5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)こわれたいようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:11:46.11 ID:SGAqXT900
代理だよー

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:17:54.13 ID:rJbmYkmW0
   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒) 罪人合作お疲ればばばばば
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/    ∩―−、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ もうあびゃばばっば
  /      /      | /(入__ノ   ミ
 |       /       、 (_/    ノ   くるくる羅針盤さん
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー tp://kurukururasinban.blog33.fc2.com/blog-entry-528.html
 | /    )  )       \       _ オムライスさん
 ∪    (  \        \     \ http://vipmain.sakura.ne.jp/663-top.html
       \_)

−(名前)−の表記があればそれ以下のレスはそのキャラ視点です
しかし予告なく第三者視点に変わったりしていて自分でもわかりません

タイトル変換ミスった恋われたいに脳内変換おね

3 : ◆xT0G/h.TcM :2009/06/08(月) 00:21:15.42 ID:rJbmYkmW0
さる用酉

お題消化と分岐点

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:24:30.64 ID:e3szq8MCO
お、支援

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:25:07.85 ID:rJbmYkmW0
音恐怖症。

雷鳴のような、大きな音をおそれる場合もあれば、遠くの足音のような小さな物音に、
何か自分の知らないところで異変があったのではないかと恐れる症状もある。


僕が恐れるのは、あの日、あの部屋で響いた。あの旋律。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:28:23.81 ID:liKTo4ad0
支援

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:29:17.11 ID:rJbmYkmW0



ぜろぶんのいち
『0』について




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:33:44.69 ID:rJbmYkmW0
夕日を受けて赤黒く輝く海を眼下に、内藤ホライゾンと流石兄者は防波堤に佇む。

橙が藍に浸食される様は何かを彷彿とさせた。
夕日は沈んでいるのではなく、飲み込まれているのだ。

壁にぶつかって弾け飛ぶ波飛沫を見ても、最早何の感慨も湧いて来ない。
飛沫の一つ一つが光を反射して、きらきらと瞬間のダイヤモンドダストを作り上げた。
夕暮れを背に漁から戻る漁師達の目も、この時ばかりは気にならない。

いや、違う。
二人を見る目からは、明らかに敵意が抜けている。
それらは一様に、帰ってきた家族を迎えるような生温いものばかりだ。
昼間のギャップが相俟って、それは逆に薄気味悪いと感じざるを得なかったが。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:35:21.77 ID:Mez5xh2V0
支援
変換ミスか・・・よかった

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:37:42.37 ID:rJbmYkmW0

( ^ω^)「…」

此処は耳に優しい音ばかり。水の音。 波の音。 泡の音。 海の音。
何故か、その全てに懐かしい気持ちにさせられる。

( ´_ゝ`)「帰りたくなったか?」

内藤は息を吐く。

( ^ω^)「…そうだおね、今日は歩き回って、疲れたお」

( ´_ゝ`)「いや、そっちじゃなくて」

( ^ω^)「え?」

兄者は困ったように耳を掻くと、その手をポケットに押し込めた。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:40:44.02 ID:rJbmYkmW0
昼は、空と海が繋がっている。

( ´_ゝ`)「ごめんな、お兄さんがこの病院に居るって知らせてなくて」

夜は、空と海が繋がっている。

( ´_ゝ`)「本当は、ここから連れ出した後、お前の枕元にでも置いて驚かせてやろうと思ってたんだ」

夕刻は、空と海を別れさせる。

( ´_ゝ`)「けど、お前があまりにも落ち込んでたから、断片的に教えて喜んでもらおうとしたんだ」

長いようで短い、謝罪と言い訳。
僕は沈む夕日でオレンジ色に染まりながら、言葉を返した。

( ^ω^)「いいお」

見晴らしのよかった海に、白いものが立ち込める。
空気中に小さい水滴や吸湿性の粒子などが浮遊し、遠方の物体が灰色に霞んで見える状態。
視程は1kmを超えているので、これは靄だろう。

( ^ω^)「兄者は僕の、一番の友達だお」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:45:02.58 ID:rJbmYkmW0
手持ち無沙汰になって、尻ポケットの中の携帯を出す。
開いて時刻を確認すれば、表示されているのは18時33分。
しぃに早く帰って来いと言われていたのを思い出し、思い出すだけに留める。
携帯を閉じ、尻ポケットに捻じ込んだ。

内藤ホライゾンは考える。

兄者が何故自分にここまでしてくれるのか。面倒を見てくれるのか。
自分と彼の出会いは、決して良いと言えるものではなかった。
それから、どうやって仲良くなったんだっけ。思い出せない。
ただ、あの頃は、自分に敵意を向けて来ないからと言う理由のみで慕っていた。

ネガティブな方向に思考が流れて行く。
しぃとよく三人で行動するのも、対人恐怖の自分を見下して遊んでいるのではなかろうか。
実は西川との邂逅も何もかも知りつつ、影で嘲笑してるんではなかろうか。
ここに着いて来た事に、兄者に何のメリットがあったのか。
友達だから、と言う理由だけでは、納得出来ない。

内藤は拳を握りしめた。

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:47:05.76 ID:nSLosB8iO
ああ…支援

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:47:10.30 ID:rJbmYkmW0

ざっざっと、飛ぶような引き摺るような足音が聞こえる。
こんな時間に釣り人かと思って振り返った内藤が見た者は、予想外の人物だった。

( ^ω^)「よっ」

病室で見たままの姿の、薄水色の病衣を着た西川ホライズン。

( ;^ω^)「に、兄ちゃん!?」

思わず後ずさる。

( ^ω^)「病院脱走して来たんだおwwwwwww実況しようにも
      担当医に携帯没収されてるからお前の貸してくれwww」

( ;^ω^)「ちょっwwwおまwwwwww」

後ずさった距離を埋められる。


( ^ω^)「え、脱走?」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:50:39.54 ID:rJbmYkmW0

( ^ω^)「あそこって、鍵がかかってる上に内側からも開けれないし
      3階だから窓から飛び降りようにも無理なんじゃないかお」

( ^ω^)「カーテンとシーツ破ってロープ状にして窓から垂らしたんだおwwww」

( ^ω^)「テラ脱出ゲームwwwwwwww」

( ^ω^)「途中で看護婦に見つかったけどなwwww首締めて来たwwwwwwwww」

( ^ω^)「CQCの基本を思い出せwwwwwwwwwwwww」

( ^ω^)「窓から降りる時に手が猛摩擦wwwwww何度手放したくなった事かwwwwwwwww」

( ^ω^)「なにそれあついwwwwwwwww」

( ^ω^)「冗談だけどwwwwwそんな身体能力も度胸もねーよwwwwwww」

( ^ω^)「しねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


( ^ω^)「…ふぅ」

( ^ω^)「…ふぅ」


二人で草を生やしまくって、一段落する。
内藤は、先程まで持っていた陰鬱な感情が吹き飛んだ事に気付いていない。

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:53:27.86 ID:+GspOqskO
いあ!>>1!いあ!

