5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(*゚ー゚)恋われたいようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 19:54:48.42 ID:x/jT4GZ30
立ったら投下

前スレ
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1243367875/l50

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 19:56:39.77 ID:x/jT4GZ30
ふざけんな

−(名前)−の表記があればそれ以下のレスはそのキャラ視点です
たまに予告なく第三者視点に変わります


詰まるとお題募集します
安価はなし

さるが怖いのでとても遅いペースで投下
そのまま落ちたら、まぁ、仕方ない

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 19:58:17.55 ID:x/jT4GZ30
クイズマジックアカデミーの数学の冷遇具合は異常。

2008年では数学は理科と合わせて「理系」として一緒にまとめられた。
地理歴史はそれぞれ1ジャンルとしてあるにも関わらずに、だ。

しかもその数学が含まれている「理系」の中で数学の問題は殆どと言っていい程出て来ない。
数学の問題が出ても「フィールズ賞を取った人物は〜」などだ。

おいてめぇふざけんな。計算式を出せ。
このゴ(ナ)ミが。

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 19:59:58.08 ID:x/jT4GZ30



一定の連続存在 /4/




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:02:28.43 ID:x/jT4GZ30
−ぼるじょあ−


( ・3・)「んーんーと、あるぇーまだ埋まってるねぇ」

お気に入りを3、4軒見に行ったが、どこも人で埋まっている。
一巡して入口に戻ってしまった時、本日限定割引サービスの看板に気付いた。
昼食、英語で言うとランチタイムでもないのにだからか、と溜息を吐く。

( ・3・)「常連の身にもなってほしいNE」

さて、何処で時間を潰そうか。

ゲームセンター。却下。金の無駄遣いは好きではない。
その辺をぶらぶら探索。NO.足が疲れるのは嫌だ。
他の飲食店を探す。却下。そこまでする気にはならない。
本屋。おk.何か小説でも買ってそれを読んでいよう。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:05:13.60 ID:x/jT4GZ30
本屋まで後5メートルという地点で彼らを見つけた。
片方が一応見知った存在なので手を振る、向こうもこちらに気付いた。

彼らに時間があれば、だべって時間を潰そうと考えを変える。

( ・3・)「YO-久しぶり。内藤と? 初めまして」

( ^ω^)「おっ、こっちはショボンって言って同じサークルなんだお」

知らない方は内藤より半歩下がった位置で様子を窺っている。

(´・ω・`)「どうもよろしく、君は…」

( ・3・)「理工の生物生産2年ぼるじょあだYO-よろしくNE」

それから遠回しに留年しているかしていないかを聞いて、双方確認し合う。
留年はしていない。タメだ。

おk大丈夫、問題ない。
大学では同じ学年だからと言って油断はできないのだ。

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:07:09.96 ID:TIytAcUVO
お、きた
しえん



>>3は誤爆かと思ったら>>1だった
突然何を言い出すんだよ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:07:53.15 ID:x/jT4GZ30
( ・3・)「え、シャキン先輩の弟?」

(´・ω・`)「そうそう」

( ・3・)「HE-、先輩には世話になったんだYO。元気かい?」

(´・ω・`)「うん、無駄にね」

( ・3・)「あはは」

お互い、表面的な事しか話さない。
周囲から見れば、何処か空気に堅さが伴うような会話。
最初の内だからこれでいい。これから親睦を深めればいいのだ。

それに彼とは気が合いそうなだ。やかましいのは好きじゃない。

( ・3・)「あ、時間だNE」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:10:05.99 ID:x/jT4GZ30
(´・ω・`)「ん? 何か用事?」

( ・3・)「用事ってか待ち合わせしてたんだYO-近くの喫茶店に入ろうにも人がいっぱいでSA」

(´・ω・`)「あー今日は此処が出来た記念とかで割引サービス中だからね」

( ・3・)「そうなんだ」

それじゃと言って軽く手を振って去る。
そう言えば待ち合わせ場所にいないが、山崎はどうしてるだろう。
どうにでもなるか、と気楽に考える。
何かあったらあの三文字を唱えるだろう。


