5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

少女「人間は勝手なんだよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:09:12.40 ID:0p6v37tU0

ロボ「あー、もう無理」

少女「なにが?」

ロボ「超死にたい」

少女「それは無理」

ロボ「何故」

少女「だってアンタ、ロボだし」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:10:02.13 ID:9J4eBxUr0
ロボ「え?俺ロボットなの?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:10:26.13 ID:0p6v37tU0

ロボ「ロボじゃねーよ」

少女「ロボじゃん」

ロボ「ア・ン・ド・ロ・イ・ド!そこ、重要よ?」

少女「どっちも一緒だって」

ロボ「違う。かっこよさが、ダンチ」

少女「実際呼びづらい」

ロボ「それお前の都合じゃん」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:11:48.69 ID:0p6v37tU0

少女「いちいち『アンドロイドー』、なんて呼んでらんない」

ロボ「マジかよ」

少女「マジマジ」

ロボ「人間は勝手だよなー」

少女「人間は勝手なんだよ」

ロボ「あーもーマジやだ、死にたい」

少女「死ねないー」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:13:03.77 ID:0p6v37tU0

ロボ「あ」

少女「ん?」

ロボ「閃いた」

少女「なにを?」

ロボ「お前が工夫しろよ、工夫」

少女「え?」

ロボ「アンドロイドってさ、言い辛らければ略せよ」

少女「略・・・」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:13:11.27 ID:Zv5KPjEsO
ロボコップスレですね、わかります

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:14:02.81 ID:mWIsx6rm0
お前ら手伝ってくれw
-------------------------------------------------------------------------
20 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/02/27(金) 19:42:46.01 ID:kFoFDn5LO
 韋駄天いかせ男入門
googleトップで>>20のキーワード急上昇させようや
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1235731106/20

これをクリックしてくれ
http://www.google.com/search?q=%E9%9F%8B%E9%A7%84%E5%A4%A9%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%9B%E7%94%B7%E5%85%A5%E9%96%80

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:14:26.82 ID:0p6v37tU0

ロボ「一昔前に、超流行ってたらしーじゃん」

少女「らしいね」

ロボ「『ブクロ』、『アキバ』」

少女「どこから得て来るのその知識」

ロボ「驚くなよ?このへんてこな名前、昔の街の名前らしい!」

少女「知ってるよ」

ロボ「ああ、そう」

少女「うん」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:14:36.15 ID:Vb7UfKze0
aaaa

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:15:46.15 ID:0p6v37tU0
>>6
そんな大層なもんじゃないですwww



ロボ「クールだよな、オシャレだよな、略って」

少女「そうかな?」

ロボ「さぁ。略せよ略せよ」

少女「うーん・・・」

ロボ「わくわく」


少女「・・・アドン」

ロボ「・・・アドンかぁー」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:16:59.84 ID:0p6v37tU0

少女「不満?」

ロボ「そりゃ、不満だよ。全然クールじゃねーもん」

少女「自信あったんだけどな」

ロボ「そりゃ悪いことをした。でも、変えてくれ」

少女「次点では・・・、ドイド」

ロボ「あー駄目だ、お前センスねーわ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:17:42.82 ID:R1Ys5ehX0
>>1
後のセクシーボイスアンドロボである

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:18:45.64 ID:0p6v37tU0
>>12
そんな大層なもんじゃないですwww


少女「大体、アンドロイドって略しようが無いよ」

ロボ「あーもーなんなんだよ超死にてーよ」

少女「いいじゃん、ロボで」

ロボ「ロボじゃないのに?」

少女「ロボット。略して、ロボ」

ロボ「アンドロイドだって!」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:20:01.11 ID:0p6v37tU0

少女「ロボー」

ロボ「うわー、呼ぶなよ。超死にたい」

少女「ロボに『死ぬ』なんて概念、無いんだってば」

ロボ「はぁ、信じらんねぇ・・・」

少女「ロボって、いいじゃん。超クール」

ロボ「マジで?」

少女「マジマジ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:21:15.45 ID:0p6v37tU0

ロボ「じゃあ少しだけ、ロボでいいわ」

少女「ありがと、ロボ」

ロボ「人間は勝手だよなー」

少女「人間は勝手なんだよ」

ロボ「なんで俺アンドロイドなんだろ、死にてぇ」

少女「死ねないー」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:22:29.80 ID:0p6v37tU0