アザリンさま白痴可愛いよ…シュブ=ニグラス様すげーえろい

ニャル様は俺の嫁

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:53:28.90 ID:Mez5xh2V0
どっちかわかりにくいwww
支援

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:53:46.08 ID:rJbmYkmW0
西川ホライズンは、先程と違い落ち着いた様子で内藤の後ろに目を向ける。


( ^ω^)「ぶっちゃけると、そこの兄者って人と、あの黒服の人に助けられたんだお」

( ^ω^)「おい兄者」

内藤が振り返ると、いつの間にか車の運転手は降りて来て、兄者の斜め後ろに並んでいる。
あの黒服、サングラスを外しても顔が怖い。

黒服と兄者は、二人で顔を見合わせると、同時に親指を立てた。



( ´_ゝ`)b    d(ФωФ )



( ^ω^)「_」

てめぇら。と内藤は心の中で毒づいた。

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:55:29.67 ID:yHMoqZKvO
きてたー

しえん

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:56:52.40 ID:e3szq8MCO
もしもしだと見分けやすいな
支援

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 00:56:58.74 ID:rJbmYkmW0
( ^ω^)「グッジョブじゃないお、病院にどうやって言い訳するんだお」

( ´_ゝ`)「何、精神病を理由に隔離されてる患者が脱走するのはそうおかしな事じゃない
      向こうだって、脱走癖のある患者が一人増えたと思ってるだけだろうし
      担当医なんざ厄介払いが出来たと安堵しているさ、多分な」

内藤は病院の院長に、心底同情した。

( ^ω^)「兄ちゃんはこれからどうする気だお」

( ^ω^)「戻る気はないお」

内藤は西川の言葉に、心の底から溜息を吐いた。

( ^ω^)「アテはあるのかお?」

西川は夕日の沈んだ場所を指差す。

( ^ω^)「行こうぜ…あの果てしなく遠い、水平線の向こうにな……」

( ^ω^)「なん…だと…」

____________________________________


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:00:05.79 ID:rJbmYkmW0

( ФωФ)「すごく見分け辛いですね、この二人双子ですか?」

( ´_ゝ`)「ただの腹違いの兄弟だよ、見分けに関しては眼を凝らせ」

( ФωФ)「あなたと弟者さんが霞んで見えますね」

( ´_ゝ`)「…」

( ;ФωФ)「あ、いえ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:03:48.53 ID:rJbmYkmW0
−杉浦−


( ^ω^)「それじゃ、そろそろ行くお」

そう言われた西川さんは、節榑立ち、水掻きのようなものが出来た手を差し出しました。

( ^ω^)「助けてくれて、ありがとう」

兄者さんは迷いなくそれに応えます。
私ならその醜悪さと悪臭に躊躇し、その手を握る事はありません。

( ^ω^)「行くって?」

( ^ω^)「おっおっww」

西川さんは、内藤さんの問いに笑って答えません。
笑いながら西川さんは彼の肩を掴みます。鷲掴みにします。

( ^ω^)「お?」

( ^ω^)「あそこなら、怖いものなんか来ないおwwwww」

彼は頭上にクエスチョンマークを浮かべたまま、海面に勢いよく叩き付けられました。


ばしゃん

西川さんは、最後に『ユールの日によろしく』と煽られました。

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:05:04.23 ID:e3szq8MCO
クリスマスか…

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:07:14.51 ID:rJbmYkmW0

(  ゚ω゚)「ぶばら!」

飼育員に餌を求めるイルカのように、内藤さんは浮かび上がりました。
人である彼に、水中はまだ辛いのでしょう。
人だったものである彼は、既に水中での活動が可能のようですが。

パニック状態に陥った内藤さんを、兄者さんは促します。

( ´_ゝ`)「落ち着け内藤! そんな時はリュカ数を数えるんだ!」

素数ではないのですか。

(  ゚ω゚)「えぷっ…2! 3!」

( ´_ゝ`)「アウト!」

兄者さんの声と共に、内藤さんがその身を海に沈められました。
海中で薄笑いを浮かべた西川さんが、彼を引っ張ったのでしょう。
隣では、兄者さんは堪え切れない笑いを漏らすような動作をしています。

それが、私が見る事が出来た、内藤さんと兄者さんの交わした最後の会話でした。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:11:01.36 ID:rJbmYkmW0
暫くの間、兄者さんは内藤さんと西川さんの消えた海面を見つめていました。
その内、その視線は少しずつ上にあがり、いえ、彼らを追って遠くに伸びて行きました。
落ちた波紋が波に消されて、暴れた気泡が弾けた波に消され、黒く染まったこの海でも、
兄者さんは彼らの痕跡をその目で追えるのでしょうか。

それは、私の知る由ではないのですが。

完全に日が落ち、月が顔を見せても尚、私達は其処に居ました。
彼は何時まで見続ける気なのでしょうか。
彼らが200海里を越えるまででしょうか。あの町へ上陸するまででしょうか。
あの暗礁へ辿り着くまででしょうか。あの海底都市に泳ぎ着くまででしょうか。

私の、知る由ではないのですが。

いつまでも夜風にあたっていると、冷えてしまいますよ。


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:11:01.30 ID:f+dARFVoO
なにこれこわい

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:14:01.47 ID:rJbmYkmW0



ぜろぶんのいち
『1』について

胡蝶の夢/1/
どんまい/2/
お部屋 /3/
消える/4/
家族 /5/
君を/6/
狂 ./7/
歪/8/
Y/9/
I/1/0

ぜろぶんのいち
『0』について          END.

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:14:06.12 ID:+GspOqskO
星辰が…揃う…

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:15:51.99 ID:rJbmYkmW0
0題

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2009/06/04(木) 11:55:25.80 ID:T9mbKGOoO
お題:〜だったもの

私はタイタスさんを人間とは認めない

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:19:12.81 ID:rJbmYkmW0
これでお題はなるたる以外消化した筈
妹者とか流石家はまだ後、なるたると一緒に消化する
その前にまだなるたる見てないし読んでない

あとこれは恋愛物だからな
俺がちょいオカルト入った恋愛物と定めたから恋愛物なんだ
言葉にし難い不可解なオチとかに期待すんなよ!