(^ ^  )『ぬるぽ』


( ・3・)「…殴りたくなってきたYO」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:11:58.64 ID:x/jT4GZ30


ちなみにこの間、内藤は近くの自動販売機にガムを詰め込んで遊んでいた。




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:14:08.80 ID:x/jT4GZ30
−ショボン−


( ;^ω^)「ごめんお、なんかどうしてもやってみたくなってつい…」

(´・ω・`)「あーうん、君の行動はADHDの衝動性には含まれないからね
      あそこの監視カメラが怖いから逃げるよ、僕だけ
      それともう一度こんな事する気があるなら金輪際近寄らないでくれ」

( ;^ω^)「ちょまwwwガム取るの手伝わないのかおwwww」

(´・ω・`)「既に手遅れ」

内藤が振り向いた先には鬱々とした表情の男性の姿。
小柄だが、晒し出すその陰鬱な空気が顔に陰りを作り、その顔を老けさせている。

その男はがま口から小銭を取り出すと自動販売機に500円玉を投入した。
隣の内藤は青褪めている。

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:14:55.28 ID:TIytAcUVO
ああ、スマン
いらんことしてしもうた

しえん

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:16:04.36 ID:x/jT4GZ30
−ドクオ−


('A`)「ん…?」

今俺がボタンを押す前にコーラが出て来たような。
下を確認すると無情に転がるペットボトルのコカ・コーラ。
間違いない、俺はボタンに触れていない、なのに、出て来た。

一瞬ポルナレフっちまったぜ。

('A`)「マジかよ…俺覚醒しちまった…」

川 ゚ -゚)「何をやっているんだ」

千円札を片手に俺の後ろに並ぶねーちゃん。
目の前の自販機でそれを砕くつもりのようだ。
こんな奴の所為で釣り切れが起きる。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:18:12.03 ID:x/jT4GZ30
(*'A`)「それよりねーちゃん! 俺」

川 ゚ -゚)「あ、ガムくっついてる」

('A`)「え?」

川 ゚ -゚)「ほれ見ろ」

ここ、こことねーちゃんの指さす先にはへばり付けられた粘着質の物体。
それは非情にもペットボトルのコカ・コーラが買えるボタンに付着している。

齢18にして魔法使いに目覚めた天才かと期待した俺がバカだった。
ああバカだった。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:20:31.69 ID:x/jT4GZ30
川 ゚ -゚)「やれやれ仕方ない。おバカな弟の為にお姉ちゃんが金を出してやろう」

('A`)「え、いや俺はコーラで」

川 ゚ -゚)「優しいねーちゃんは、この新発売のちょっと高めなコーヒーをお前にやる」

('A`)「缶コーヒーは嫌いだ、つかちょっとま」

川 ゚ -゚)「待てと言うかその口が」

だが断る! とねーちゃんが叫びながら開きっ放しだった俺のがま口から500円玉を抜き取り、
ガムのついたままの自動販売機に500円玉をぶち込んだ。

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:22:33.26 ID:x/jT4GZ30
当たり前だが、出てくるのはペットボトルのコカ・コーラだ。


川 ゚ -゚)「…」

('A`)「……」

川 ゚ -゚)「…実は私もコーラを飲もうとしていたんだ」

('A`)「嘘つけやい」


ああ、今なら空気を掴んでエアクライミングだって出来そうだ。
ペットボトルの底のほうでねーちゃんの脇腹をどつきながらそんな事を考える。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:22:59.79 ID:TIytAcUVO
しえーん

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:26:57.03 ID:x/jT4GZ30
−ショボン−


(´・ω・`)「今時がま口とかwwww」

(  ゚ω゚)

(´・ω・`)「どうした内藤、その顔スペースを取ってオメガを横にしたら田中ポセイドンだぞ」

(  ゚ω゚)

(´・ω・`)「最後にペットボトルの所にガムをくっつけたのは君の良心だと勝手に解釈しておく
      120円投下しても品が出て来ない事に客が気付けるようにというね、それじゃ」

そうして僕はあの姉弟が気付く前にと走って逃げる。






やっべなんか追って来た。

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:28:19.92 ID:lgJHvaE60
誤爆乙

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:28:26.76 ID:NbT7ywkoO
誤爆乙wwww

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:29:35.17 ID:pAbpK2BPO
誤爆乙wwwwwwww

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:30:12.26 ID:x/jT4GZ30



恋われたいようです ./1/
足して十になる物理/2/
夢の泡沫に添えて./3/

一定の連続存在 /4/    END.