ロボ「んじゃ、疲れたし寝るわ」

少女「嘘を付け」

ロボ「なんだよ、嘘なんか付いてねーよ」

少女「ロボは寝れないでしょ。必要ないじゃん」

ロボ「うるせーなー、寝るんだよ」

少女「分かった分かった」

ロボ「あーもーマジなんなの!ニヤニヤすんなよ!」

少女「別にー」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:23:44.22 ID:0p6v37tU0

ロボ「・・・zzz」

少女「・・・・・・・・・」

ロボ「・・・zzz」

少女「・・・2分経過ー」ボソッ

ロボ「あのな!」ガバッ

少女「おはようございます」

ロボ「おはようございます」

少女「すっごい早く起きたね」

ロボ「なんなの?嫌がらせかなにか?」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:25:00.76 ID:0p6v37tU0

少女「寝れないくせに寝たふりするからでしょ」

ロボ「はぁ。マジ信じらんねぇ・・・、死にてぇ・・・」ゴロン

少女「死ねないって。なに、寝たいの?」

ロボ「寝たいんだよ、俺は」

少女「寝る必要なんて無いのに?」

ロボ「必要ないからだよ」

少女「それって、意味あるの?」

ロボ「超あるよ、お前にはわかんねーんだよ」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:26:13.65 ID:0T/qMQHvO
こうしてロックマンは生まれたのであった

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:26:14.55 ID:0p6v37tU0

少女「ふぅん」ゴロン

ロボ「なんだよ、くっつくなよ」

少女「そんなにいいものかな」

ロボ「いいもんなんだよ、昼寝ってのは」

少女「あ、ちょっと腕貸して」

ロボ「はぁ?なにお前、そりゃねーよ」

少女「頭痛いじゃん。ほら、枕」

ロボ「うわー、信じらんねぇ!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:28:22.00 ID:JGx2n5txO
ロビタかと思ったけどがっかり

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:28:22.86 ID:0p6v37tU0

少女「おー、これは楽チン」

ロボ「頭痛くない?」

少女「うん、痛くない」

ロボ「お前の頭が痛くなくてもさ、俺の腕は痛いじゃん」

少女「え?」

ロボ「そういう考え方、出来ない訳?」

少女「ロボに『痛い』って、無いじゃん」

ロボ「まぁそうだけどさ、そうじゃねーよ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:29:36.56 ID:0p6v37tU0

少女「かたいこと言わないでよ」

ロボ「邪魔しないでよマジで」

少女「あー・・・。確かにいいかも、こうしてると」

ロボ「だろ?だろ?」

少女「昼寝とか、最近してなかったな」

ロボ「いいか、こうやって目を閉じるじゃん?」

少女「うん」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:30:50.69 ID:0p6v37tU0

ロボ「そのまま力を抜いてー」

ロボ「スーっと、体が溶けてく感じでー」

ロボ「空気に体を預ける感じでー・・・」

少女「・・・・・・・・・」

ロボ「なぁ、おい。聞いてる?」


少女「・・・zzz」スースー

ロボ「・・・あーもー、マジ信じらんねぇ」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:32:23.75 ID:0p6v37tU0

少女「・・・zzz」

ロボ「・・・・・・・・・」

少女「・・・zzz」

ロボ「・・・お」

・・・チュドーン バババババ

ロボ「・・・人間は勝手だよなー」

少女「・・・zzz」

ドーン ドーン バババババ・・・


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:33:37.98 ID:0p6v37tU0

少女「・・・ん」

ロボ「お、やっと起きた」

少女「・・・おはようございます」

ロボ「おはようございます」

少女「あれ?・・・始まったの?」

ロボ「いや、終わったんじゃねーの」

少女「ふーん・・・」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:35:09.51 ID:0p6v37tU0

ロボ「ま、すぐにまた始まるんだろーけどな」

少女「・・・・・・・・・」

ロボ「あーくだらねー、くだらねー」

少女「そうだね」

ロボ「クールじゃねーな、ありゃ」

少女「・・・・・・・・・」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:36:48.52 ID:0p6v37tU0

ロボ「少し、羨ましーけど」

少女「え?」

ロボ「死ねるんだから、羨ましいわ」

少女「そんなに死にたいんだ?」

ロボ「死にたいね。俺は殺せても、死ねないから」

少女「もう殺さなくていいんだよ」

ロボ「マジで?」

少女「マジマジ」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:38:05.85 ID:0p6v37tU0