風呂

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:20:57.36 ID:e3szq8MCO
風呂いてら
名状しがたいオチですねわかります

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:27:42.79 ID:+GspOqskO
しつもんですセンセ

祭りに似たようなタイトルの邪神ラブクラフトストーリーがあったがあれの作者かい?
これはリメイクなのかい?

なるたるは…あれは…あるいみラブやんに通ずるものはあると思う

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:34:20.03 ID:rJbmYkmW0
>>33
その通り

最初は朴念仁とウザ可愛い女のほのぼの書こうとしてたのに途中からおかしくなってきたから
もういいやあれリメイクしてクトゥルーに間に合わなかったやつ混ぜて投下してしまえ、となった

書いて気付いたけど思いっ切りネタバレだなこれ
見なかった事にしてくれ
こうなったら今日書けるとこまで書くわ

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:38:47.71 ID:rJbmYkmW0
言い忘れた
ここからながら投下です

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:41:48.28 ID:rJbmYkmW0


人類誕生後の流石兄者と内藤ホライゾンの時間の中で、
過去の時間軸に位置する最も古いもの。



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:43:57.03 ID:rJbmYkmW0



昔\




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:45:32.36 ID:Mez5xh2V0
しえしえしえーん

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:47:31.05 ID:rJbmYkmW0
o川*゚ー゚)o「それじゃあ兄者君、ホライゾン君と仲良くしてあげてね」

( ´_ゝ`)「わかりました」



( ´_ゝ`)「おはよう内藤君、仲良くしよう」

( ^ω^)「…まさか直球で来るとは思わなかったお」

( ´_ゝ`)「仲良くしよう」

( ^ω^)「先生に言われて来たのはわかってるお、無理すんなお」

( ´_ゝ`)「取りあえず仲良くしよう」

( ^ω^)「さっきの話聞こえてたんだお」

( ´_ゝ`)「それで、」

( ^ω^)「僕と一緒にいたら兄者君もいじめられるお」

( ´_ゝ`)「どうやったら『仲が良い』事になるんだ?」

(;^ω^)「え?」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:50:51.51 ID:rJbmYkmW0
(;^ω^)「ど、どうって」

( ^ω^)「一緒にお弁当食べたり、気を使わない雑談をしたり、物の貸し借りしたり
      先生が体育の時とかに『二人組作ってー』と呪いの言葉を吐いた場合
      『おし、内藤組もうぜー』って気軽に言って組んでくれるような事だお」

( ´_ゝ`)「そうか」


o川*゚ー゚)o「今から理科の実験だよーグループ観察するから3、4人でグループ作ってねー」

( ゚ω゚)

( ´_ゝ`)「『おし、内藤組もうぜ』」


( ゚ω゚)


( ^ω^)

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:52:46.66 ID:+GspOqskO
なんか…ごめん
とりあえず突発性アルツハイマーになってオチを忘れてくる
ところでアルツハイマーってなんだっけ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:53:38.90 ID:+GspOqskO
呪いの言葉www

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:54:09.22 ID:rJbmYkmW0
( ;ω;)「おーん! おーん! ありがとうだおー!」

( ´_ゝ`)「鼻水付けるな汚い」

( ;ω;)「兄者は知らないからそんなわからないんだお…
     『あれ…内藤君余っちゃったのか、それじゃあ先生と組もうか』
     って言う言葉と共に向けられる、みんなの哀れみと嘲笑を…」

( ´_ゝ`)「ヒッキー組もう」

( ^ω^)「シカトかお」

兄者はヒッキーに手招きします

(-_-) 「よ、よろしく」

( ^ω^)「よろしくだお!」

( ´_ゝ`)「よろしく」

内藤は自分より混乱している対象を見ると自分も落ち着く、典型的な人間でした

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:55:07.46 ID:mpQl/x1AO
こわおもしろこわい

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:57:28.22 ID:rJbmYkmW0
( ´_ゝ`)「仲良くなりましたが、これからどうしたらいいんですか」

o川;゚ー゚)o「そーゆーのは先生に聞くべき質問じゃないと思うわ…
       これからも仲良くしていけばいいのよ」

( ´_ゝ`)「わかりました」


すたすた


o川;゚ー゚)o「当てる子間違えたかしら…」

o川*゚ー゚)o「でも兄者君はしっかりしてるし…大丈夫でしょう」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:00:18.58 ID:+GspOqskO
しゆん

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:01:26.32 ID:rJbmYkmW0
(*゚∀゚)「てめーさいきんなまいきだぞ!」

つーはブーンを殴りました

( ;ω;)「痛いお! やめてお!」

(=゚д゚)「お前最近兄者にくっつきまわってたから中々遊べなかったんだよwww」

( ^^ω)「ホマホマwwwwww」

(*゚∀゚)「あいつだれにでもたいどかわらないからな、めぇつけやがって」

( ;ω;)「ううう…」

(=゚д゚)「たまには俺らとあそぼうぜwwww」


( ^^ω)「ホマンコ」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:04:59.95 ID:rJbmYkmW0
(ニニωニ)「前が見えないお」

ブーンはガムテープで目隠しをされました

(=゚д゚)「これでよし」

(*゚∀゚)「ふふん」

ブーンは無理矢理歩かされました

( ^^ω)「ホウケイ」


その様子をツンが遠くから見ていました

ξ゚听)ξ「あいつら…」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:09:22.28 ID:rJbmYkmW0



(*゚∀゚)「そろそろかえらせてやるよ」

(ニニωニ)「本当かお?」

ブーンは目隠しをされたまま歩かされて疲れてしまいました

(ニニωニ)「な、何するんだお」

ブーンがガムテープを取ろうと伸ばした手が掴まれました

(=゚д゚)「最後にもうちょっと遊ぼうぜwwww」


( ^^ω)「(よく見たらブーンが白目で見開いてるようで怖いな…)」


(*゚∀゚)「おれはうそつきだ!」

(ニニωニ)「知ってるお」

(#゚∀゚)

(ニニωニ)「痛いお!」

(=゚д゚)「つーは正直者だ」

(ニニωニ)「…」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:12:45.90 ID:rJbmYkmW0
(=゚д゚)「お前の前には、二つの道がある」

(ニニωニ)「…」


ブーンは道徳の本で読んだ話を思い出しました


(=゚д゚)「俺は家に帰れる道を知っている、さぁ聞け」

(*゚∀゚)「おれもみちをしってる、きけ!」

(;ニωニ)「お…」


けど、二人の言葉が本の内容と一致しません

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:18:08.82 ID:rJbmYkmW0

(=゚д゚) (*゚∀゚)               (ニωニニ)           