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:31:38.30 ID:x/jT4GZ30
4に使ったお題

70 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/27(水) 08:26:00.02 ID:ey+hiFUBO

金輪際

71 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/27(水) 09:03:53.91 ID:D9LloaFyO

クライミング

75 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/05/27(水) 11:52:07.34 ID:TrCIZzX70

缶コーヒーは嫌い

76 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/27(水) 12:01:19.30 ID:IunSWHy6O

ランチタイム


誤爆したスレの方々本当にごめんなさい
冷や汗が出るギコナビなんてもう

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:32:56.99 ID:x/jT4GZ30
こっからすこしおかしくなるよ
あと途中までしか書き溜めてないから6レス目からながら投下

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:34:12.27 ID:gp0NK29zO
また誤爆かwww

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:34:16.54 ID:NbT7ywkoO
支援でやんす

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:34:40.73 ID:x/jT4GZ30
私は今銀色の円筒の中にいる。
どうしてこうなったのか、何故そうなったのか。

人である私にはわからない。
人である私には理解出来ない。

しかし彼らは人ではないから、私がこんな感情を抱いている事が理解出来ないのだろう。


多分。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:36:22.85 ID:x/jT4GZ30



覚えておいて花 /5/




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:37:33.99 ID:ey+hiFUBO
お、来てた
支援

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:38:56.80 ID:x/jT4GZ30
<謎の失踪で世間を賑わせた大富豪 荒巻 スカルチノフの手記より>


私は今とても後悔している。
これを書いているのは彼らの慈悲か、好奇心か、それはわからない。
ただ、今の私が心の底から浮上する思考をこれに連ねろと言った。
そして、これは彼らが大事に保管してくれるのだと言う。
彼ら自身の好奇心の対象として、大事に保管してくれると言うのだ。

彼らは私に、我々に嘘は吐かない。
吐く価値さえもないのだろうと、邪推をする。

私の居た場所には、これと寸分変わらぬ複製が届くと言う。
ただ、都合の悪い個所はこちらで削除させてもらうとの事だ。

それでいい。それでいいのだ。
何一つ文句はない、愚痴もない。私は幸福だ。
何せ私の生きた証は、人類が滅びても尚、時間の終わりまで遺るのだから。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:40:43.94 ID:x/jT4GZ30
まずは、私がこの手記を書く事になった原因について記そう。
とは言っても、これは推測の域を出ないので、鵜呑みにするのはやめてほしい。
私の思考以外は、あくまでも、私の推測に過ぎないのだから。

私の名前は荒巻スカルチノフ。親兄弟は既に亡く。妻も先立ち、息子と、孫が一人。
世間では大富豪と言う事になっている。
それもこれも、全ては=========<この部分は文字が消えている>のお陰だ。
いや、お陰、と言う言葉は違う。当て嵌まらないのではなく、無礼な言葉だ。
今ある私の全ては=========の恩恵なのだ。

信じる、信じないは各個人の好きなようにしたらいい。
私自身、こんな状況になってさえ、まだ心の何処かに疑念があるのだ。

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:42:12.26 ID:x/jT4GZ30
私は人の一生では遊び呆けても使い切れぬ程の財を手に入れ、
金では買えないと言っていた人の心もこれで手に入れた。

私はこの世のあらゆる酸いも甘いも味わい尽くし、そして唐突に寂しくなった。
人の暗い部分も汚れた部分も、綺麗で神聖と思うような部分でさえ私に満足感を齎せない。
空虚感に襲われた、とでも表現したほうが適切だろうか。