ロボ「あー、そーか。じゃ、ちょっと安心だわ」

少女「そうでしょ」

ロボ「でも死にてーなぁ」

少女「駄目」

ロボ「駄目?」

少女「うん」

ロボ「死ねないのに?」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:40:17.34 ID:0p6v37tU0

少女「うん、まぁそうなんだけど」

ロボ「やっぱ死ねないんじゃねーか」

少女「仮に」

ロボ「お、仮定の話だ」

少女「そう。仮に、ロボが死ねるとするでしょ?」

ロボ「うん」

少女「そうなったら、どうなるでしょーうか」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:42:24.11 ID:0p6v37tU0

ロボ「えー、意味わからん」

少女「考えて考えて」

ロボ「うーん・・・、俺が死ねるとしたら・・・」

少女「そうそう」

ロボ「あ」

少女「なに?」

ロボ「俺は死ねたら、死ぬわ」

少女「うーん、おしい」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:43:12.72 ID:u2PMNddPO
秋田

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:44:32.98 ID:0p6v37tU0

ロボ「おしい?なんで?」

少女「あってるけど、そうじゃない」

ロボ「そうじゃない?」

少女「うん」

ロボ「ってことは、答えは一つじゃない?」

少女「そう」

ロボ「なんだよ、早く言えよー」

少女「ごめんね」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:46:05.04 ID:0p6v37tU0
>>32
ごめんね。



少女「正解は・・・」

ロボ「もう一つの正解は?」

少女「私が、ひとりになる」

ロボ「お前が、ひとりになる?」

少女「うん、そう」

ロボ「俺が死ねたら、俺は死ぬ。俺が死んだら、お前はひとりになる」

少女「その通り」

ロボ「なるほど」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:47:30.34 ID:0p6v37tU0

少女「ロボが死ねたら、ロボは死んで、私はひとりになる」

ロボ「ふーん。それがなんで、『駄目』?」

少女「私が寂しいから」

ロボ「それお前の都合じゃん」

少女「そう。勝手でしょ?」

ロボ「うん、勝手だ。人間は勝手だよなー」

少女「そういうもんだよ」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:48:49.46 ID:0p6v37tU0

ロボ「あ」

少女「ん?」

ロボ「閃いた」

少女「なにを?」

ロボ「人間が勝手なんじゃなくてさ」

少女「うん」

ロボ「お前が勝手なんじゃねーの?」

少女「バレたか」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:50:22.33 ID:0p6v37tU0

ロボ「お、当たり?当たった?」

少女「よく分かったね」

ロボ「そりゃーな。俺、学習するタイプだから」

少女「そうだね。ロボはちゃんと、学習するタイプ」

ロボ「そうそう」

少女「ふふ」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:52:17.73 ID:0p6v37tU0

ロボ「あ、じゃーさ」

少女「ん?」

ロボ「今まで勝手だ、と思ってた人間達はさ」

少女「うん」

ロボ「実は勝手じゃない?」

少女「うーん・・・、そうでもないかな」

ロボ「そーか、じゃあやっぱり人間は勝手か」

少女「そう。人間は勝手なんだよ」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:54:20.80 ID:0p6v37tU0

ロボ「・・・はぁ。でもやっぱり俺、死にてーな」

少女「死ねないー」

ロボ「そうだけど・・・。仮に、だ」

少女「お、仮定の話だ」

ロボ「そうそう。仮に死ねたら、やっぱ死にてーよ」

少女「それだと私が寂しいじゃん」

ロボ「そーだ。どうすっかな」

少女「考えて考えて」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:55:36.95 ID:0p6v37tU0

ロボ「うーん・・・」

少女「思いついた?」

ロボ「駄目だ、難しいわ」

少女「じゃあ、教えてあげようか」

ロボ「なにを?」

少女「答え」

ロボ「知ってんの?」

少女「知ってるよ」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:55:52.41 ID:CyaZ/2GaO
この独特の雰囲気好き

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:56:59.86 ID:0p6v37tU0

ロボ「なんだよー」

少女「ごめんね」

ロボ「わかんねーから、聞いてんのかと思った」

少女「わかんなくないよ」

ロボ「マジかよ」

少女「マジマジ。私超頭いいんだよ、知らなかった?」

ロボ「知ってたよ」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 00:58:19.12 ID:0p6v37tU0
>>41
ありがとう。


