5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(*゚ー゚)恋われたいようです( ´_ゝ`)

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:34:07.88 ID:VtCAowCp0
   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒) 明日月曜日なのにんばばばばば
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/    ∩―−、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ まとめんばばばあびゃばばっば
  /      /      | /(入__ノ   ミ 
 |       /       、 (_/    ノ   くるくる羅針盤
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー tp://kurukururasinban.blog33.fc2.com/blog-entry-528.html
 | /    )  )       \       _ オムライス
 ∪    (  \        \     \ http://vipmain.sakura.ne.jp/663-top.html
       \_)

−(名前)−の表記があればそれ以下のレスはそのキャラ視点です
しかし予告なく第三者視点に変わったりしていて自分でもわかりません

話のジャンルも自分ではわかりません

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:35:56.05 ID:SpeVDzro0
まだ読んでないけど期待できるからオムライスで読んでくる

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:36:36.24 ID:V9Bhs3IUO
連日元気だな
支援

4 : ◆xT0G/h.TcM :2009/05/31(日) 23:36:50.92 ID:VtCAowCp0
さるくらった時用の酉

さる怖いのでゆっくり投下
まずは前スレのお題消化話から

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:40:40.66 ID:VtCAowCp0
( ´_ゝ`)「403号室か」

( ^ω^)「隣が404号室かお、4階の404号室とか…」

(*゚ー゚)「途中に0が挟まって4並びの部屋なんてよくあるもんよ
     でも流石に入る気にはなれなかったから隣にしたワケ」

がちゃり

(*゚ー゚)「さ、どうぞー」

( ^ω^)「お邪魔しますだおー」

( ´_ゝ`)「…」

( ^ω^)「お? 兄者も入れお」


( ´_ゝ`)「…404 File Not Found、まさにその通り…なんつって」

( ^ω^)「.」

( ´_ゝ`)「ごめん」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:42:30.69 ID:z7kHjZC6O
寝ようと思ったのに
寝ようと思ったのに

しえん

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:43:14.50 ID:VtCAowCp0



どんまい/2/




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:44:19.79 ID:VtCAowCp0
−ブーン−


此処がしぃちゃんの部屋かお…なんだか女の子の部屋って感じがしないお。
女の子と男の部屋が中途半端に混ざった挙句ワイルドさで割ったような。
んーあの黄色い電気鼠のぬいぐるみが女の子らしいっちゃらしい。
しかし、その隣に並ぶガンプラが素直な評価を下すのを躊躇わせている。

僕が部屋を見回して勝手な評価を下していると、キッチンから彼女が戻って来てこう言い放った。

(*゚ー゚)「二人とも、悪いんだけどお風呂入ってくれる?」

( ;^ω^)「えええもう風呂!?」

ばっと壁の時計を見る。18時。早くないか。

( ;^ω^)「今はご飯の時間だお」

(*゚ー゚)「いやー風呂入られてないのに部屋を歩き回られるのにちょっと抵抗があって
    それに内藤今日は生物実験入ってたって聞いたわよ。白衣忘れたんですって?」

そうでした。

( ^ω^)「でも空きっ腹で風呂に入るのはきついお…」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:46:47.16 ID:z7kHjZC6O
腹一杯で風呂の方がキツいような

しえーん

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:47:37.68 ID:VtCAowCp0
(;*゚ー゚)「シャワーでいいわよ。ご飯はごめん、すぐに食べれるものがないの」

( ^ω^)「おっそうなのかお」

( ´_ゝ`)「じゃあ俺飯作ってるからお前先に入れ」

(*゚ー゚)「着替えとか寝る場所は私が準備しておくわ」

( ^ω^)「わかったお」

でも。

( ^ω^)「僕が一番最初に風呂に入って、本当にいいのかお?」

(*゚ー゚)「へ?」

( ^ω^)「いや、こう言う時は女の子が先に入るモンじゃ…」

(゚ー゚*)「…そうなの?」

( ´_ゝ`)「俺に聞かないでくれ」


よくある『お父さんの入った後のお風呂なんか嫌だ』的展開に似たものが来ると予想していたけど…。
しぃってやっぱりどっかずれてるお。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:48:55.05 ID:VtCAowCp0
浴室。



ざあああああああああ


(ヽ^ω^)「……」


ざあああああああああ


(ヽ^ω^)「シャワーでも空きっ腹はきついお…」


ざあああああああああ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:51:01.43 ID:ZdEygMEDO
ゆっくり頑張れ支援

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:51:58.15 ID:VtCAowCp0
(。0^ω^)サパーリ

おおタオルどころかパジャマまでもが用意されている。
ご丁寧に男ものの下着まで。これはどういう事だ。
後でしぃを問い詰める必要があるな。


( ^ω^)「ズボンが少し苦しいお…」

だが仕方ない。
このブーンを受け入れる事が出来る器などこの世には少ないのは周知の事実。


( ´_ゝ`)「おおブーン、意外と長かったな」

( ;^ω^)「兄者サン、そんな所で何してはるんですかお」


声は下から聞こえた。
体育座りをして、まるで貧乏神のように部屋の角に収まっている。
こんなでかいの、間違っても座敷わらしではない。

ああ、きのこが幻覚で見える。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:55:16.58 ID:VtCAowCp0
( ^ω^)「なんで体育座り…」

( ´_ゝ`)「あれ、前にも言わなかったっけ? 母方の実家で雪降ししてたら
      足場が崩れて雪と一緒に屋根から落ちたって話さ」

( ^ω^)「聞いたような…聞いてないような」

( ´_ゝ`)「その時の後遺症。靭帯が変に伸びて、胡坐かけなくなった」


( ;^ω^)「おおう、そうだったのかお」

やばいそんなん知らなかった。


( ´_ゝ`)「まぁ、そんなに困ってないよ。組体操の時とか強制見学になるくらい」

( ;^ω^)「いいのか悪いのかわからんおね」

一部の人には羨ましがられるな、それは。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/31(日) 23:57:06.89 ID:VtCAowCp0
( ^ω^)「雪かお…そう言えば、雪国の人って雪が降っても傘差さないって聞いたけど本当かお?」

( ´_ゝ`)「え? 雪降ったら傘差すの?」

( ^ω^)「え? そんなん当たり前だお」

( ´_ゝ`)「え?」

( ^ω^)「え?」


ぷぴー


気の抜けた音が響く。

( ´_ゝ`)「あ、カレーできた」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:00:16.78 ID:OoT8gPtNO
この作品の兄者がなんともいえず好きだ

支援

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:01:14.05 ID:8xQCoy5K0
( ^ω^)「食べていいかお?!」

( ´_ゝ`)「いいよ…てか食う為に以外にどんな目的でカレー作るん」


僕は兄者の言葉を最後まで聞かずに、キッチンへ向かって駆け出した。


( *^ω^)「いい匂いだお!」

炊飯器の蓋を開け、用意されていた皿にご飯をよそる。
その上にカレーをかけて、

( *^ω^)「いただきますお!」


( ^ω^)「辛いお! 水!」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:04:34.97 ID:Hy0bb0wYO
支援する