こそこそ

( ´_ゝ`)「何、あれ?」

ξ゚听)ξ「いじめよいぢめ! 助けてあげなさいよ!」

( ´_ゝ`)「目隠しされて謎解き強制してるだけみたいだけど」

ξ#゚听)ξ「どう見てもいじめでしょうに!」

( ´_ゝ`)「…フーン」

ξ゚听)ξ「…助けに行かないの?」

( ´_ゝ`)「行く必要ないと思うけど。ツンが行かないのか?」

ξ゚听)ξ「私は無理よ、ヒートアップするだけだわ」

( ´_ゝ`)「そうなのか」

ξ゚听)ξ「…」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:21:20.80 ID:rJbmYkmW0
(ニニωニ)「そr、それじゃ」

(ニニωニ)「家に帰れる道はどっちだお?」

(=゚д゚)「どっちに聞いてるんだ」

(ニニωニ)「と、トラギコ君…」

(=゚д゚)「左」





( ´_ゝ`)「なんだ簡単じゃないか」

ξ゚听)ξ「どこがよ」

( ´_ゝ`)「言ってる事が穴だらけの上に滅茶苦茶だ、今の内藤の問いに対しての回答
      内藤から見て左なのか、自分達から見て左なのかすら答えてない
      道の本数や詳しい場所や状況だって教えてないし、こんなの揚げ足とって終わる」

( ^^ω)「お前マジ頭いいな」

ξ゚听)ξ「揚げ足取って終われるなら…こんな事になってないわよ」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:24:47.85 ID:rJbmYkmW0
(ニニωニ)「つつつつー」

(*゚∀゚)「なんだよ」

(ニニωニ)「か、帰る道を」

(*゚∀゚)「ひだりだ!」



(ニニωニ)「(二人とも左…でもつーは嘘吐きで、でもトラギコはつーが正直者だって…あれ?)」

(ニニωニ) …

(ニニωニ)「(嘘吐きで正直者なつーが左が正解だって…でもトラギコ君は? あれ?)」

(ニニωニ) プシュウ



(*゚∀゚)「くっせwwwww」

(=゚д゚)「今のは屁じゃなく脳みそがオーバーヒートした音だろ」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:25:48.22 ID:+GspOqskO
は瀬川まざんなwwwてか急に日本語喋んなwww

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:27:00.84 ID:rJbmYkmW0
(ニニωニ)「(ここは質問を変えてみるお)」

(ニニωニ)「トラギコ君、嘘の道はどっちなんだお?」

(=゚д゚)「左だ」

(ニニωニ)「え」


(ニニωニ)「つ、つー…」

(*゚∀゚)「みぎだ!」

(ニニωニ)「ええ」





( ´_ゝ`)「見ててまどろっこしいなー」

ξ゚听)ξ「(ブーン…)」

( ^^ω)「(ふぅ…すかしっ屁は緊張するぜ…)」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:28:13.70 ID:nSLosB8iO
支援

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:30:54.68 ID:rJbmYkmW0
(ニニωニ)「ふ、二人は、」

(ニニωニ)「どっちが正直者なんだお?」

(=゚д゚)「それにはもう最初の頃に答えた筈だ」

(;ニωニ)「あうあう」


ブーンはいよいよわからなくなりました


(;ニωニ)「(正直者がいないなんて…どうしたらいいんだお…)」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:33:00.37 ID:+GspOqskO
ガムテープで目隠し…まつgあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:33:56.71 ID:rJbmYkmW0
( ´_ゝ`)「ああ、これ論理パズルってやつか」

ξ゚听)ξ「それがどうしたっていうのよ」

( ´_ゝ`)「答え方わかったから」

ξ゚听)ξ「…答え、方?」


ξ;゚听)ξ「ってクサッ!?」


( ^^ω) ドキッ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:36:18.78 ID:+GspOqskO
支援

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:37:19.11 ID:rJbmYkmW0
(;ニωニ) ウーン ウーン

(=゚∀゚) ニヤニヤ

(*゚∀゚) ニヤニヤ





( ´_ゝ`)「答えに気付けなくても…臭いで気付くと思うんだけど」

ξ゚听)ξ「今日ブーン鼻が詰まってるのよ」

( ^^ω)「そんな問題でもないホマ」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:40:37.37 ID:rJbmYkmW0
んんんんn自分で書いてて答え見失った考えさせて

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:43:23.84 ID:e3szq8MCO
何をwwwwwwwww

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:48:09.43 ID:rJbmYkmW0
ξ#゚听)ξ「てゆーかアンタ助けなさいよ! 友達でしょ!」

( ^^ω)「いや、そうでもないホマ。ここは気の強い女の子の幼馴染でもイケるところホマ
      ここは一応小学校高学年と言う設定だからR18なエロ展開にらならんホママ
      助けに入った幼馴染にそのまま素直に助けられるもヨシ、だが駄目男ルート確定
      助けに入った幼馴染がいじめっ子達に殴られたりして怪我して口から血を流せば
      主人公覚醒イベント突入ホマ、邪悪なる力に目覚め気付いた時には周囲は血の海
      その血の海には何と! いじめっ子達と共に肉塊と化し赤く染まる幼馴染の姿が!」


ξ;゚听)ξ ))




ξ゚听)ξ「兄者」

( ´_ゝ`)「何?」

( ^^ω)「ホマ」

ごそごそ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:51:03.12 ID:+GspOqskO
余計なお世話かもしれんが




「正しい道を聞いた時に相方の指す道」を質問すると
正直者は正直に嘘つきの指すであろう嘘の道を指す。
嘘つきは嘘つきだから正直者の指すであろう正しい道とは逆の道、嘘の道を指す。

どっちに聞いても一度で片付く。
示された道と逆の道が正解


もっと簡単な答えあったと思うけどこれしか思い出せんかった。
ややこしいやり方でごめん

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:52:08.94 ID:rJbmYkmW0
いじめっ子達はブーンに詰め寄ります

(*゚∀゚)「で? どれをえらぶんだ?」

(ニニωニ)「ええと…ええと…」

(=゚д゚)「早く答えろよ」

(;ニωニ)「ううう…」


<オーイ、ツン

<アラ、アニジャジャナイ


(ニニωニ)「!!」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:55:10.55 ID:rJbmYkmW0
『先生が内藤呼んでるんだ、見なかったか?』

『見てないわ、でも見掛けたら私からも言っておくわよ』

『そっか、ありがとう』





(;*゚∀゚)「やっべ」

(;=゚д゚)「見つかったらマズイぞ」

(ニニωニ)「(こっちに気付いてこっちに気付けこっちに来てこっちに来いこっちに来い来い来い来い!)」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 02:58:50.39 ID:rJbmYkmW0
( ^^ω)「ホマホママwwwwwwwwwww」