少女「答えはね・・・」

ロボ「うん」

少女「一つ目は、ロボが我慢する」

ロボ「我慢?」

少女「そう、死ぬのを、我慢する」

ロボ「死ねないのに?」

少女「これは、仮定の話だって」

ロボ「ああそーか。忘れてたわ」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:00:05.83 ID:0p6v37tU0

少女「二つ目は・・・」

ロボ「また、答えは一つじゃない?」

少女「そう。なんにでも答えが一つとは、限らない」

ロボ「なるほど」

少女「二つ目は、ロボも私も、死ぬ」

ロボ「俺も、お前も、死ぬ?」

少女「そうそう」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:02:01.31 ID:0p6v37tU0

ロボ「どういうこと?」

少女「ロボと一緒に死ねば、私は一人じゃないよね?」

ロボ「うん」

少女「で、ロボも死ねるじゃん」

ロボ「あー、そーか」

少女「そうそう」

ロボ「お前、やっぱ頭いーなー」

少女「そうでしょ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:03:15.19 ID:0p6v37tU0

ロボ「俺が死ぬのを我慢するか」

少女「うん」

ロボ「俺とお前が一緒に死ぬか」

少女「そう」

ロボ「あー、どっちがいいかなー・・・」


少女「でもこれは、仮定の話」

ロボ「あ、そーか。忘れてたわ」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:03:21.56 ID:7qI3O/Ax0
C

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:05:22.30 ID:0p6v37tU0

少女「まずは、死ぬ方法を考えなきゃね」

ロボ「そーか、死ぬ方法か」

少女「やっぱいいよ、考えないで」

ロボ「は?なんで?」

少女「ロボに死んで欲しく無いから」

ロボ「お前は勝手だよなー」

少女「私は勝手なんだよ」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:06:05.06 ID:e2ZrRzSI0
支援

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:07:28.72 ID:0p6v37tU0

ドーン ドーン・・・

ロボ「お」

パラパラパラ チュドーン・・・

少女「・・・始まった」

ロボ「勝手な人間が、勝手に争って」

ロボ「勝手に死んでく」

少女「・・・・・・・・・」

ロボ「・・・ん?勝手な人間は争ってっけど」

ロボ「勝手なお前は、争わねーの?」

少女「・・・ううん、私も争ってる」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:08:51.83 ID:0p6v37tU0

ロボ「マジで?」

少女「マジマジ」

ロボ「でもお前、ここにいるじゃん」

少女「ここに居ながら、争ってる」

ロボ「え?それってすごくね?」

少女「すごいって言われるけど、全然すごくない」

ロボ「ふーん?よくわかんねーな」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:11:39.01 ID:0p6v37tU0

少女「あそこで爆発したのは、私の開発した奴」

ロボ「へー」

少女「今飛んでったのは、改良したやつかな」

ロボ「へー」

少女「私は争って無くても、この爆発も、爆発させた機械も全部」

少女「・・・この争いは、私が作ったんだよ」

ロボ「・・・・・・・・・」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:13:02.05 ID:0p6v37tU0

少女「ロボのことも、そうやって作ったんだ」

ロボ「マジで?」

少女「マジマジ」

ロボ「えー。でも俺、もう人間殺さなくていーんだろ?」

少女「うん。もう殺さなくていいんだよ」

ロボ「そーか」

少女「うん」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:14:20.80 ID:0p6v37tU0

ロボ「ん?」

少女「え?」

ロボ「おかしくね?」

少女「なにが?」

ロボ「コレで使われてんの、お前が作ったんだよな?」

少女「うん」

ロボ「でもお前が使ってる訳じゃねーよな?」

少女「・・・・・・・・・」

ロボ「お前、使って欲しくて作ったの?」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:14:24.14 ID:N3RDDjpH0
しえ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:15:47.59 ID:0p6v37tU0

少女「最初は、そうだったかも」

ロボ「最初は?」

少女「うん。前は、ね」

ロボ「今は?」

少女「今は・・・」

ロボ「うん」

少女「・・・使って欲しく、ないかな」

ロボ「じゃあ、おかしーじゃねーか」

少女「・・・え?」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:17:49.74 ID:0p6v37tU0