私は私としてこの世に何かを残したくなったのだ。
人々から忘れ去られる事に急に怖くなったのだ。
それがその焦燥感が、物理的な圧迫感を伴って私に襲ってきた。

私には誇るべき息子と、可愛らしい孫娘がいる。
それでも、彼らもいつしか私と同じ場所に立ち、そして死んでいく。

今ではこうしてマスメディアにも顔を出してはいるが、それも一時の流行り廃れだろう。
そのうち世間など見向きもしなくなるに違いない。

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:43:14.67 ID:x/jT4GZ30
歴史に名を刻む程度では足りない。
社会に貢献するのではなく、逆に何か大きな爪跡を残そうかと考えたが断念した。
人類はいつか滅びるのだ。そして星が揃えば地球は彼らの物となる。

人では、駄目だ。
人にはそもそも忘却というものがある。
人には、無理だ。

だから私は、こんな事を考えた。

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:46:56.93 ID:lgJHvaE60
支援だ

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:49:36.04 ID:x/jT4GZ30
私の血を受け継ぐものは作ったが、それが永遠に続くものではない。

肉体は滅びる。あるものはいつか滅びる。形あるものは。
ならば=========はどうか。彼らは。

彼らは肉体的ではなく精神的な==として永遠に―彼らに永遠と言う概念があるのか定かではないが―
続き、その子孫は精神的な==の子孫として生きると言う。
そもそも、彼らの肉体的な死が精神にまで及ぶものかどうか私にはわからない。

ただ、==を超えて存在する彼らならば、彼らとの子供ならば損なわれる事はないだろう。
人類滅亡後の繁栄も約束されている、決定されている、彼らならば。

しかし、どうやって子孫を作ろうか。
私は男であるし、この世に顕現している彼もまた生物学的には男だ。
精神体である彼らに性別と言う概念はないだろう。

…到底無理かも知れないが、
====の隙をついて受精済みの卵子を宿した子宮を埋め込めば…

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:50:38.99 ID:x/jT4GZ30
 


 

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:53:31.22 ID:x/jT4GZ30

そこで私の思考は途切れた。

唐突に現れた、目の前の存在によって。
いや、目の前の存在は何もしていない。
ただ、現れただけだ。

だが、私はそれを確認した瞬間、全身から冷や汗が噴き出るのを感じた。
極度の緊張が全身を覆い、過敏症のような神経が空気の密度すらも苦痛として取り込む。

煉瓦を突き抜け響く雨音が鼓膜に痛い。
ああ、そう言えば彼と初めて出会った日も雨であったかとつまらぬ思考に走る。

暫く、一瞬、どれ程の時が過ぎたか判らないが、私はこの状況を理解した。
先程の馬鹿げた妄想を、未来の私は実行しようと…いや、してしまったのだろう。

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:54:27.28 ID:TIytAcUVO
しえん

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:56:42.09 ID:x/jT4GZ30

だからこそ、彼、     は此処にいる。
未来を変える為に、その原因たる私に直接介入して来たのだろう。

「わかっているな?」

地の底から響くような、それでも抑揚の全くない声で   は言った。
それが声帯を震わせて口から発生させられた音であるのかどうかは怪しい。
体は人間だ、体だけは。精神は、肉体にも影響を及ぼすものなのだろうか。

彼らに感情はあるかどうかわからない。
そもそも、彼らの言葉や表現や行動を、人の言葉で表せるかどうかはわからない。

ただ、私の運命は最初から彼らの手の内にあったようだ。
彼が目の前から消えても尚、私は動く事ができなかった。

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 20:59:44.80 ID:x/jT4GZ30



私はどうやら脳だけを取り出され、===に贈られるらしい。
一応==に貢献した者として、そちらでは丁重―彼らの丁重はよくわからないが―
に扱ってくれるようだ。が、まだ不安が残る。
しかし、彼らと===が繋がっていたとは新しい発見だ。
悔しくは、今の私には既にそれを伝えるべき手段を持たない。