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:04:40.07 ID:8xQCoy5K0
−しぃ−


兄者の分の着替えを用意して、キッチンに入って見たものは直立不動で飯をかっこむ内藤の姿だった。
水を求めていたので冷蔵庫から冷えた水のペットボトルを取り出し、首筋に当てる。

( ^ω^)「おぶふ」

(;*゚ー゚)「汚っ」

噴出した。しかし、これは自業自得。内藤の事を責めれはしない。
床にはこぼれていないようでよかったよかった。

(*゚ー゚)「せめてテーブルに座って食べなさい。行儀悪いわ」

内藤は私からペットボトルを受け取る。

( ^ω^)「んがもぐもぐお」

(;*゚ー゚)「食べ歩きもしないの!」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:08:15.93 ID:8xQCoy5K0
内藤と入れ替わりに、兄者が今シャワーを浴びている。


(*゚ー゚)「内藤って甘党だったのね」

( ^ω^)「違うお、辛いのが苦手なんだお」

(*゚ー゚)「中辛も無理なの?」

( ^ω^)「辛いのは駄目なんだお、ちなみに甘口も無理だお
      辛いのが無理=甘党の方程式は間違ってると思うお」

そうなのかしら…。

(;*゚ー゚)「それじゃ家でどうやってカレー作ってるの?
     やっぱり、蜂蜜とか林檎とか入れて辛味薄めてるの?」

それって、かなり甘くなりそう。

( ^ω^)「いや、牛乳で」

(*゚ー゚)「 」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:09:36.64 ID:8xQCoy5K0
結局1皿では足りず、鍋ごと持って来て直接それから食べ始めた。
『カレーは飲み物だ』の言葉を無言で実行する内藤。

少しでも量を増量させる為にゆで卵を入れようとして、間違えて生卵を入れた。

( ^ω^)「生卵持つと中身が微妙に揺れてるのがわからんかお?」

(;*゚ー゚)「わからないわ」

( ^ω^)「ああ、揺れるものがついてないからかお」


(; #メ)ω(;)



私のは別に取り分けておいてよかった。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:10:37.68 ID:8xQCoy5K0
辛い辛いと言いつつ、結局内藤は全部平らげてから水を飲み始めた。

( ^ω^)「ごっごっごっごっ」

(*゚ー゚)「そんな飲み方だと屁の回数が多くなるらしいわよ
     なんでも飲み込む空気の量が増えるからだとか」

( ^ω^)「え、別に問題ないお」

(*゚ー゚)「なら内藤は私が目の前で放屁してもノープロブレム?」

( ^ω^)「問題あるお」



( ´_ゝ`)『あがったぞー』

(*゚ー゚)「あ、そんじゃ私入ってくるわね。その辺の漫画とか小説とか勝手に読んでいいから」

( ^ω^)「そうするお、いてらだお」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:13:13.56 ID:z/zldvWIO
支援

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:14:28.53 ID:8xQCoy5K0


        (゚ー゚*) ))



( ´_ゝ`)        (゚ー゚*)



( ´_ゝ`)        (゚ー゚*)



(゚ー゚*)

( ´_ゝ`)「入らないの?」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:15:38.66 ID:8xQCoy5K0
(゚ー゚*)「兄者」

( ´_ゝ`)「何?」


(゚ー゚*)「そーゆーのは、着終えてから呼ぶものよ」

( ´_ゝ`)「……ごめん、うっかり」



( ´_ゝ`)         (( (*゚ー゚)



浴室から戻ると、内藤の複雑な視線が出迎えてくれた。
さっきの会話が聞こえたんだろう。この部屋は狭いから。

( ^ω^)「お…」

(*゚ー゚)「悲鳴でもあげるべきだったのかしら」

( ^ω^)「…僕は叫んでも咎めないお」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:16:39.73 ID:8xQCoy5K0
−ブーン−


兄者の度胸と言うか…注意力の散漫さには感服するお。

( ^ω^)「そう言えば」

(*゚ー゚)「ん?」

( ^ω^)「何で男ものの下着があるんだお?」

兄者はこの部屋に入ったのが初めてなようだから、流石に彼のではないだろうし。

(*゚ー゚)「それ兄ちゃんのなのよ、3連休の時とか、結構泊まりに来るから」

成程成歩堂。
ん?

( ^ω^)「連…休……?」

ぎぎぎと軋む音が響きそうな動作でカレンダーを探す。首が回んねぇ。
今は6月。祝日はない。
が、学校の設立記念とかで月曜が休みになっており、今はその…3連休だ。

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:19:54.81 ID:8xQCoy5K0
( ^ω^)「しぃさん」

(*゚ー゚)「ん?」

( ^ω^)「今回はその…兄さんは?」

(*゚ー゚)「私達が休みでも、兄ちゃんは休みじゃないから来れないわよ」


ですよねー、ははは。


( ;^ω^)「てか、よく考えたら酷い状況だお。男2人に女1人とか
       しぃちゃん本当にこれでいいのかお? 無問題?」

(;*゚ー゚)「人のベッド占領しておいて何いってるのよ…」

おっと、つい。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:22:35.83 ID:Hy0bb0wYO
支援支援

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:22:58.28 ID:8xQCoy5K0

( ´_ゝ`)「着たよー」

( ^ω^)「おー兄者やっと、」


( ´_ゝ`)「どした?」

( ^ω^)「上も着ろお」

( ´_ゝ`)「いや、上がない」

( ^ω^)「なん…だと……」

(;*゚ー゚)「ごめん、用意し忘れてたわ。ちょっと待ってて」

そう言ってクローゼットをがらりと開ける。
女の子のクローゼットの中身は秘密の花園だと聞いたから、あまり見ないほうがいいだろう。
思いっ切り見てしまったが。

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:24:36.83 ID:z/zldvWIO
しぇーん

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:26:11.38 ID:8xQCoy5K0
ごそごそと中を漁るしぃ。その動きが止まる。

(*゚ー゚)「あ、ゲームキューブある」

何、それは聞き捨てならない。

( ^ω^)「ゲームあるかお? なんかやりたいお」

(*゚ー゚)「スマデラとエアライドとエターナルダークネスしかないわ」

( ^ω^)「スマデラやるお! TVに繋ぐお!」

(*゚−゚)「でもコントローラー二つしかないわよ?」

( ^ω^)「それこそノープロブレム! コントローラーなら僕が持ってるお!」

(;*゚ー゚)「なんでそんなの持ち歩いてるのよ」

( ^ω^)「合唱部の部室とかPC研とか漫研にゲームがあるんだお
      みんなマイコントローラー持参して遊ぶんだお」

(*゚ー゚)「ないわ…PSPとDSと充電器持参ならわからないでもないけど」

( ^ω^)「それを携帯してる女子なんてしぃちゃんしか僕は知らないお」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:29:28.29 ID:8xQCoy5K0
( *^ω^)「取りあえずこれでみんなでやれるお! 兄者もやるお!」

( ´_ゝ`)「あ、うん」

(*゚ヮ゚)「私ドンキーコング!」

( ^ω^)「僕キャプテンファルコン!」

( ´_ゝ`)「え、じゃあガノンドロフ」



勝負は99分耐久で、優勝は内藤が持っていった。


( ^ω^)「ヒャッハー!」

(;*゚ー゚)「くっ、あそこで道連れが成功していたら…」



( ´_ゝ`)「(俺、このまま?)」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:30:39.62 ID:WaOx6oAb0
兄者ww

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:31:28.35 ID:8xQCoy5K0



( ´_ゝ`)「(飯も食ってないんだけど、話すタイミング逃したな…いいか)」


余談だが、兄者はその後珍しく風邪をひいた。


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:34:51.38 ID:8xQCoy5K0



恋われたいようです ./1/
足して十になる物理/2/
夢の泡沫に添えて./3/
一定の連続存在 /4/
覚えておいて花 /5/
パン屋の邂逅 ./6/
謎の意味合い/7/
ある音楽家と/8/
魔法使いに./9/
しぃ家の怪/1/0

ぜろぶんのいち
『1』について

胡蝶の夢/1/

どんまい/2/       END.