二人の声がする方から、マルタスニムは瀬川が走って来ました

( ^^ω)「二人ともこっちに来るホマwww逃げるホマwwww」

その言葉にいじめっ子達は逃げ出しました




ブーンはその足音を聞いていました

(ニニωニ)「お…」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:01:54.77 ID:rJbmYkmW0
( ^^ω)「俺行くわwwwwwwwwwバレたらヤバイしwwwwwww」

マルタスニムは瀬川は、いじめっ子達の後を追いました








( ´_ゝ`)「どう見ても茶番です本当にありがとうございました」

ξ゚听)ξ「ブーンももうちょっとしっかりしなさいよね!」

(ニニωニ)「おっ…おおおうおう」


(ニニωニ)「おーん! おーん!」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:03:44.37 ID:f+dARFVoO
ホマ微妙にいいやつ

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:04:40.78 ID:f+dARFVoO


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:05:04.55 ID:rJbmYkmW0
ξ゚听)ξ「は瀬川いい奴なのに…なんであいつらと一緒にいるのかしら」

( ´_ゝ`)「さあね、剥がすぞ内藤」

(ニニωニ)「えっ、自分でやるからちょっと待」


べりべりばりばりばりぃ


( ゙゚ωニ)「GYAAAAAAAAAAAAAAアッーあああ嗚呼アアアアアアアアアぁああ!!!!11」






( ;ωニ)「酷いお! 酷いお! 睫毛が引っ張られて瞼も一緒に剥がれるかと思ったお!」

( ´_ゝ`)「ごめん」

ξ;n听)ξ「(うわぁ…)」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:07:47.65 ID:ix3edWq60
よく見たら兄者のAAちょっと小さいんだな支援

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:08:55.48 ID:rJbmYkmW0
兄者はブーンの顔に手をかけたまま言います


( ´_ゝ`)「泣け」

( ;ωニ)「言われなくても泣いてるお! おーん! おーん!」

( ´_ゝ`)「その調子で涙を流せ」

( ;ωニ)「やってるからガムテープ引っ張んないでくれおーん!」


ツンが兄者の手をはたき落としました

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:11:22.34 ID:+GspOqskO
しぃえん

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:13:27.48 ID:rJbmYkmW0

ξ#゚听)ξ「あんたまでいじめやってんじゃないわよ」

( ´_ゝ`)「涙でガムテープの粘着力落とそうと思ってるんだけど」

( ;ωニ)「おぼろろっろろろろろろr」


確かに、ガムテープは少しずつ剥がれています


ξ;゚听)ξ「…勘違いされそうな光景だから、せめて手は離しなさいな」

ツンは呆れました

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:16:31.24 ID:rJbmYkmW0
ガムテーブが比較的無事に剥がれました


ブーンはツンから茶番劇を聞いて怒りました


(#^ω^)「なんで見てるのに助けてくれなかったんだお!」

ξ#゚听)ξ「いっつも助けてばかりだと成長しないでしょ!」

(#^ω^)「ツンにはわからないんだお! 結局ツンも巻き込まれたくないだけだお!」

ξ#゚听)ξ「っ! あんたねぇ!」

(#^ω^)「うっさいお!」

ブーンはツンの頭をもって思いっきり上下に振りました

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:18:38.94 ID:e3szq8MCO
パンパンスパンスパン

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:20:06.83 ID:rJbmYkmW0

〜中略〜

色々あってツンとは仲直りしました





さて、謎解きの時間です

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:23:06.50 ID:X5pn8gLS0
シェーン

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:24:35.21 ID:rJbmYkmW0
´_ゝ`)「二人が言ってた右と左ってのは、トイレだったんだぞ」

(;^ω^)「家に帰る道じゃなかったのかお…」

( ´_ゝ`)「ちなみに左が女子トイレで、右が男子トイレだ」

(#^ω^)「もうむちゃくちゃだお」


( ´_ゝ`)「トイレの臭いに気付かなかったのか?」

( ^ω^)「してたけど…」

( ´_ゝ`)「小学校のトイレとか、アンモニア臭が凄いからすぐに気付くと思ったんだがな」

( ^ω^)「……」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:33:15.80 ID:rJbmYkmW0
( ´_ゝ`)「それにあの二人の答え方から、『道がない』って答えも導けそうなものだけど」

( ^ω^)「そうかお?」

( ´_ゝ`)「問題以前に、あの二人はいじめっ子だしな」




( ´_ゝ`)「最初の見分けだって滅茶苦茶だ。つーは自分を嘘吐きだ言った
      この問題は片方が正直者、片方が嘘吐きとあって初めて成立するんだ」

( ^ω^)「…」


( ´_ゝ`)「
トラギコが正直者ならつーが嘘吐きだ。しかしトラギコはここでつーを正直者だと言った
      ここで最初に戻る。つーは自分を嘘吐きと言った。ここで問題自体に矛盾が生じる」


    ξ
( ^ω^) ブスブス

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:36:30.81 ID:rJbmYkmW0


( ´_ゝ`)「何故なら、つーが嘘つきであることが真ならば、残ったトラギコは正直者だ
      なのに、正直者である筈のトラギコが、つーを正直者だと言っている」


    ∫
( ^ω^) シュー



( ´_ゝ`)「つーが正直者だとするならば、最初の時点でおかしい。
      正直者は、自分を嘘吐きとは言わない。嘘吐きが二人いるんだ
      正直者が何処にもいない。こんな問題考えるだけ無駄だっ…て大丈夫か?」



( ^ω^)



( ´_ゝ`)「へんじがない ただのしかばねのようだ」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:38:57.08 ID:rJbmYkmW0



ぜろぶんのいち
『1』について

胡蝶の夢/1/
どんまい/2/
お部屋 /3/
消える/4/
家族 /5/
君を/6/
狂 ./7/
歪/8/
Y/9/
I/1/0

ぜろぶんのいち
『0』について

昔\          END.

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:42:14.50 ID:rJbmYkmW0

( ^^ω)「テラパンパンスパンスパンwwwwwwww」


ブーンがツンをレイプするようですの作者さんに謝罪を
この話はこれでおしまいです


>>65
それだとみんな答えがわかってしまうのが面白くなくて
だから何かオリジナルでもと模索して結局死んだ

二人のAAが小さいのは子供時代だから
やれるだけ書くとほざいたが眠い
支援ありがとうございました

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:42:17.01 ID:gS3s47WRO
おつつ

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:44:49.76 ID:e3szq8MCO
おつー

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:45:34.18 ID:X5pn8gLS0
おつ!