===での私の死期は私自身が決めていいと言う。
ただ、人類滅亡までは、拒否しても無理矢理生き続けさせる、と。

私の願いは叶ったりだ。
私に発声器官は既にないが、よくわからないおどろおどろしい機械と思われる物体から、
生きていた頃の私と―今も一応生きてはいる―寸分違わぬ声がそれに二つ返事で承諾した。
是が非でもと言った時に、彼の顔が笑みの形に歪んだようにカメラ―と一応言っておく―
を通して見えた。それがどのような意図の表現であったか私にはわからない。
ああ、わからない事だらけだ。


そうして私は===に居る。
ここから見える太陽は酷く儚く脆く、まるで壊れ逝くようだ。

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:00:07.13 ID:KSaqoL6M0
支援

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:01:12.36 ID:TIytAcUVO
しえんんん

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:02:10.29 ID:x/jT4GZ30
最期に



リリィや、私の可愛い孫娘や。
この愚かで下劣極まりないこの爺やを許しておくれ。

私はこの状態を、それでも幸福と捉えてしまう程に狂ってしまっていたのだ。
この愚かな狂人をどうか、どうか



<文章はここで途切れている>

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:05:38.97 ID:x/jT4GZ30
この文書は荒巻 スカルチノフ氏が執筆したものである。
専門の者に調べさせた所、この手跡は荒巻氏のもので間違いないとの事。

これより読み取れる事は、彼が何か薬物の類を服用していたか、
何か恐ろしいカルト教団に入信していたかどうかと言う事だ。

しかし、彼の親しい友人や家族に尋ねても、誰も何も知らないと言う。

これが公表された日には、その界隈に点在する集団が我が教団こそ彼のと声高らかにして、
それこそ壁の中に存在する鼠のように、鼠よりも煩く汚らしく冒涜的な呪詛を吐いた。
(これが原因でカルト教団の一斉検挙が行われたのだがそれは余談である)

荒巻 スカルチノフは、その温厚な人柄で周囲の信頼も厚かった。
それがどうしてこんな狂人めいた手記を遺書として遺したのか。
私には、何もわからない。

<ハインリッヒ 高岡   20XX年 X月8日>

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:06:52.50 ID:TIytAcUVO
しえーん

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:07:46.75 ID:x/jT4GZ30



恋われたいようです ./1/
足して十になる物理/2/
夢の泡沫に添えて./3/
一定の連続存在 /4/

覚えておいて花 /5/    END.

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:09:50.56 ID:x/jT4GZ30
5に使ったお題

73 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/27(水) 10:52:49.59 ID:0c92STWbO

始まりはいつも雨

74 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/27(水) 11:06:39.80 ID:2ZBOREoOO

壊れ太陽

78 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/27(水) 12:47:44.96 ID:qSaeYC3T0

是が非でも

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:10:56.91 ID:TIytAcUVO
しえん

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:14:02.90 ID:x/jT4GZ30
支援ありがとう
消化出来てないお題は次の話で
今から飯風呂コンボです

保守は自分で携帯からするので他のスレへの支援を
ついでに5つくらいお題募集


誤爆したスレの方々へは本当にもう

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:20:37.27 ID:pZjM+hTfO
取りあえず俺

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:21:28.95 ID:lgJHvaE60


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:22:57.96 ID:pZjM+hTfO
やっべ途中送信

>>50
取りあえず俺の電話これ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:23:12.92 ID:ey+hiFUBO
>>49
乙です

見せ付けの舌打ち

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:26:20.93 ID:TIytAcUVO


お題:綿棒

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:36:17.77 ID:pZjM+hTfO
把握
まだ募集

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:41:41.76 ID:SLJwg8kI0
とろける夕焼け

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:50:48.85 ID:pZjM+hTfO
把握
まだぼ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 21:58:33.33 ID:pZjM+hTfO


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 22:06:00.08 ID:pZjM+hTfO


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 22:20:10.86 ID:pZjM+hTfO


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 22:22:11.13 ID:NbT7ywkoO
hi-lite