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:34:55.73 ID:P4FXznAiO
バビョーンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwバビョーンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwバビョーンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:38:39.19 ID:8xQCoy5K0
お題どんまい!

前スレ

27 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/30(土) 20:10:39.70 ID:25YodxU00
お題:食前の風呂

30 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/30(土) 20:14:22.26 ID:mnVmZHENO
生卵とゆで卵の見分け方

32 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/30(土) 20:15:49.79 ID:At18BhYhO
甘党

79 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/30(土) 22:27:29.67 ID:25YodxU00
お題:無気力的彼氏

81 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/30(土) 22:33:28.02 ID:At18BhYhO
お題 無言実行


意識して書いてて思ったが、この兄者常に無気力ではないか
連日絶倫と見えたので答えますが自分長続きしない質なので、
頭の中にある程度ある内に全部やってしまおうかと

次も前スレお題消化話

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:40:57.16 ID:OoT8gPtNO
支援だ支援だ

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:41:40.67 ID:8xQCoy5K0

( ´_ゝ`)「俺いつまで上半身裸で居ればいいの?」

(*゚ー゚)「あ」

( ;^ω^)「お」



( ´_ゝ`)「(やっと切り出せた…)」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:42:54.32 ID:8xQCoy5K0



お部屋 /3/




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:50:58.54 ID:8xQCoy5K0
(*゚ー゚)「ごめん、あまりにも日常的過ぎて気付けなかったわ」

( ´_ゝ`)「日常的って」

(*゚ー゚)「うちの兄ちゃん、風呂上がり腰にタオル一丁で1時間くらい過ごすのよ。冬場も」

( ^ω^)「なにそれすごい」

(*゚ー゚)「はい、上」

( ´_ゝ`)「どうも」

( ^ω^)「ゲームも飽きたしPCやっていいかお?」

(*゚ー゚)「いいけどお気に入りとかフォルダの中身見たらこの部屋から閉め出すわよ」

( ^ω^) チッ


( ´_ゝ`)「なぁ、しぃ」

(*゚ー゚)「ん?」

( ´_ゝ`)「丈が足りない」

(;*゚ー゚)「…」

( ^ω^)「なんというヘソ出しスタイル」

( ´_ゝ`)「お前もな」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:52:46.03 ID:P4FXznAiO
人が少ねぇ

男は黙って紫煙

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:54:05.82 ID:8xQCoy5K0
−ブーン−


クラシックを作業用BGMに選択し、手元にあったイヤホンを勝手に拝借する。
これくらいは許されるだろう。

( ^ω^)「さーて…ガ板でも行くかお」

新しいコピペがないかどうかチェック。
何、久しぶりに見たらいけぬまのガイドラインが糞コテと慣れあいのすくつ(ry に…
兄貴は変わらず、邪気眼の覚醒度合いも変わらず、ゼロもいつも通り、月曜日は見るまい。

( ^ω^)「バカ女と腐女子・ウザい女2ちゃんねらは個人的に統合してもいいと思うんだけど…お?」

なんだこの逆スイーツ脳とやらは。暫く見ない間に新しいテンプレが加わっている。

( ^ω^)「どれどれお」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:54:11.20 ID:z/zldvWIO
支援するー!

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:56:10.96 ID:CEIc7hEFO
文猫からきますた支援

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:56:30.07 ID:P4FXznAiO
支援薄いよなにやってんの!


ついでに頭皮も薄いよなにやってんの

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:57:07.69 ID:8xQCoy5K0
★☆★☆スイーツ脳よりも恐ろしい「逆スイーツ脳」の典型例★☆★☆

・全ての女がスイーツに見える。子供、老人、自分の母親まで。
・パスタ、ランチなどの言葉を発しただけで女を見下す。スタバに行くだけでスイーツ認定。
・男で美容院も当然スイーツと同等。お洒落=スイーツとの固定観念。
・巷で流行しているものを全て馬鹿にしてかかる。要は流行についていけない劣等感の裏返し。
・そのくせオタク界の流行には敏感。新型ゲーム機を発売日に並んで買う。本棚には埃をかぶった「萌え単」。
・「女はスイーツだから…」と自分に言い聞かせ、童貞の劣等感を優越感に脳内変換。
・ネットではスイーツ批判の急先鋒。だがリアルではスイーツを前にオドオド。
・学生時代クラスのお洒落でイケてる女子グループにひそか憧れを抱いていたが、
陰で「オタクきもい」と嘲笑にされていることを知り憎悪を抱く。
・世の中の女全てに無差別に恨みを持っており一歩間違えれば犯罪予備軍。
・キモヲタ童貞「スイーツ(笑)」←(笑)
・かつて、イケてる奴を装おうとズボンを「パンツ」と言ってみたが、「パンツ?下着?発音ちがくね?」と
馬鹿にされた経験。「もうこの手の言葉は使わない」と固く決意。
・類義語に2ch脳(ほぼ同義)


( ^ω^)「これは…」

しぃには…当て嵌まらないおね。

(*゚ー゚)「スタバって何?」

( ^ω^)「しぃさん、いつから?」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:58:54.93 ID:P4FXznAiO
支援

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:59:07.65 ID:8xQCoy5K0
(*゚ー゚)「『ガ板でも行くかお』」

( ^ω^)「人がPCやってる時に後ろから覗きこむモンじゃないと思うお」

(;*゚ー゚)「え、いや、人の家まで来てそんな見られて困るようなもの見ないでよ」

( ;^ω^)「確かにそうだけど」

(*゚ー゚)「ところでスタバって何?」

( ^ω^)「僕もわからんお」

(*゚ー゚)「兄者」

( ´_ゝ`)「え…何かの略称じゃないの?」

( ^ω^)「ググるお」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:00:45.82 ID:P4FXznAiO
支援


アヒャアヒャ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:02:50.95 ID:8xQCoy5K0
−兄者−