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 03:56:05.76 ID:88512vecO
おつ

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 06:46:29.14 ID:Mez5xh2V0
おっつん

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:20:14.15 ID:rMt4cE2+0
まだあったのでながら

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:23:29.12 ID:rMt4cE2+0


VIP大学の学祭について。




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:23:47.76 ID:X5pn8gLS0
おお、また北
支援

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:27:02.02 ID:rMt4cE2+0



過去\




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:31:49.23 ID:rMt4cE2+0
−しぃ−


(*゚ー゚)「あんた達、その格好何よ」

( ^ω^)「マシなのがこれしかなかったんだお」

( ´_ゝ`)「もうどうでもいい」

目の前には珍妙な、奇天烈な格好をした男が二人。

(*゚ー゚)「コプスレ喫茶か何かのつもり? ふざけてるの?」

( ^ω^)「普通の出店なんだけど…」

( ´_ゝ`)「もうどうでもいい」

長身メイドとデブ巫女なんて、一体何処の層を狙ってるんだ。

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:37:15.54 ID:rMt4cE2+0
話を聞いてみれば、内藤らはただの手伝いらしい。
周りに居るミニスカナースやすね毛の見えた女子高生も手伝いだとか。
人手が足りないので、隣合ってるサークルに魔手…いや、猫の手を借りようとしたと言う。

そのコスプレはわかったけど、

(*゚ー゚)「なんで女の子に着せないのよ」

( ^ω^)「あー…のーさん、着るの嫌がったって」

(*゚ー゚)「ぬ」

それは仕方ないわね。

(*゚ー゚)「他の女子の手は借りられなかったの?」

( ´_ゝ`)「借りれる女子がいると思う?」

そうでした。

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:43:39.68 ID:e3szq8MCO
朝から絶倫支援

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:44:37.16 ID:rMt4cE2+0
( ^ω^)「毎回失望すると同時にほっとするんだお、なんで理系の情報電子学科に入ったのかって
      大学で相手見つけてそのまま結婚に漕ぎ付ける人もいるって聞いたから淡い期待したりして
      しかし入ってみれば驚異の男女比59:1、失礼だけど、一人なのが逆に話し掛け辛い
      女の人って脳の作り的にもこっちに来ない人が多いって聞いた時の僕の絶望はわかるかお?
      でも小さい頃のトラウマとかあって、女子の笑い声とかひそひそ話とかそういうのが苦手で、
      それがないのを確認する度に女子いなくてよかったーこの学科入ってよかったーと思うんだお」

(*゚ー゚)「内藤、その子の立場になってみなさい」

( ^ω^)「ハーレm…いや、オウフ」

内藤は倒れた。

( ´_ゝ`)「しぃは手伝ってくれないの?」

(*゚ー゚)「私は自分のサークルがあるわ」

兄者は何の感情もなくそっか、と言った。

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:45:22.93 ID:+GspOqskO
おやおやおはようございます。

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:50:20.60 ID:rMt4cE2+0
(*゚ー゚)「違う学部から引っ張って来れないの?」

( ´_ゝ`)「経営と理系睨み合ってるの知ってるじゃん…」

(*゚ー゚)「でもコスプレ出来るって言えば釣れる子いるかも」

( ´_ゝ`)「会長が維持でも経営には頼らないってさ」

(;*゚ー゚)「その維持はどっから来るのよ…」


( ´_ゝ`)「…伝統?」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:51:50.60 ID:+GspOqskO
オトコクサイヨー

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:54:03.96 ID:rMt4cE2+0
(*゚ー゚)「違う学部から引っ張って来れないの?」

( ´_ゝ`)「経営と理系睨み合ってるの知ってるじゃん…」

(*゚ー゚)「でもコスプレ出来るって言えば釣れる子いるかも」

( ´_ゝ`)「会長が意地でも経営には頼らないってさ」

(;*゚ー゚)「その意地はどっから来るのよ…」


( ´_ゝ`)「…伝統?」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:54:35.36 ID:X5pn8gLS0
しえn

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:57:21.29 ID:nSLosB8iO
朝から支援!

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 07:57:56.81 ID:rMt4cE2+0
( ´_ゝ`)「それに今コスプレしてるの、多少人目についても大丈夫な奴ばかりだし、大丈夫だよ」

(*゚ー゚)「どれだけヒッキー率多いのよ、あんたのサークル」

( ´_ゝ`)「冗談抜きで7割方」

(*゚ー゚)「うわぁ…」

( ´_ゝ`)「そんなもんさ」

(*゚ー゚)「そんなものを見せ付けられる私達に同情するわ」

( ´_ゝ`)「理不尽な、こんなものを着せられる俺達に同情してくれ」




( ^ω^)「うー腋が寒いお」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 08:00:05.71 ID:jg58oyFJ0
わき巫女かww

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 08:02:58.48 ID:rMt4cE2+0

( ゚∋゚)「クソ、すね毛がタイツに絡まって痛い…」

筋肉男のゴスロリ…だと…。

( ´_ゝ`)「おおクックル」

( ゚∋゚)「よう兄者、この彼女持ちめ」

( ´_ゝ`)「そんな事言われても」

( ゚∋゚)「向こうで会長が探してたぞ、在庫が何処にあるかの確認だとさ
     あと彼女持ちは俺のすね毛を吸い込んで死ね、窒息死して死ね」

クックルはおもむろにタイツを脱ぎ出すと、絡まって毛玉のようになったすね毛をぶちぃと抜いた。

( ´_ゝ`)「なにそれきもい」

去り際にその手を解放するクックル。

( ゚∋゚)「じゃあな、この裏切り者」


ぶふぅ、すね毛が風に乗ってこっちまで!

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 08:10:36.51 ID:rMt4cE2+0
(*゚ー゚)「…パッと見、PCに向き合って作業する姿が目に浮かばない人っているわよね」

( ´_ゝ`)「外見だけじゃ判断出来ないさ」

(*゚ー゚)「それもそうね、あなたなんか、PCでペンタゴンにハッキングかける役じゃなくて
    特撮モノで、悪役の幹部集合会話シーンで、後ろでフラスコ振ってそうだわ
    『次の戦闘ではこれを使うがいい…クックック』『おお有り難く使わせてもらうぜ!』
    →敵ピンチに陥る→『奥の手があるんだよ!』→敵薬使う→巨大化→ロボ参戦
    『畜生話が違うじゃねぇか! ぐ、ぐわー!』→敵倒される→ヒーロー勝利歓喜→
    ラスト悪役会話シーン→しかしそこには一人→『クックック…思った通りだ』→
    その後、ヒーロー側が不利となる何らかの伏線へ…っていう感じだわ」