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 22:27:52.36 ID:x/jT4GZ30
>>61
煙草のハイライトでいいんだろうか
違っていたら何か一言お願いします

これから風呂なので落ちてた時は明日また立てます

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 22:41:42.10 ID:NbT7ywkoO
>>62
あ、そうですスイマセンw

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 22:52:48.92 ID:NbT7ywkoO
保守しゅ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:01:14.91 ID:x/jT4GZ30
前スレお題消化できたから取りあえず1話だけ投下

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:02:14.45 ID:TIytAcUVO
ならば支援

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:04:13.59 ID:x/jT4GZ30


こねて、こねて、考える。

どうしたら、おいしくなるのか。




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:06:02.11 ID:x/jT4GZ30



パン屋の邂逅 ./6/




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:07:15.99 ID:x/jT4GZ30
−しぃ−


(*゚ー゚)「ほらこっちこっち! 早く来てー早く来てー」

( ´_ゝ`)「これで勝つる?」

(*゚ー゚)「タイムサービスにね、さあ行くわよー」

どっせーい! と掛け声と共に扉を勢いよく開け放つ。
木目が浮き出たセンスのいい質素なデザインの部屋が私達を迎え入れる。
窓を覆う白いレースのカーテンは、きつ過ぎる日光を柔らかくしてくれていた。
煌びやかな、目に痛いような飾り気はなく、逆にそれが安心感をもたらす。

その場所に、私達以外の客は、いない。

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:09:17.64 ID:x/jT4GZ30
(*゚ー゚)「あれ…?」

( ^ω^)「どうしたんだお?」

つま先立ちになって、カウンターの奥まで確認する。
店員すらいない。厨房からも音はしない。若干の不安を覚える。

(;゚ー゚)「な、なんで私達以外に誰もいないの? まさか今日定休日…」


「おーよく来たなお前ら! 待ってたぜ!」


(*゚ー゚)「んえ?」

ババーソと言う効果音と共に、それは現れた。
頭上には1mは越えるのではないかと疑う程長いコック帽。
そしてその若く瑞々しい肢体をその陽光の下に惜しげもなく晒すそいつはまさしく、

(;゚ー゚)「へ、変態!」


ボディービルダーが取るようなポーズをする。

( ・∀・)「奥様方には好評なんですが」

コック帽と白いエプロンのみを身に付けた変態だった。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:10:15.46 ID:NbT7ywkoO
支援ですわぃ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:10:56.69 ID:x/jT4GZ30

( ・∀(#)「いやっははは、手痛い歓迎だぜ」

(#゚ー゚)「取りあえず服着て来なさい」

( ・∀(#)「おk把握」

変態はすごすごと奥のほうに消えて行く。
心なしかコック帽までへたれている。
私は後ろの二人を睨みつけた。

(#゚ー゚)「で、説明してもらいましょうか?」

( ^ω^)「んな事言われても…」

( ´_ゝ`)「説明する暇もなくしぃが突っ込んで行ったんだよ」

(*゚ー゚)「もうそれはいいから説明plz さっきのあの変態は何?
    何で誰もいないの? 今から町が霧に包まれてサイレントヒル展開?」

( ´_ゝ`)「ここは俺の先輩の店で、今日は特別に貸し切りな
      そんでさっきしぃが右ストレートでぶっ飛ばした人が俺の先輩
      あとそんな怖い事になったら俺は自殺する為に拳銃を探すわ」

( ^ω^)「僕はフラグを見つける為に走り回るお
       何ならいっそナースでも構わない」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:13:05.90 ID:x/jT4GZ30
脱線した話に華が咲き、ようやく変態の存在を思い出した時には10分過ぎていた。
まだ着替えてるのかと言う私の問いに兄者がそうなんじゃない? と曖昧に返す。
内藤が男だって身嗜み整えるのには時間がかかるお…と呟いた。