しぃも内藤も、泊まりに来た目的を忘れてないといいが。


( ^ω^)「スレ巡回も終わったお!」

(*゚ー゚)「じゃあなんかみんなで映画でも見る?」

( ^ω^)「ジャンルは何にするお?」

(*゚ー゚)「まだ21時だし…ホラーとアニメ2連続で」

( ^ω^)「把握した」


( ´_ゝ`)「…」


忘れてないといいが。

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:03:51.80 ID:8xQCoy5K0
−しぃ−


(*゚ー゚)「FvsJはホラーと言うには微妙ね、洋モノはスプラッタが多いし、ここはリング?」

( ´_ゝ`)「俺はなんでもいいよ」

( ^ω^)「貞子タソで」

(*゚ー゚)「おk、アニメは何にする? ジブリ?」

( ^ω^)「ポニョあるかお?」

(*゚ー゚)「あるわよ、ほら」

( ^ω^)「それにするお!」

(*゚ー゚)「どっちから見る?」

( ^ω^)「ホラーの恐怖をジブリで癒したいからリング→ポニョの順番でお願いしますお」

ポニョは果たして癒しなのか。

(*゚ー゚)「把握した」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:05:18.50 ID:P4FXznAiO
支援

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:07:21.13 ID:8xQCoy5K0
〜リング鑑賞中〜


(*゚ー゚)「…」

( ^ω^)「…」

( ´_ゝ`)「…」

(*nー゚)


ドッキリシーン


( ( ^ω^) )) ビクッ

( ´_ゝ`)

(*nーn)


( ^ω^)「…」

( ´_ゝ`)

(*゚ーn) チラ

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:08:33.32 ID:8xQCoy5K0
( ^ω^)「しぃちゃん」

(*nーn)「何?」

( ^ω^)「それは見てる内に入るのかお?」

(*nー゚)「音は聞いてるわ」

( ^ω^)「そうかお…」


視界を狭く、立体ではなく平面的にする事で少しでも恐怖を和らげようとするこの努力を


ドッキリシーン


(;*nー゚) ) ビクッ



(*nーn)

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:09:09.09 ID:OoT8gPtNO
支援

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:11:42.44 ID:8xQCoy5K0
( ^ω^)「それにしても兄者、」

( ´_ゝ`)

( ^ω^)「リングだとあのシーンに期待してその時間までがすごく待ち遠しくなるおね」

( ´_ゝ`)

( ^ω^)「兄者?」

( ´_ゝ`)

( ^ω^)「おーい」

( ´_ゝ`)「あ…ごめん、ボーッとしてた」

( ^ω^)「ホラー映画見てる時に呆けるとは称賛に値するお」

( ´_ゝ`)「ごめん」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:13:36.52 ID:OoT8gPtNO
座ったまま気絶してんのかと思った

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:14:03.75 ID:FUEPkSJo0
くそっwしぃがかわいいww

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:15:42.85 ID:8xQCoy5K0
( ^ω^)「結局しぃちゃん殆ど見てないお」

(*゚ー゚)「大勢で見ると恐怖が和らげると思ったらそうでもなかったわ」


( ´_ゝ`)「ところで質問あるんだがいいか?」

( ^ω^)「何だお?」

( ´_ゝ`)「なんで布団が一組しかないんだ?」

(*゚ー゚)「もう一組クリーニングに出したの忘れてて、どっちかで二人で寝なきゃいけないわ」

( ´_ゝ`)「どう組み合っても色々と問題ありそうだが」

( ^ω^)「…アッー?」

( ´_ゝ`)「ないない」

( ^ω^)「セクロスフラグ」

( ´_ゝ`)「有り得ない」

( ^ω^)「いや僕が」

( ´_ゝ`)「2、3重の意味でする勇気があるのなら」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:18:55.62 ID:8xQCoy5K0
( ^ω^)「取りあえず寝てもいいように横になってポニョ見るお」

( ´_ゝ`)「いや寝るなよ…そもそも何で泊まりに来たか忘れてるのか」

(*゚ー゚)「あーそう言えば」

( ´_ゝ`)「お前ら」


(*゚ー゚)「ポニョ見てれば明日にもなるし、取りあえずTV付けましょ」

( ^ω^)「そうだおね、寝たらごめんお」

(*゚ー゚)「叩き起こすわ」

( ;^ω^)「おぅふ」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:20:54.07 ID:z/zldvWIO
しえん

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:21:56.95 ID:8xQCoy5K0
〜ポニョ観賞中〜


(*゚ー゚)「ポーニョ ポーニョ ポニョ♪」

( ^ω^)「悪魔の子♪」


( ´_ゝ`)「      ,,,,,,pxxvxxg,,,,_
         ,,df(^"゛ g、    ^゚゚lq
        〈!   ,,dl゚゛   ./==x]t,,_
         ]l.__,,g[,,,,,,,,,,,,,,p4"   .l[^k
         ][「,,pr=t、`、  ____ .l[ ]
        g" ][_  ]!  ./「゚^゚9,,「n,,]
       4゚ .。、.\イ   ゚lk ,,g[  .l]
       ]l. 〈^゚ltn4,,,,_        ]
       ヨ。. ゚ll._   ゚"9n......./ff  ]
        ヨ、.\q,,,,____   ,,gf゛ gl゚
         ^9nnxxxxx゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚xvtf"゛   」



(;* ー ),:’;∴:;. ブフ


( ^ω^)「暗ぁい冥府からやってきた♪」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:24:24.61 ID:8xQCoy5K0
そんなこんなで馬と鹿なような事をしていたら0時を回っていた。
ポニョのスタッフロールが流れている途中で気付いたけど、

(*゚ー゚)「隣の部屋、騒がしいね」

( ^ω^)「隣もバカかやってんだおwwwうぃくwwwwww」

(*゚ー゚)「隣は無人よ」

( ^ω^)「 」

私の部屋に入る前に、隣の部屋に名札がない事は内藤と兄者に確認させている。

( ^ω^)「いや…ホラ、あれだお。合鍵作って夜中こっそり忍び込んで騒いでるとか…」

(*゚ー゚)「犯罪よ、それ以前にここ電子ロックだし」

( ;^ω^)「おおう」

内藤の顔に焦りが見える。

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:27:32.05 ID:8xQCoy5K0
( ´_ゝ`)「窓、見てみる?」

しっかりと閉め切ったカーテンを指差し、兄者が言った。
先刻までのこの部屋の喧騒を受け継いだかのように、隣の部屋は騒がしい。

( ;^ω^)「ちょっと怖くなってきたお」

(;*゚ー゚)「私は二人がいるから昨日よりなんとか…」

大丈夫と言い切ろうとして、

( ´_ゝ`)「開けるよ」

(;*゚ー゚)「ちょま」

制止を聞かずにカーテンを豪快に開ける兄者。いや待ておま。


( ∩ω∩) イヤン


(;*nーn)


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:29:31.86 ID:sj7FvYNk0
しえん

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:29:33.56 ID:PHpLhHxu0
支援

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:29:47.31 ID:P4FXznAiO
内藤w

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:30:33.24 ID:8xQCoy5K0
兄者がじっと窓を見つめる。

( ´_ゝ`)「…」

私もその後ろから少しだけ片目で覗く。

(*nー゚)「…」

内藤は何も見ていない。

( ∩ω∩)「何かあるかお? 何かいるかお?」



(*゚ー゚)「…なんにもないわ」

( ∩ω^)っ チラリ


昨日見た手跡も、心霊写真特集に出て来るような顔も、人魂も、何も。

(*゚ー゚)「拍子抜けしたわ…」

…安心したわ。

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:33:54.46 ID:8xQCoy5K0
隣は、相変わらず五月蠅いけど。