( ´_ゝ`)「なにそれひどい」

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 08:18:04.69 ID:rMt4cE2+0
( ´_ゝ`)「それならしぃはあれだよ、一般人と思ってたら実は敵でした〜の強気な女性悪役」

(*゚ー゚)「むむ」

( ´_ゝ`)「その後倒されるも瀕死の重傷を負いながら帰還、その時の一番偉い幹部に
      『お前はもう用済みだ』とか言って捨てられる役、助けは来ない」

(#゚ー゚)「むっきー! 戦隊に加われなくてもいいけど流石にそれはいただけないわ!
     せめて主人公の記憶の片隅に残るような穏やかな終わりを迎えたいわね」

( ´_ゝ`)「どんな?」

(*゚ー゚)「幹部にぶち殺されそうになるけど、その時敵側にいた将来は戦隊モノの黒的存在に助けられる
     助けてくれてありがとう→次はないorただの気紛れだ→ぼろぼろになりつつ主人公アジトへ
     介抱されてそのまま仲間フラグ、しかしそれは主人公を庇って死ぬのが多いので覚悟する事」



( ;^ω^)「兄者…呼ばれてるんだから行こうお……」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 08:22:02.15 ID:rMt4cE2+0


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 08:25:29.19 ID:X5pn8gLS0
いてら

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 08:33:43.06 ID:e3szq8MCO
ほす

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 08:35:43.27 ID:dFQNcbz5O
>>110
ハハハ、こやつめ
ほし

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 08:47:20.07 ID:rMt4cE2+0
( ´_ゝ`)「ごめん、内藤も行くのか?」

( ;^ω^)「今風吹くまでわからなかったけど、これ結構寒くて…何か別のに変えてもらうお」

( ´_ゝ`)「じゃ、一緒に行こうか」

余談だが、内藤の着ている服は腋を覆う部分の布がない為、女性が着ると危ない。
視覚的に、男性が着ても危ない。主に精神的ダメージな意味で。


(*゚ー゚)「私終わったら学食にいるわね」

( ´_ゝ`)「わかった」

( ^ω')「ぶぇっきし!」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 08:57:49.98 ID:rMt4cE2+0

 〜そのまま暫くお待ち下さい(コスプレ&三人の身長差分)〜

       実験用白衣
   ∧__∧          茶道から着物
   ( ´_ゝ)         ∧ ∧          /⌒ヽ 武ーン士!
   /^`IvI、η       (゚ー゚*)      \  ( ^ω^)
   〈 〈 ‖、/      と_^y/ヽ        \_ノy/´ ヽ
   ソ__人_ゝ        l≡<」}         (「_,ノ==}
   /、_/|__|         l;;j_*;lハ         ∠___,ゝ
  'ヽ_」 L__」         '-'`-'          (_ノ_)

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 09:01:53.02 ID:rMt4cE2+0
(*゚ー゚)「これだったら着ててもいいわ」

( ^ω^)「おっおwwww悪即斬だおwwwww」

( ´_ゝ`)「結局俺は普段着か」



( ^ω^)「それでみんなの家族は学祭に来るのかお?」

(*゚ー゚)「(あれ? ブーンから話したって事はいいのかしら…)」

( ´_ゝ`)「俺のとこには妹と弟と姉が来るぞ、正直着てほしくないが」

(*゚ー゚)「私んとこは兄が来るわ、お母さんとかは忙しくてこっちまで来れないみたい」

( ^ω^)「そうかおwwww楽しみだおwwww」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 09:03:29.68 ID:Mez5xh2V0
支援
学祭いいなぁ

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 09:05:21.30 ID:rMt4cE2+0
(*゚ー゚)「そう言えば、兄者の家族って知らないわねぇ」

( ´_ゝ`)「俺もしぃの家族知らないよ」

( ^ω^)「僕は小学校の授業参観で兄者の両親見た事あるお」

(*゚ー゚)「どんなんだった!?」

( ^ω^)「はっきり言って、何をどうしたらあの両親からこんな子供が生まれるのか…」

(*゚ー゚)「…兄者」

( ´_ゝ`)「何?」

(*゚ー゚)「あんたのその歪んだ性格、親譲りじゃなかったのね…」

( ´_ゝ`)「失礼な」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 09:08:30.43 ID:e3szq8MCO
>>115
このAA自分で打ったのか?

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 09:10:23.53 ID:rMt4cE2+0
( ^ω^)「弟者とは同じ学校だったから何度か会った事があるお、姉者さんは写真で見たお」

(*゚ー゚)「弟者なら私も1回だけ会った事あるわ、あまりにも似てたからつい兄者と間違えちゃった」

( ´_ゝ`)「だろうね」

(*゚ー゚)「あれ、怒らないのね」

( ´_ゝ`)「何を?」

(*゚ー゚)「『恋人なのに見分けられないなんて、最低だよ!』って来るかと思ったわ」

( ´_ゝ`)「しぃじゃあるまいし…」


(#゚ー゚)


( ´_ゝ`)「ごめん」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 09:11:34.72 ID:X5pn8gLS0
しえん

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 09:11:47.18 ID:rMt4cE2+0
やっべ9時過ぎてたんで続き昼にしますごめんなさい
朝から絶倫支援ありがとうございます

>>119
兄者手打ち
しぃコピ改悪
ブーン手打ち

もう二度とながらでAAは作らない

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 09:14:10.98 ID:e3szq8MCO
AA作れるのかすごいなw
いてら乙

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 09:33:49.78 ID:Mez5xh2V0
AA作ったのか
すげぇww

おっつん

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 10:13:49.58 ID:mpQl/x1AO
乙!
昼が楽しみだ

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 10:19:14.89 ID:x3ZbfwNC0
いい・・・・支援乙

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 10:52:45.33 ID:e3szq8MCO
ほっしゅ

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 11:42:30.14 ID:mpDexHOJO
いいおいいお

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:04:23.52 ID:tw85ak960
簡単なAAならAAエディタあれば誰でも作れるだろww

ながら投下

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:09:18.93 ID:tw85ak960
〜しぃの兄編〜


(,,゚Д゚)「人が少ないな…早く来すぎたのか?」

(,,゚Д゚)「もう昼なのにこんなに人がいないって事は、何かあったのか?」

(,,゚Д゚)「しぃが何処にいるかわかんねぇなぁ」

(,,゚Д゚)「電話するか」

ぷるるるるるr ぴっ

『ギコ兄今どこー?』

(,*゚Д゚)「おおしぃ! 兄ちゃん今図書館の前にいるぞー!」

『図書館の…正面? 裏?』

(,,゚Д゚)「んー…なんか時計が見えるほうだ」

『わかった、今行くから待っててねー』

(,*゚Д゚)「待ってるぞー」

ぴっ

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:09:51.23 ID:xhK3bhiX0


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:13:24.22 ID:tw85ak960
(*゚ー゚)「ギコ兄ぃ来たみたいだから、迎えに行って来るね」