(*゚ー゚)「あなたに整えられる程の身嗜みがあるの?」

内藤は泣き崩れた。
それから更に5分程経ち、内藤がようやく泣き止んだのを皮切りに、
変態の様子を誰か見て来い、むしろ連れて来いと言う話になる。

( ´ω`)「僕はまだ無理だお…動けないお」

(*゚ー゚)「それじゃあ兄者、いってらっしゃい」

( ´_ゝ`)「何故俺が」

(*゚ー゚)「あなたの先輩なんだし、適任だからよ、さっさと行ってらっしゃい
     それともあなた、女の子に男の着替えを覗かせる気?」

( ´_ゝ`)「しぃなら別に問題無」

ふざけた事を言う口を塞ぐ為、カウンターの方向に巴投げでぶん投げた。
何か硬質なものがいくつか割れるような音が響いたが気にしてはならない。

あのセクハラへの損害賠償だ。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:14:51.39 ID:NbT7ywkoO
支援支援

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:15:02.53 ID:x/jT4GZ30

( *・∀・)「ごめん…鏡の前に立ったらつい自分の美しさに見とれて…」

まるで遅刻した時の逸脱な言い訳を考えろスレからそのまま引用してきたような台詞だ。
しかしこの変態だと、それが冗談なのかどうかわからない。
寧ろ八割方本気のようにも見える。さっきの怪我はどこに消えた。

(*゚ー゚)「もっかい殴ってあげようか? 次は前歯ロストさせてやるわよ」

( ・∀・)「ごめんなさい」


それから試作のパンとケーキとクッキーをもらって食べた。内藤は皆の2倍食べた。
紅茶で一服していると、ケーキの感想があったら言ってくれと言われたが正直困る。
パンもケーキもクッキーもおいしかった。それだけだ。
グルメ評論家でもない、ただの素人の私はそれしか言えない。

( *・∀・)「いや、いいんだ。そういうのが嬉しいんだから」

そう言って、鼻歌を歌いながらカウンターの奥に消えて行った。
夕食をごちそうしてくれるらしいから、素直にいただこう。

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:16:38.30 ID:x/jT4GZ30
ベランダの小さいテーブルの上に焼き立てのピザとクロワッサン。
そして内藤のリクエストで洋風伊風の食べ物が並ぶ机に鍋焼きうどんが乗せられた。

( ^ω^)「おおおありがとうだお!」

( ・∀・)「いいよいいよ、うどんとか久しぶりだし」

二人はあまり物の並びを気にしないタイプらしい。
パン屋がパン生地をこねるのはうどん粉をうつのと似ているのかと考える。
てかちょっと待て、ピザの香りとうどんのダシの香りでこの場が程良いカオスに。

(*゚ー゚)「あれ? あんた誰に電話してんの」

( ´_ゝ`)「寿司屋、開店祝いに俺からの奢りだよー」

( ^ω^)「兄者ってば太っ腹!」

( ´_ゝ`)「ははは、この本物め、ちなみに特上」

( *・∀・)「マジで!? すっげー俺後から金くれとか言われても絶対払わないから!」




そしてテーブルの上には特上寿司とケーキとピザとパンと鍋焼きうどんが並んだ。

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:18:54.06 ID:NbT7ywkoO
酷い料理の組み合わせだなwww

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:19:07.75 ID:x/jT4GZ30
内藤がうどんを飲み、私がピザを齧る。
モララーと名乗った変態は、今は兄者にピザの感想を聞き、それをメモっている。
スパイスの量がうんたらかんたらと言う話を聞いても料理音痴の私は全くわからない。
興味もないので、口に含んだピザをそのまま飲み込み、ケーキに手を伸ばした。


( ^ω^)「…で、タイムサービスってのはあの格好の事だったのかお」

( ´_ゝ`)「お前は客足をどうしたいんだ」

( ・∀・)「だから言ったろ、奥様方には好評なんだって」

( ^ω^)「僕らは引いたお」

怒りを通り越して呆れてきた。
ケーキも顔もいいんだから、普通にしたらいいのに。

(*゚ー゚)「調子に乗ってるといつか足元をすくわれるわよ」

( ・∀・)「いやもう君に救われたから、今度からもうやらないよ
      これは新装開店記念のおばさん向けのサービスって事で」

それでいいんだろうか。

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:21:16.73 ID:x/jT4GZ30
食べて騒いで酒買って飲んで。