ロボ「お前が作ったのを使って、こいつらが争ってる」

少女「うん」

ロボ「じゃあ、お前は関係ねーじゃん」

少女「関係なくはないでしょ」

ロボ「関係なくはないか。でもさ」

少女「うん」

ロボ「お前が使って争ってねーなら、お前は関係ねーよ」

少女「・・・・・・・・・」


少女「・・・マジ、で?」

ロボ「マジマジ」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:19:25.17 ID:0p6v37tU0

ロボ「俺も争ってないし、関係ないわ」

少女「・・・・・・・・・」

ロボ「勝手だよなー、こいつらは」

少女「・・・・・・・・・」

ロボ「勝手に争ってろよ。俺たち関係ねーから」

少女「・・・・・・・・・」

ロボ「・・・は?」

ロボ「なに、お前」


ロボ「泣いてんの?」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:21:05.10 ID:zbteRqlSO
支援

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:22:31.98 ID:CyaZ/2GaO
俺達は見ているぞ

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:23:31.46 ID:0p6v37tU0

―――少女は嗚咽をあげるでもなく、顔を隠すでもなく、涙を流した。

     溢れ出した涙を止めようともせず、ただひたすら、涙を流していた。

     泣けないロボは、意味も分からずおろおろするばかりで、

     しかしその場からは動かず、ただ少女の隣で座っていた。


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:24:13.34 ID:iNh7xCLVO
ほれわっふるわっふる

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:24:47.34 ID:0p6v37tU0

ロボ「な、なぁ。泣くって、どーいう感じ?」

少女「・・・うーん、どうだろ」ズッ

ロボ「すっきりすんの?」

少女「する人も、いる」

ロボ「じゃあ、お前はしないんだ」

少女「うん」

ロボ「ふーん」

少女「・・・うん」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:26:03.58 ID:3YxlK3dvO
しえ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:26:27.06 ID:0p6v37tU0

ロボ「でもさ、アレだな」

少女「何?」

ロボ「お前が泣いてんの見てんのは、なんか落ち着かねーな」

少女「嘘を付け」

ロボ「なんだよ、嘘なんか付いてねーよ」

少女「ロボに『落ち着かない』とか、そういうのないから」

ロボ「マジだって、マジで落ち着かなかったんだって!」

少女「・・・ふふ」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:26:56.70 ID:+8Jrgk7B0
んする

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:27:44.38 ID:0p6v37tU0

ロボ「あ」

少女「ん?」

ロボ「閃いた」

少女「なにを?」

ロボ「もしかして人間も、落ち着かねーんじゃね?」

少女「どういうこと?」

ロボ「人間も誰かが泣いてんの見ると、落ち着かねーんだろ?」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:30:13.42 ID:0p6v37tU0

少女「うーん、どうだろ」

ロボ「違うの?」

少女「たぶん、違くないと思う」

ロボ「だろ?じゃあ、正解じゃん」

少女「でも、ロボにはそんなことないよ」

ロボ「なんだよ、決め付けんなよ」

少女「私が作ったんだから、そうなんだよ」

ロボ「なんにでも答えが一つとは、限らない」

少女「ロボに関してはそーでもないよ」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:30:54.05 ID:zbteRqlSO
見てるよ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:31:30.35 ID:0p6v37tU0

ロボ「お前の思い違いかも知んねーじゃん」

少女「私が頭良いって、知らないの?」

ロボ「知ってるけど」

少女「けど?」

ロボ「お前、結構馬鹿じゃん」

少女「マジで?」

ロボ「マジマジ」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:31:36.17 ID:ut5To8sqO
雰囲気いいなー…

しえ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:33:05.64 ID:0p6v37tU0

少女「あー・・・、そーか」

ロボ「そーだそーだ」

少女「うん、そうかも知れない」

ロボ「お前は馬鹿だよ」

少女「そうだ、私は馬鹿だ」

ロボ「俺を作るときにも、失敗くらいし兼ねねーよ」

少女「そーかそーか」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:33:14.19 ID:3YxlK3dvO
紫煙

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:34:19.10 ID:0p6v37tU0

ロボ「じゃ、俺も案外死ぬかも知んねーな」

少女「それは無理」

ロボ「マジで?」

少女「マジマジ」

ロボ「お前の間違いかも知んねーじゃん」

少女「ロボに『死ぬ』なんて概念、無いんだってば」

ロボ「はー、超死にてぇ・・・」

少女「駄目だって」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:36:22.77 ID:0p6v37tU0