(*゚ー゚)「なんか眠くなってきたわねー」

( ´_ゝ`)「気が抜けて眠くなったんだろ、ところでどうやって寝る?」

( ^ω^)「どうやっても何も、お前ら恋人同士なんだから一緒に寝ろお」

(*゚ー゚)「そう? まぁ、内藤がいいって言うんなら…」

( ´_ゝ`)「内藤に申し訳ないな」

( ^ω^)「同情するなら、金をくれ」

(*゚ー゚)「ビタ一文やらぬは」

普段通りの馬鹿らしいやり取りをして、どうにか気持ちを落ち着かせる。
内藤が布団、ベッドに私と兄者となった。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:34:37.34 ID:p3FosXYUO
こええ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:37:34.04 ID:z/zldvWIO
C

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:37:48.98 ID:8xQCoy5K0
(;*゚ー゚)「あんたなんで膝折るのよ、狭いわ」

( ´_ゝ`)「ベッドが小さ過ぎて足がはみ出るんだ」

(*゚ー゚)「我慢しなさい、布団で寝ても同じ運命よ」

( ´_ゝ`)「足が寒い」

(*゚ー゚)「あーもー仕方ないわね、タオルケットかけてあげるわよ」


( ^ω^)「…一人寝は気楽でいいお」

カーテンは兄者が閉めてくれた。
今出て行って隣に人がいるかどうか確認すると言う話題が出たが、誰も挙手する者はいなかった。
明日の朝、確認しようと決まる。

隣がうるさ過ぎて眠れないだの、怖くて眠れないだのと言い合っている内に、結局睡魔に負けて寝てしまった。

( -ω-)

(*- -)

( -_ゝ-)

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:39:45.69 ID:Hy0bb0wYO
支援支援

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:40:58.28 ID:8xQCoy5K0
〜♪

時計が示すのは丑三つ時。昨日、しぃと兄者の電話が終わった時間だ。
兄者はむくりと起き上がり、二人が寝静まったのを確認する。
彼女を起こさぬようそっとベッドから這い出ると、部屋の電灯を点け、一番光が弱いものに設定する。
そして窓の前に立ち、閉めたカーテンをもう一度開けた。

そこは暗く、何もない。

( ´_ゝ`)「……」

隣の部屋はまだ煩い。いや、先程より格段に音が大きくなっている。
壁を叩く音、床を踏み鳴らす音。笑い声。歌い声。叫び声。
流行りがわからない兄者には、歌っているものが何なのか判断出来ない。

向こうが壁を叩くので、こちらからも叩き返す。
一瞬しんと静まり返り、また騒がしくなった。
床を踏み鳴らしてはいるが、もう壁を叩いては来ない。

( ´_ゝ`)「…ふむ」

兄者は顎に手をあてて、二人を見る。
よくこの音の中で眠れたものだ。

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:42:19.88 ID:OoT8gPtNO
兄者神経太いな……

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:44:02.83 ID:8xQCoy5K0
視線を外して、窓を見る。

そこは暗く、何もない。

曇り空なので月はないが、ここから見える筈の民家の灯りも電柱の光も、道路を走る車のライトも、
あの曇り空の隙間から覗くはずの星の光も、全てがない。

何もない。確かにな。
ある筈のものさえ全て。何もかもが。

二人はそれに気付かなかった。
しぃは手跡に怯えていたし、内藤はしぃの話に怯えていた。
二人ともそれに気を取られて気付けなかったんだろう。

あそこで異変を伝えるかどうか兄者は迷ったが。


( ´_ゝ`)「教えなくて…よかったんだよな」

兄者の独り言は騒音より小さい。二人を起こす事はないだろう。
内藤なんて布団を蹴っ飛ばして涎を垂らして寝ている。素晴らしい寝相だ。
しぃは頭から毛布を被っている。毛布の下からは、安からな寝息が。

二人のその姿を見て、兄者は自分の判断が間違っていないのかどうか判らなかった。

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:44:35.89 ID:jy42l4Em0
こ、こわいぞ!

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:46:04.19 ID:P4FXznAiO
ゴクリ…

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:47:06.28 ID:8xQCoy5K0
顎に添えている手がじぃんと痛覚を刺激したのを感じ、兄者は手を見やる。

( ´_ゝ`)「…力加減を間違えたか」

手の側面が少しだけ赤みを帯びていて、ああこれは腫れるなと思った。
青痣になるだろうか、勝手に湿布を拝借してよいものかと考えあぐね、朝に言おうと決める。

閉める前に、もう一度窓を見る。窓の向こうを。

( ´_ゝ`)「……」

睨みつけるように視線を向けていると、その何もない闇が蠢いたかのように見えた。
兄者は特に害はないと判断し、内藤が蹴っ飛ばした布団を本人に掛けてやる。
また蹴っ飛ばした。掛ける。蹴った。掛ける。蹴り飛ばす。ついでに接近し過ぎて自分も蹴られた。

素直に諦めて、しぃの眠るベッドに潜り込む。

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:49:02.56 ID:OoT8gPtNO
な、なんだなんだ

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:49:15.58 ID:jy42l4Em0
兄者強すぎワロタ

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:50:07.24 ID:8xQCoy5K0
(*- -)「ウーン…ムニャ」

起こしてしまったかと隣を見た。ただの寝言のようだ。

(_ω_ ) ンゴスピー スピー

内藤の寝相は段々と曲芸染みたものになってきている。



( ´_ゝ`)「…おやすみ」

既に二人には聞こえない。意味のない行為。どうしてだろう。
兄者はそれだけ言うと、鼓膜に無遠慮に侵入して来る音を遮断し、自身も眠りについた。

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:51:25.71 ID:P4FXznAiO
コイツ動くぞ!

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:52:04.73 ID:8xQCoy5K0



恋われたいようです ./1/
足して十になる物理/2/
夢の泡沫に添えて./3/
一定の連続存在 /4/
覚えておいて花 /5/
パン屋の邂逅 ./6/
謎の意味合い/7/
ある音楽家と/8/
魔法使いに./9/
しぃ家の怪/1/0

ぜろぶんのいち
『1』について

胡蝶の夢/1/
どんまい/2/

お部屋 /3/       END.

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:55:36.35 ID:8xQCoy5K0
お部屋にあるお題

前スレ

35 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/30(土) 20:45:40.74 ID:Z6vY0vSx0
お題 イヤホン

38 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/30(土) 21:04:45.01 ID:25YodxU00
お題:スイーツ(笑)

84 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/30(土) 22:41:45.64 ID:AFLPja7/O
お題:青痣

85 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/30(土) 22:43:00.74 ID:UfmkfCWhO
題:兄者としぃを一つのベッドで

87 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/05/30(土) 22:49:04.32 ID:Z6vY0vSx0
お題 曇り空


全部消化できなかったごめん
えろがくるとおもったか前スレ>>85め かけぬわ

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:58:06.94 ID:P4FXznAiO
おわり?