暗くなって、泊めてもらう事になった。
男3人に女1人とかそれなんて輪姦フラグ? と思う諸氏もいるだろうが、
そんな犯罪が起こるのはTVと二次元だけだ。

大体、モララー先輩は既に婚約者がいるらしい。
そんな気の迷いも起こさないだろう。



(*゚−゚)「結婚…か」

彼は、兄者はどうなんだろう。
そう言えば、王様ゲームで告白した時の返事。

まだ、聞いていない気がする。

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:22:25.58 ID:2ZBOREoOO
コンクリ支援

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:23:37.30 ID:TIytAcUVO
ビザ界に新たな名言が

「うどんは飲み物」



しえん

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:24:18.45 ID:x/jT4GZ30
コピペミスった

>>79

( *・∀・)「じゃじゃーん! 」

( *^ω^)「開ーけーろ! 開ーけーろ! それイッギぶぁぐごば」

食べて騒いで酒買って飲んで。



暗くなって、泊めてもらう事になった。
男3人に女1人とかそれなんて輪姦フラグ? と思う諸氏もいるだろうが、
そんな犯罪が起こるのはTVと二次元だけだ。

大体、モララー先輩は既に婚約者がいるらしい。
そんな気の迷いも起こさないだろう。



(*゚−゚)「結婚…か」

彼は、兄者はどうなんだろう。
そう言えば、王様ゲームで告白した時の返事。

まだ、聞いていない気がする。

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:25:22.60 ID:x/jT4GZ30
更にミスって泣きそう

>>80
え? 何誰?

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:26:33.65 ID:x/jT4GZ30
( *・∀・)「じゃじゃーん! 伝説の焼酎『魔王』!!!」

( *^ω^)「開ーけーろ! 開ーけーろ! それイッギぶぁぐごば」

食べて騒いで酒買って飲んで。



暗くなって、泊めてもらう事になった。
男3人に女1人とかそれなんて輪姦フラグ? と思う諸氏もいるだろうが、
そんな犯罪が起こるのはTVと二次元だけだ。

大体、モララー先輩は既に婚約者がいるらしい。
そんな気の迷いも起こさないだろう。



(*゚−゚)「結婚…か」

彼は、兄者はどうなんだろう。
そう言えば、王様ゲームで告白した時の返事。

まだ、聞いていない気がする。

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:27:34.55 ID:TIytAcUVO
しえん

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:28:10.18 ID:x/jT4GZ30



恋われたいようです ./1/
足して十になる物理/2/
夢の泡沫に添えて./3/
一定の連続存在 /4/
覚えておいて花 /5/

パン屋の邂逅 ./6/     END.

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:29:15.40 ID:x/jT4GZ30
6に使ったお題

51 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/05/27(水) 21:21:28.95 ID:lgJHvaE60




前スレお題

69 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/27(水) 07:59:32.29 ID:beHTntbOO

足元をすくわれる

72 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/27(水) 09:15:27.96 ID:q7UIJVwZO

伝説の焼酎『魔王』


最期のお題どうしようか本気で悩んで悩んだ挙句ぶん投げた
反省はしていない

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:32:47.99 ID:x/jT4GZ30
支援ありがとう。
今回の投下はこれで終わりです。

>>80めコンクリートの世界が来てるのかと思って淡い期待を抱かせやがって

質問とかあったらどうぞ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:32:49.88 ID:NbT7ywkoO
魔王美味しいよね
サラリとして

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:35:28.61 ID:NbT7ywkoO
前スレを見ていないので話の流れは最初は良くわからなかったが面白かった
乙でした!

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:42:31.16 ID:NLMOfq8W0
兄者としぃうまくいくといいな
乙!

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/27(水) 23:52:01.86 ID:lgJHvaE60
お、乙

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)