50


173 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 23:14:05.04 ID:aAkUhH6X0
バレンタインのチョコ経路

ξ゚听)ξ⇔( ^ω^)

ノパ听)→川 ゚ -゚) lw´‐ _‐ノv

爪*゚〜゚)→( ・∀・)

(゚、゚トソン→ミセ*゚ー゚)リ 川 ゚ -゚)

ミセ*゚ー゚)リ→(゚、゚トソン 川 ゚ -゚) (,,゚Д゚)

川 ゚ -゚)→ノパ听) lw´‐ _‐ノv

|゚ノ ^∀^)→屋根の上からチョコばら撒き(ハズレは小規模破裂術式で食った瞬間に爆発)

ハハ ロ -ロ)ハ→ξ;゚听)ξ 爪;゚〜゚) ノパ听) 从;゚∀从

<_プー゚)フ→(;゚Д゚)→(;・∀・)→(;゚д゚ )→(;゚∋゚)→(*´_ゝ`)ヨク ワカランケド チョコ モラタ

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:15:16.76 ID:/lJAYKAWO
乙!!

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:15:45.92 ID:E8t0aVa00
えwwwwくwwwwwwwwすwwwwwwwwとwwwwwww

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:17:13.88 ID:E8t0aVa00
今更だけど21種ってもともと21人が存在してたんだよな?

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:20:16.72 ID:Mzy3r6lw0
クーが使った【9M】をブロスはコピーしてんの?

178 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 23:23:48.22 ID:aAkUhH6X0
エクストは悪戯でやった感じで
逆チョコを知って衝動的に

というか、基本的にブーンとモララー以外はまともなチョコに縁がないような
エクストとか黙っていれば意外とモテそうなのですが
ギコはああ見えてモテません


>>176
そうなりますね
そいつらを書くのが最後になりそうです

>>177
いえ、違います
あと現時点でクーはまだ十七連を撃てなかったりします
ヒャー

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:26:46.56 ID:Mzy3r6lw0
じゃあダイオードがブロスを手に入れるのはこれからなんですね


あと作者はチョコ貰ったの?

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:28:55.81 ID:E8t0aVa00
ブロス=母者
テセラ=デレ
NNN=クー

でおk?

181 : ◆BYUt189CYA :2009/02/15(日) 23:32:08.97 ID:aAkUhH6X0
>>179
そこへんは想像にお任せします


バレンタイン?
そういえばなんかもらったよ

え?ラムネ菓子を数に入れるの無しなの?

じゃあ駄目だ


>>180
おkk


次回は来週無理かもしれません
誰だよ週一なんて鬼畜設定したの俺だったよ
でも出来るだけ頑張ります

改めてありがとうございましたー

んでは

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:33:45.79 ID:E8t0aVa00
乙!

次も期待してるぜw

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:38:19.95 ID:RoYHu1M4O
乙ー

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:38:48.68 ID:Kmi9iUNhO
おつぅ

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:41:24.51 ID:Mzy3r6lw0
乙でした!

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:42:25.06 ID:4h7W7VNUO
改めて乙!


ダイオードが居ないからブロスもこの世界にはもうないんじゃね?




生前のキルバやミリアにダイオードが出会うのは次の世界だなんていう妄想

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 23:44:28.89 ID:/lJAYKAWO


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/16(月) 00:00:29.84 ID:w8vvbGs50


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/16(月) 00:05:36.66 ID:/w9Sp363O

ギコモテないのか…何かリアルだ…

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/16(月) 00:13:02.87 ID:BsnwGMD80
ttp://boonpict.run.buttobi.net/cgi-bin/up/src/boonpic_0693.jpg


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/16(月) 00:18:56.29 ID:FbfuIBOmO
今から読むほ

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/16(月) 00:29:03.71 ID:itPua1Hu0
>>190
吹いたwwwwwwwwwww

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/16(月) 00:38:10.62 ID:/ch//OURO
>>190
その場面はwwwwww

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/16(月) 00:40:21.50 ID:3eiMmoyPO
>>190
WWWW

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/16(月) 00:40:43.21 ID:e+mQ3a7cO
>>190
激戦の名シーンだなwwwwwww

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/16(月) 00:57:29.75 ID:Uqpi2WoBO
後で読みにくるから星

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/16(月) 01:08:28.46 ID:/VvmG/vY0
え?ちょっとまって・・・これ('A`)が意次元でなんたらってやつの人と同じ?

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)