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:58:39.59 ID:8xQCoy5K0
今日は月曜日の上に時間が時間なので今回の投下はこれで終わりです
また書き溜めするのでお題2つ程募集

まだ暫く居ますので何か質問とかありましたらどうぞ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 01:59:30.90 ID:P4FXznAiO
おつ


流石家登場

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 02:00:33.25 ID:FUEPkSJo0
隣の部屋がなんなのか聞くのは野暮かね

お題は
爆破オチ

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 02:04:18.34 ID:8xQCoy5K0
なんという鬼畜題把握

>>90
404 File Not Foundただの空き部屋ですよ
伏線としかいつか回収するかもしれないし、しないかもしれない

ではもう眠いのでおやすみなさい
窓にお気をつけ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 02:04:45.24 ID:RhmkPa5YO


題は助産師

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 02:06:45.13 ID:FUEPkSJo0
複線かーありがとう、楽しみにしてる
おつでした

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 02:08:30.96 ID:PHpLhHxu0
乙!

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 02:09:34.26 ID:p3FosXYUO
怖いこと言うなよこちとら一人なんだ…
乙!

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 02:11:35.60 ID:jy42l4Em0
乙!楽しみにしてる!

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 02:16:12.30 ID:OoT8gPtNO
乙!好きだぜ!

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:17:03.87 ID:8xQCoy5K0
まだあったのでながら

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:17:50.64 ID:96BXAElxO
絶倫だな

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:23:44.91 ID:8xQCoy5K0
やったー携帯小説できたよー(^o^)ノ

 ───アタシの名前はアイ。心に傷を負った女子高生。モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は援助交際をやってるミキ、学校にナイショで
キャバクラで働いてるユウカ。訳あって不良グループの一員になってるアキナ。
 友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もミキとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
キャッチの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男はホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)



(*゚ー゚)「…」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:24:50.03 ID:8xQCoy5K0



消える/4/




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:28:12.54 ID:8xQCoy5K0
(*゚ー゚) カチカチ


================

やったー携帯小説できたよー(*゚ー゚)ノ

================


(*゚ー゚) ニヤリ

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:33:16.11 ID:8xQCoy5K0
(*゚ー゚) カチカチカチ


 ───オレの名前は弟。心に傷を負った大学生。モテコワスリムで恋愛体質の愛されボーイ♪
オレが養ってる家族は援助交際をやってる姉者、学校にナイショでホストで働いてる兄者。
訳あって地元のヤクザの元締めになってる母者。存在も髪も薄い父者。
一部が死ぬ程羨む義理の妹である妹者。


(*゚ー゚) カチカチカチカチ


 家族がいてもやっぱり日常はタイクツ。今日も兄者とちょっとしたことで口喧嘩になった。
双子だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時オレは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!


(*゚ー゚)「ここは改変しにくいわね…」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:38:45.96 ID:8xQCoy5K0
(*゚ー゚)「一旦保存、と」


 「あーイラつく」・・。そんなことをつぶやきながらしつこい逆ナンを軽くあしらう。
「ねぇねぇ、ちょっと一緒に来ない?」どいつもこいつも同じような台紙しか言わない。
逆ナンしてくる女達は股を開きやすそうだけどなんか病気持ってそうでキライだ。もっと病院に行って見て欲しい。


(*゚ー゚)「予想外に黒く…」


 「すいません・・。」・・・またか、とワイルディーなオレは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっと逆ナンの女の顔を見た。
「・・!!」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:46:27.41 ID:8xQCoy5K0
(*゚ー゚) カチ


 ・・・チガウ・・・今までの女とはなにかが決定的に違う。スタイリッシュな感覚がオレのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カワイイ・・!!・・これって運命・・?)」
女は中国人だった。連れていかれて毟り取られたので殴った。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
母者が不倫して子供ができた。「母者ガンバ!」助産師を読んだら義理の妹だった。
義理の妹に爆弾が仕掛けられていたのでジャイアントスイングを決めた。遠心力で妹は吹っ飛んだ。
「ガッシ!ボカッ!」妹は爆発した。流石ファミリー(笑)


(*゚ー゚)「ふぅ」

( ´_ゝ`)「人の家族で何をやっているんだ、何を」

(;*゚ー゚)「ぎぇ、いつから」

( ´_ゝ`)「『予想外に黒く』」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:50:55.09 ID:8xQCoy5K0
( ´_ゝ`)「なんであんなもの」

(*゚ー゚)「新手の嫌がらせとして誕生日にでも贈ろうかと」

( ´_ゝ`)「お前な」

(*゚ー゚)「私に暇を与えたあんたが悪い、それで用って何?」

( ´_ゝ`)「ああ、その事なんだが…しぃはショボンを知らないか?」

(*゚ー゚)「そりゃ知ってるけど」


( ´_ゝ`)「言い方が悪かったな、訂正する。ここ2週間ショボンが音信不通なんだ
       誰もショボンの住んでる所を知らないしぃは何か知らないか?」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:54:02.19 ID:8xQCoy5K0



恋われたいようです ./1/
足して十になる物理/2/
夢の泡沫に添えて./3/
一定の連続存在 /4/
覚えておいて花 /5/
パン屋の邂逅 ./6/
謎の意味合い/7/
ある音楽家と/8/
魔法使いに./9/
しぃ家の怪/1/0

ぜろぶんのいち
『1』について

胡蝶の夢/1/
どんまい/2/
お部屋 /3/

消える/4/       END.

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 05:57:47.66 ID:8xQCoy5K0
お題の救いを

89 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [age] 投稿日: 2009/06/01(月) 01:59:30.90 ID:P4FXznAiO

流石家登場

90 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/06/01(月) 02:00:33.25 ID:FUEPkSJo0
お題は
爆破オチ

92 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/06/01(月) 02:04:45.24 ID:RhmkPa5YO
題は助産師


前スレ

82 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/05/30(土) 22:33:42.21 ID:/AimjQRp0
お題:遠心力


色々と無理だった
流石家も妹者も核心に近付く辺りでちゃんと出すからもう許してくれ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:00:15.88 ID:8xQCoy5K0
時間まで暇だしながら投下
今度はちゃんと

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:01:23.77 ID:1n2w1Euo0
乙!
この話の兄者なんか好きだー

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:03:19.65 ID:8xQCoy5K0

坂眉ショボンと音信不通になり、2週間が経った。



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:06:36.41 ID:8xQCoy5K0



家族 /5/




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:10:17.43 ID:8xQCoy5K0
−ブーン−


ショボンは、引き篭もるような奴ではない。
学生ニート生活を謳歌するような奴でもない。

( ^ω^)「なんかあったのかお…」

メールをしても返って来ない。電話をしても出てくれない。
メールが出来ないから電話に出れないのか、電話に出れないからメールしないのか。どうでもいい。
こんな状況になって初めて、僕は彼の家が何処にあるのか知らない事に気付いた。

( ^ω^)「どうするかお…」

教授に相談。アウト。事務へショボンの住所を尋ねる。理由はどうする。

( ^ω^)「誰か知ってる人…」

ショボンの知人を思い浮かべる。
ぼるじょあ、しぃ、留学生のフィレンクト。OBのモララー先輩。
同サークル内で親しいのは僕、兄者、会計のマニー、部長のタカラ。

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:13:50.36 ID:8xQCoy5K0
フィレンクトとモララー先輩は連絡を取るのが難しい。
ぼるじょあは最近親しくなったばかりだから家は知らないだろう。知ってたら何か悲しい。
一番連絡を取りやすいのは兄者、しぃ。まずは兄者。