ロボ「お前が一人になるから?」

少女「私が一人になるから」

ロボ「じゃあ、仮に」

少女「お、仮定の話だ」

ロボ「そう。仮に、お前が死んだらどうすんだよ」

少女「え?」

ロボ「お前が死んだら、俺が一人になるじゃねーか」

少女「そーだ。どうしよう」

ロボ「考えて考えて」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:38:01.79 ID:0p6v37tU0

少女「・・・うーん。じゃあ、仕方ない」

ロボ「なに?」

少女「その時は一緒に死のう、それしかないよ」

ロボ「俺とお前で?」

少女「そうそう」

ロボ「そんなこと出来んの?」

少女「そういうふうに改造すれば、出来るかな」

ロボ「なるほど」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:39:18.97 ID:IUJ7TIolO
シエンタ

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:39:20.01 ID:0p6v37tU0

少女「私が死なない、って選択肢は絶対無理だし」

ロボ「そりゃそーだ。人間は絶対死ぬ」

少女「そう。だから、ロボを殺すしかない」

ロボ「俺、死ねんの?」

少女「厳密には違うんだけど、そういうことには出来る」

ロボ「そーか。お前やっぱ頭いーな!」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:39:21.07 ID:59WbcNAWO
>>1はプロ

支援

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:39:32.09 ID:3YxlK3dvO


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:40:45.86 ID:0p6v37tU0

少女「でも」

ロボ「なに?」

少女「私、まだ死にたくないからもうちょい待って」

ロボ「えー、なんでだよ」

少女「なんとなく」

ロボ「お前は本当に勝手だよな」

少女「私は本当に勝手なんだよ」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:41:20.67 ID:i5IHjvugO
読みやすいけど、深いな

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:41:59.02 ID:0p6v37tU0

ロボ「さっさと殺してくれればいーのに」

少女「駄目駄目」

ロボ「えー」

少女「もうちょっとしたら、一緒に死のう」

ロボ「マジで?」

少女「マジマジ」

ロボ「じゃあ少しだけ、死なないでいーわ」

少女「ありがと」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:43:37.29 ID:0p6v37tU0

―――少女とロボは、生きていく。

     世界で一番高いとこから、お互いの世界を焼き合う人間を見ながら。

     楽しいお喋りを続けて、そのお喋りがどちらからともなくやむまで。

     二人っきりで、生きていく。


ロボ「あ」

少女「ん?」

ロボ「閃いた」

少女「なにを?」

ロボ「お前、一人になりたくねーんだよな?」

少女「うん」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:43:40.78 ID:0V7WBcjC0
>>1はのふつれ氏か?

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:44:57.16 ID:0p6v37tU0

ロボ「ってことは、俺と一緒に居たいってことだよな?」

少女「そうだよ」

ロボ「それってさ」

少女「うん」

ロボ「お前が俺の事、好きだってことじゃねーの?」

少女「バレたか」

ロボ「人間は勝手だよなー」

少女「人間は勝手なんだよ」

チュドーン ドーン ドーン・・・



fin...


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:45:31.82 ID:0V7WBcjC0
おつだぜ

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:45:42.13 ID:3YxlK3dvO
支援した

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:46:42.53 ID:zbteRqlSO
素晴らしい。乙

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:46:46.04 ID:0p6v37tU0
ここまで読んでくださってありがとうございましたー。
ここまで読んでお口に合わなかった方は本当に申し訳ない。
途中泣きそうになったけど支援してくれてありがとうございました。
テキトーに質問に答えます。

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:47:59.98 ID:3YxlK3dvO
お・・・わ・・・
お、乙!

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:48:10.59 ID:7qI3O/Ax0


最後のロボの閃きは、新しいロボ作れば1人にならない
って感じのやつかと思った

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:48:34.85 ID:CyaZ/2GaO
>>90

こんな感じの本ってなんか知ってる?

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:49:05.81 ID:0V7WBcjC0
深いSSだったんだぜ
>>1はその死刑囚、買った系列の人?

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:49:28.77 ID:N3RDDjpH0
乙!

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:51:00.51 ID:B9WO6xpyO

深い
何か切なくなった

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:51:35.52 ID:ut5To8sqO

乙!!