( ^ω^)ノシ「いてらだおー」



( ´_ゝ`)「白衣脱いでいい?」

( ^ω^)「なんでだお」

( ´_ゝ`)「洗う過程が面倒」

( ^ω^)「兄者だけ自前だもおね…メイド服のままでいればよかったのになんで着替えたんだお」

( ´_ゝ`)「女性サイズだから肩幅がかなり苦しいんだ。着てるだけで疲れるぞ」

( ^ω^)「それは仕方ないと思うお」

( ´_ゝ`)「よくわかる例えをしてやろう。筋肉質な、ボディビルダーのような体格のいい男性から
      前後から常に抱き締められているのを想像しろ、わかりやすいだろう?」


( ´ω`)

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:17:04.23 ID:tw85ak960
(*゚ー゚)「ギコ兄ぃー」

(,*゚Д゚)「しぃ!」

(;*゚ー゚)「叫ばないでよ! 恥ずかしいじゃない!」

(,,゚Д゚)「いや…久しぶりでつい、な」

(*゚ー゚)「もう何か買った?」

(,,゚Д゚)「まだ何も買ってない、先に休める場所を探してるんだ」

(*゚ー゚)「じゃあ着いて来てーこっちこっち」

(,,゚Д゚)「ああこら、走るな転ぶぞ」

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:19:47.98 ID:x3ZbfwNC0
ボディビルw
兄妹可愛いな

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:22:09.57 ID:tw85ak960
(*゚ー゚)「友達も待ってるんだー顔見たいって」

(,,゚Д゚)「うん? そうかそうか…」


(,,゚Д゚)「…その友達ってのは、やっぱり男か?」

(*゚ー゚)「友達…親友って呼べるのは男しかいないよ、ここの学科元々女の子少ないし」

(,,゚Д゚)「だがなぁ…」

(*゚ー゚)「ギコ兄ぃの考えてるような事なんてないわよ」

(,,゚Д゚)「だといいんだがなぁ」

(#゚ー゚)「もー!」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:25:51.52 ID:tw85ak960
(,,゚Д゚)「やっぱり、女の子同士ってのは無理か」

(*゚ -゚)「…」

(,,゚Д゚)「…同性の、知り合いはいるのか?」

(*゚ー゚)「いるよ、上の学年だけど」

(,,゚Д゚)「同学年にいるか?」

(*゚ー゚)「一人いたけど、今年退学して女子は私一人だよ」

(,;゚Д゚)「そんなの聞いてなかったぞ」

(*゚ー゚)「別に言う程大切な事じゃないもの」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:29:00.70 ID:tw85ak960
(,,゚Д゚)「心配になるんだよ、こんな男だらけのとこでさ」

(*゚ー゚)「同じ学科の殆どの人は、二次元に嫁を持ってるから私になんか興味ないし」

(,;゚Д゚)「た、確かにそうかもしれんが」

(*゚ー゚)「それに退学した子とか、元いたグループとか、正直ちょっと狭かったのよ」

(,,゚Д゚)「…」

(*゚ー゚)「食事をするのも一緒、移動も一緒、席も隣、帰るのだって待たなきゃいけない
     サークルを選ぶのだって気を使わなきゃいけない、勉強だって満足にできなかった
     折角の休日、家でごろごろしようと思ってて時にかかってくる遊びの誘いが嫌いだった
     近いのは嫌、近過ぎるのは嫌、同性でも異性でもそう、距離が欲しい、間が欲しい
     いっつも一緒で気を使って疲れるくらいなら、私はぼっちでいいわ、私は我儘だから」

(,,゚Д゚)「…?」

(*゚ー゚)「何?」

(,,゚Д゚)「いや、その」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:32:28.33 ID:tw85ak960
(,,゚Д゚)「親友と、いつも一緒にはいないのか?」

(*゚ー゚)「いないわよ、気紛れに集まって話してー食べてー遊んでーすっきり」

(,;゚Д゚)「それ本当に友達か?」

(*゚ー゚)「友達よ、気があうし、後腐れないし」

(,,゚Д゚)「そうなのか…」


(,,゚Д゚)「よくわからんが、お前がいいのならいいか」

(*゚ー゚)「…」

(,,゚Д゚)「どうした?」

(*゚ー゚)「ギコ兄ぃ妹離れしなさい」

(,,゚Д゚)「すまん無理」

(;*゚ー゚)「真顔で即答すんな!」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:37:01.08 ID:tw85ak960
( ( ^ω^) )) ブルッ

( ´_ゝ`)「どうした内藤、ここからだと肉が揺れているのが見えて気色悪いぞ」

( ^ω^)「武者震いがしたお、てか、気色悪いとかキモイより傷つくお」

( ´_ゝ`)「気持ち悪い」

( ^ω^)「どっちにしろ酷いお」

( ´_ゝ`)「ならばこれでどうだ」

( ^ω^)「(きっと碌なモンじゃないお)」



(  _ゝ )「薄汚れた布地の隙間から見えた歪な物体に私は名状しがたい恐怖を覚えた
      その奈落の間から見えたものは、冒涜的に蠢き膨張と収縮を繰り返す醜悪な肉の…」


(゚ω゚  )「ああ! 窓に! 窓に!」

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:42:49.72 ID:tw85ak960
(;*゚ー゚)「何やってんのよあんたら」

( ´_ゝ`)「ただのTRPGごっこだ」

( ^ω^)「何が面白いのかわからないお」

( ´_ゝ`)「乗ってたお前が言うな」



(,,゚Д゚)「…で、そこの武士と医者が友達か?」

(*゚ー゚)「あ、うちの兄です」

( ´_ゝ`)「どうも」

(  ゚ω゚)

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:44:41.24 ID:i0WhwOo1O
支援

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 12:56:52.77 ID:e3szq8MCO
簡単な数式なら公式あるんだから解けるだろwwみたいに言われても

143 : ◆xT0G/h.TcM :2009/06/08(月) 13:00:48.97 ID:aekQWm4n0
さるったwwしかも携帯充電切れてたからPCを乗り換えた

今回の投下はさるくらった上にもう時間がないのでこれで終わります
残りは夜スレが残ってたら、落ちてたら明日か明後日に自分で立てて今回のから投下します
支援ありがとうございました

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 13:03:13.63 ID:dFQNcbz5O
おつ

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 13:12:01.48 ID:x3ZbfwNC0
オウフ 乙楽しみにしてる

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 13:42:48.24 ID:e3szq8MCO
おつー

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)