そうと決まれば携帯を開く、発信履歴、一番上にかける。
ワンコールで出た。

『もしもし、流石です』

( ^ω^)「兄者、今時間あるお?」

『おお内藤、どうした。また相談事か?』

( ^ω^)「…そうだお」

それじゃ、いつもの場所でと言って電話を切られた。
僕は足早に図書館へ向かう。

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:18:49.07 ID:8xQCoy5K0
( ´_ゝ`)「それで何があったんだ?」

( ^ω^)「実は、」

手短に説明する。


( ´_ゝ`)「着信拒否とかではなく?」

( ^ω^)「着信拒否された事ないから判らないお、兄者も試しにショボンに掛けてみてくれお」

もしそうだとしたらかなり傷つく。
会って一発ぶん殴ってやらねば気が済まない。

( ´_ゝ`)「……」

兄者は無言で携帯を開き、何らかの操作をする。
兄者から電話が来たのは数える程しかないけど、彼の発信履歴はどうなっているのだろう。

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:23:14.08 ID:8xQCoy5K0
兄者が携帯を耳の近くに持っていく。

( ´_ゝ`)「…」

( ^ω^)「…」

沈黙。けれど、これは僕が破っていいものではない。

( ^ω^)「……」

兄者が耳から携帯を離す。

( ´_ゝ`)「駄目だ、繋がらない」

( ^ω^)「そう、かお」

それを聞いた時、着拒ではなかった安心以上に気分が沈む自分自身にびっくりした。
無意識の内に、彼ならばという期待でも持っていたのだろうか。

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:23:20.01 ID:4nwLb6kwO
なんだか今一つ

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:27:44.22 ID:8xQCoy5K0
いつまでも兄者に頼り切る自分にも嫌気が差して、はぁと吐く溜息と共に頭を下げる。

( ´_ゝ`)「なぁ、内藤」

( ´ω`)「…お?」

顔をあげたら、彼には珍しく人の様子を窺うような視線とぶつかった。
呼んだにも関わらず、いつまで経っても喋らない。

いい加減気まずくなり、僕が口を開いた。

( ´ω`)「何かお?」

兄者はふむ、と顎に右手をあて、左手で右の肘の内側を掴む。
何かを確信した時の彼の癖だ。

( ´_ゝ`)「内藤は、ショボンと西川を重ねているんだな」

( ´ω`)「おお?」

友達と、兄を?

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:31:05.92 ID:8xQCoy5K0
( ´ω`)「それはないお、僕はただ単純に心配なんだお」

( ´_ゝ`)「認めたくないなら気にしなくていいさ」

こんな時は彼は思わせぶりな事しか言わない。

( ´_ゝ`)「てゆーかさ」

( ´ω`)「お?」

( ´_ゝ`)「ショボンにシャキンって兄がいたろ、OBの
      聞けば何か教えてくれるんじゃないか?」

( ;^ω^)「そうだったお」

すっかり忘れていた。

( ^ω^)「あ、でも」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:31:18.12 ID:zrXCG0haO
支援支援

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:34:31.41 ID:8xQCoy5K0
( ^ω^)「お兄さんの番号もメルアドも知らないお、やっぱり無理だお」

( ´_ゝ`)「それくらい昔の名簿見れば書いてるだろ、合唱部に在籍してたみたいだから、今の部長に聞けば」

( ^ω^)「合唱部の部長とは面識がないお」

( ´_ゝ`)「あんだけ遊びに行くのにか…」

幾分呆れが混じった視線を向けられる。

( ´_ゝ`)「事情を話せばそれくらい大丈夫だろ、見せて貰えるって」

( ;^ω^)「でも知らない人と話すのは気まずいお、怖いお」

( ´_ゝ`)「お前なぁ」

( ;^ω^)「ごめんだお、ごめんだお」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:35:35.94 ID:Hy0bb0wYO
しえ

123 : ◆xT0G/h.TcM :2009/06/01(月) 06:38:42.56 ID:EONoVY44O
さるった

124 : ◆xT0G/h.TcM :2009/06/01(月) 06:40:08.83 ID:EONoVY44O
さるついでに飯食って来ます

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:45:19.79 ID:aeKD2oSYO
支援

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 06:57:07.04 ID:Hy0bb0wYO
保守

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:09:14.04 ID:P4FXznAiO
よむほ

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:25:30.11 ID:8xQCoy5K0
今でこそ、色々と大丈夫だけれど。まだ、


( ´_ゝ`)「…俺が合唱部長に聞いてやるから、お前がショボンの家に行けよ」

( ^ω^)「ありがとうだお、兄者は着いて来てくれないのかお?」

( ´_ゝ`)「俺はショボンとそこまで親しくない」

そうなのか?

( ;^ω^)「お願いだお、そこをなんとか」

( ´_ゝ`)「いや本当無理、講義の日数的に考えて」

( ^ω^)「僕が代わりに出席カード出しておくから」

( ´_ゝ`)「なんというチート」

これで俺も不良の仲間入り? と言う。
いや、出席カード他人に出させただけで不良はないんじゃないかな。
確かに不良っちゃ不良だけど。

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:28:34.17 ID:P4FXznAiO
猿解けたか

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:32:10.30 ID:8xQCoy5K0
( ^ω^)「学食奢るお」

( ´_ゝ`)「物で人を釣るな」

( ´ω`)「おっおー」

どうすればいいんだお。

( ´_ゝ`)「…今日明日は無理だけど、明後日なら時間があるから着いて行ってやるよ」

( ^ω^)「ほ、本当かお!」

( ´_ゝ`)「但し、俺は家の中には入らない」

そんな。

( ^ω^)「なんでだお、それじゃ意味ないお」

( ´_ゝ`)「ショボンに会うまで、家の外で待っといてやるから」

( ;^ω^)「どうして入らないんだお?」

( ´_ゝ`)「ショボンと俺は、そこまで親しくない」

またそれか。
…仕方ない。兄者は自分がこうと決めたら中々動かないから。

( ;^ω^)「絶対に居てくれお、ショボンが居なかったら僕はパニクる自信があるお」

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:37:01.32 ID:8xQCoy5K0
( ´_ゝ`)「そんな自信無くせ」

( ^ω^)「…そうだおね」

( ´_ゝ`)「そんな人事のように」

これが他人事ならどんなにいいか。

( ´_ゝ`)「俺とかショボンなら、大丈夫なのになぁ。何々だろうな、本当」

( ^ω^)「…だおね」

本当に。

( ´_ゝ`)「…」

( ^ω^)「…」

( ´_ゝ`)「明日までに…調べとくから、道案内は俺がしてやるよ」

( ^ω^)「ありがとうだお」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:37:37.43 ID:Hy0bb0wYO
しえ

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:40:48.80 ID:8xQCoy5K0
一応しぃにも連絡入れとくから、と言う言葉に焦り制止する。
けど兄者はそれに憤慨した様子もなく、彼女ならいい感じにそれを広めてくれるだろうしと応えた。

確かに彼女は口が軽いが、あまり悪い事は聞かない。
彼女が一番手にそのままの真実を話して、周りが尾ヒレを付けていく。
言いふらした彼女が原因だから、彼女が悪なのだろうか。
難しい事を考えるのは苦手だ。