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:51:36.10 ID:NEUCShLb0
このスレの3分の2が>>1の頑張りでできてます

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:51:47.98 ID:0p6v37tU0
>>92
ロボは基本的にそんなに頭良くないので
そういう現実的な考え方は出来ませんでしたw

>>93
んー、なんだろ。
一応読んで「こんな淡々としたSS書きてぇ!」って書いてみたけど
足元にも及ばない感じですし・・・。
あ、伊坂幸太郎好きなんで前の台詞をぽんぽん使うところは影響されてるかも。

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:54:05.12 ID:SdXH/BE10
これだからVIPはやめらんねえ
>>1
乙!

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:54:30.19 ID:0p6v37tU0
>>94
まさにそれ。その作者様みたいな話を書きたかったんです。
世界観を話で説明せずに、進んでいく温かい感じを読んで、
自分も書けるかな・・・、と思ったけどこんな感じでしたごめんなさい。

そしてもちろん自分はその作者様ではないですごめんなさい。

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:57:07.94 ID:+8Jrgk7B0
いち乙
こんなの読みたかったんだ

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:57:26.63 ID:B9WO6xpyO

乙です!あー素晴らしい!

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:57:29.22 ID:e2ZrRzSI0
面白かったよ乙!
なんか、あまりにもいい感じの雰囲気だったからみんな書き込まなかったんだよ

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:57:42.86 ID:CyaZ/2GaO
dクス
井坂孝太郎にその死刑囚、買った、ね
今度読んでみる
>>1のオススメなら期待できそうだ

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:58:05.85 ID:0V7WBcjC0
>>101
なるほど、
読みやすくてとても良いSSだったぜ
会話のみの作品って書くのかなり難しいよね

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:58:12.94 ID:zbteRqlSO
何で泣きそうになったの?

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 01:59:54.00 ID:Zt1S3Zi3O
幸せ、幸せの方ですかね

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:00:12.73 ID:3YxlK3dvO
ペース早いし支援少ないからさるさん来ないかと心配だたよw

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:01:46.03 ID:0p6v37tU0
>>104
そういってもらえるとありがたいです・・・w

>>105
是非どうぞ、どれもオススメですよ。
ベクトルがあってるのかどうかは分かりませんがw

>>106
こっちになれるとこんど地の文がかけない困った。

>>107
いつぼろくそ言われるか不安で泣きそうになったのと、
そのあとじわじわ支援してくれる人が居てくださったので。
どっちに転んでも、みたいなw

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:03:14.61 ID:0p6v37tU0
>>108
覚えていて下さって光栄です。
また読んでいただいてありがとうございます、嬉しいです。

>>109
前めちゃくちゃさるさんかかったんで、
今日は超慎重にやったつもりでしたww

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:04:51.93 ID:zbteRqlSO
なるほどww
大丈夫、皆見入ってたんだろうさ
凄く良かったと思うよー

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:05:00.14 ID:mW87b70dO
寝る前になんかいい気分になれた

乙っした

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:06:34.50 ID:0p6v37tU0
さて、返答といいながら全レスしてしまいそうなので、
申し訳ありませんがこの辺で切らせてもらいますね。

読んでくださった方、支援してくださった方、そして励ましてくださった方、
みなさんどうもありがとうございました。
またどこかで会ったらよろしくお願いします。
では、失礼しますノシ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:07:00.51 ID:OETWY+eHO
いちおつ!!
普段あんまり本読まない自分だが、理解出来たし読みやすかった。ちょっと感動したじゃねーかちくしょう!

クオリティたけー!!


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:07:56.57 ID:CyaZ/2GaO
悪いけど、その死刑囚、買ったの作者教えてくれないか?
ぐぐったが見つからん

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:08:45.80 ID:3YxlK3dvO
>>111
慎重でも支援が少ないのにこの早さは怖いw
次回作も期待してるぞ!
お疲れ様!

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:08:57.49 ID:Zt1S3Zi3O
>>111
やはりそうでしたか。
あなたの作品はとても優しくて好きです


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:11:56.77 ID:iCUHR7Ha0

よかった

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/28(土) 02:12:52.40 ID:0p6v37tU0
帰るといいつつ・・・

>>116
作者様に迷惑が掛かるとあれなので直リンは控えますが、
「その死刑囚、買った」でググれば出ますよ。
少し周ってみれば、サイトに飛べます。頑張ってください。

>>117
ありがとうございます、頑張ります!

>>118
ありがとうございます、そんなあなたが私も大好きです。

寝ます、ごめんなさい!
ノシ


36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)