僕はそれから明後日まで、悶々と過ごした。

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:44:51.12 ID:8xQCoy5K0








目の前に立ち塞がる木製の扉。なんか京都とかにありそうなやつ。
札には『坂眉』とあるが、いやいや、たまたま名字が同じなのかもしれない。

僕は今一度確認する為に、斜め後ろに立つ兄者を振り返った。

( ^ω^)「ここが本当にショボンの家かお?」

( ´_ゝ`)「そ」

一言ではなく一文字で返された。

ここがショボンの家かよ畜生、まさか坊ちゃんだったなんて。

( ^ω^)「金持ちを知られたくなくて家を教えない展開…どっかで読んだ事あるお」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:51:04.46 ID:8xQCoy5K0
はは、と乾いた笑いを漏らす。
早く行けよと兄者が急かす、言われなくても。

( ^ω^)「誰か居ませんかおー?」

叫ぶ。無反応。
こんこんと門を叩く。反応なし。
どんどんと門を叩く。反応なし。

( ^ω^)「無人?」

ここはいっそ体当たりかと身構えると、はぁと溜息が聞こえた。

( ´_ゝ`)「内藤、横、インターホン」

兄者の指差す先を見れば、和風には似つかわしくない最新の電子機器。
しかもテレビ電話機能付きの。これリモコンで遠隔操作可能とかCMにあったような。

( ´_ゝ`)「押せよ」

( ^ω^)「…僕一人だと怖いから、兄者もカメラに映る位置に来てくれお」

やれやれと言って、兄者は僕の真後ろに並んだ。
確かに映るけど、そこじゃねぇ。顔を移せ。

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:54:52.11 ID:8xQCoy5K0
ピンポーン

ピッ

从'ー'从『はいはい、どなたですか?』

暗かった画面に、着物を着た可愛らしい女の人が映った。
TV画面は想像していたものと違って、魚眼レンズから覗いたように歪んでいる。
この女の人は誰だろう。母親だろうか、にしては似てないな。
似てない姉とか。従姉妹とか。それとも小間使いとか。

( ´_ゝ`)「坂眉ショボンさんの友達なのですが」

( ;^ω^)「っお」

固まっていた僕に代わって兄者が代弁する。

从'ー'从『…わかりました。お入り下さい』

意外とすんなりと中に入る事が了承された。
なんだろう、もっと突っ掛かるかと思ったのに、釈然としない。

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 07:59:16.42 ID:8xQCoy5K0
( ´_ゝ`)「それじゃ、俺はここで待ってるから」

( ^ω^)「ここまで来たからには一緒に入ってくれお」

( ´_ゝ`)「約束と違うじゃないか」

いやいやいや、こんな場所に一人でとか無理だ。
予想と違い過ぎる。

( ;^ω^)「折角だから入ろうお」

( ´_ゝ`)「だから、俺はショボンとは」

画面の向こう側から兄者の言葉が遮られた。

从'ー'从『そちらの方も、ご一緒に』

( ´_ゝ`)「…」

よし。
これで兄者も逃げられまい。旅は道連れ世は情け。

軋む音も無く、門は開いた。

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 08:02:26.51 ID:8xQCoy5K0
無駄に長い廊下を歩かされ、縁側を通り、これまた無駄に広い大部屋に通された。
座布団を敷かれ、その上に座らされる。
渡辺と名乗った女の人は、お茶を持って来ますからと去ってしまった。

日本家屋の匂いがする。畳みの香り?

( ^ω^)「ショボンはどうしてると思うお?」

( ´_ゝ`)「さぁな」

( ^ω^)「さぁなって…つか、正座はできるのかお」

( ´_ゝ`)「胡坐はかけないと言ったが、正座を出来ないと言った覚えはないな」

渡辺さんが来るまで、雑談をして時間を潰す。
渡辺さん、流石に名字だよな。て事は、やっぱり小間使いでいいんだろか。

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 08:06:14.88 ID:8xQCoy5K0
『あれれぇ〜? 和菓子がないよ〜?』そんな言葉が奥から聞こえて少し不安になる。
とてとてと言う足音が僕らの近くで止まり、彰子が開いた。


从'ー'从「お待たせしました」

( ^ω^)「おうふ」

なんという玉露。
ほうじ茶が来ると思っていた僕は浅はかだった。

( ^ω^)「いただきますお」

ううむ、高級品は味が違う。
どの辺が違うのかよくわからないがとにかく違う。
隣の兄者は茶を飲まず、先に菓子に手をつけている。

( ^ω^)「…飲まないのかお?」

( ´_ゝ`)「猫舌」

そういやそうだっけ。

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 08:07:41.45 ID:8xQCoy5K0
从'ー'从「…」

( ;^ω^)「…」

物を食ってるのをじっと見られるのは、何だか羞恥心がある。
じゃなくて、

( ^ω^)「あ、あの」

从'ー'从「はい」

( ;^ω^)「しっショボン君に会いに来たのですが」

声が裏返ってしまった。

从'ー'从「…こちらへどうぞ」

すっと渡辺さんが立ち上がる。
僕もつられて、玉露を手に持ったまま立ち上がってしまった。
慌てて盆の上に置く。

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 08:10:44.27 ID:8xQCoy5K0

( ´_ゝ`)「俺はここで待ってるから」

( ;^ω^)「えっ」

立ち上がらない兄者に怪訝な瞳を向けていると、そんな言葉で返された。
ここまで来たのになんで。

( ´_ゝ`)「二人だと、何かと話しにくいだろ。お前のほうがショボンと仲いいし
      俺はここで待ってるから、内藤一人で行って来い。頼んだぞ」

( ;^ω^)「そんな、兄者も」

从'ー'从「それでは内藤さん、こちらへ」

僕の言葉が遮られた。
渡辺さんが敵にまわる。昨日の友は今日の敵。
そんなバカな。

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 08:14:01.17 ID:8xQCoy5K0



恋われたいようです ./1/
足して十になる物理/2/
夢の泡沫に添えて./3/
一定の連続存在 /4/
覚えておいて花 /5/
パン屋の邂逅 ./6/
謎の意味合い/7/
ある音楽家と/8/
魔法使いに./9/
しぃ家の怪/1/0

ぜろぶんのいち
『1』について

胡蝶の夢/1/
どんまい/2/
お部屋 /3/
消える/4/

家族 /5/        END.

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 08:14:26.56 ID:EONoVY44O
ちゃんと書こうとしたけどさるくらって無駄な時間くった
次こそちゃんとやります

書き溜めするのでお題募集して去ります
昨日今日と支援ありがとうございました

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 08:17:38.32 ID:z/zldvWIO
朝から乙!今から読むよー!
お題:ネクタイ

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 08:19:08.59 ID:sSwifsEUO
朝から絶倫だと言わざる終えない。

題は
道しるべ

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 08:30:41.61 ID:P4FXznAiO
おつした!

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 08:44:51.02 ID:Fqa8XpTvO
絶倫すぎる乙
お題はくねくね

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 09:24:34.06 ID:yp/sCNx0O




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:05:18.52 ID:j6HzuN9mO
乙っス

お題

請われた(=゚ω゚)ノ

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 12:29:01.72 ID:zrXCG0haO
乙です

お題 星座占い

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)